本文へスキップ

楽古文
方丈記 ゆく川の流れ 問題  ゆく川の流れは絶えずして


 ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。
世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。
 たましきの都の内に、棟を並べ、甍を争へる、高き、いやしき、人の住まひは、世々を経て尽きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、
昔ありし家はまれなり。あるいは去年焼けて今年作れり。あるいは大家滅びて小家となる。住む人もこれに同じ。所も変はらず、人も多かれど、
いにしへ見し人は、二、三十人が中にわづかに一人二人なり。朝に死に、夕べに生まるるならひ、ただ水の泡にぞ似たりける。知らず、
生まれ死ぬる人、いづ方より来たりて、いづ方へか去る。また知らず、仮の宿り、たがためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。
その、あるじとすみかと、無常を争ふさま、いはば朝顔の露に異ならず。あるいは露落ちて花残れり。残るといへども朝日に枯れぬ。
あるいは花しぼみて露なほ消えず。消えずといへども夕べを待つことなし。
                                              


問題の答は、反転させると見やすくなります。

   

1 この作品の文学的ジャンルと、作者を答えなさい。
   随筆 ・ 鴨長明


2 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)甍        いらか
 2)去年       こぞ
 3)朝        あした  


3 下線部の語句の文中での意味を書きなさい。 

 1)よどみに浮かぶうたかたは、             水の泡
 2)棟を並べ、甍を争へる、高きいやしき、人の住まひは、  高い身分の、低い身分の
 3)いにしへ見し人は、                   

4 次の下線部の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。 
 1)世々を経て尽きせぬものなれど、          (  )
 2)昔ありし家はまれなり              ( 
 )
 3)あるいは大家滅びて小家となる          (  )
 4)二、三十人が中にわづかに一人二人なり      (  )
 5)世々を経て尽きせものなれど、          (  )
 6)生まれ死ぬる人、いづ方より来たりて、        (  )
 7)残るといへども朝日に枯れ           (  )

  ア 断定の助動詞の終止形     イ 断定の助動詞の連体形     ウ 断定の助動詞の已然形     エ ラ行四段活用動詞の終止形
  オ ラ行四段活用動詞の連体形     カ ナリ活用形容動詞の終止形語尾     キ ナリ活用形容動詞の已然形語尾
  ク 打消の助動詞の終止形     ケ 打消の助動詞の連体形     コ 完了の助動詞の終止形     サ 完了の助動詞の連体形

5 下線部の助動詞の文法的意味と活用形を答えなさい。
 1)ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水あらず。        断定・連用形
 2)久しくとどまりたるためしなし。                  存続・連体形
 3)棟を並べ、甍を争へ、高き、いやしき、人の住まひは、        存続・連体形
 4)いにしへ見人は、                      過去・連体形
 5)何によりてか目を喜ばしむる                   使役・連体形

6 下線部を現代語訳しなさい。
 1)よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて      一方では消えて他方ではできて
 2)生まれ死ぬる人、いづ方より来たりて、いづ方へか去る    どこからやって来て、どこへ去るのか

7 「人とすみかと、またかくのごとし」とあるが、どのようであるというのか。
   
川の流れや水の泡と同様に、たえず生滅し、変化するものである。

8 文章中の「朝顔」「露」はそれぞれ何の比喩か。文章中のことばで答えなさい。
   
朝顔= すみか(人の住まひ)       露= あるじ(住む人)

9 「たがためにか心を悩まし、」の部分の係り結びについて、空欄を埋めて説明を完成させなさい。
   係助詞「か」の結びは、「悩ます」の( @ )となるはずだが、ここは、文が終わらずに続いているので、係り結びが成立していない。
   これを( A )という。
    @= 連体形         A= 結びの流れ


10 文章にはどのような思想があらわれているか。「…観」に続く適切な語を二字で抜き出しなさい。
   無常


 

方丈記  一覧

練習問題
 一覧

ナビゲーション