本文へスキップ

楽古文
重要敬語 いでます



 いでます
   「出づ」「来」「あり」「をり」の尊敬語
   「出づ」の尊敬語として「おでかけになる」、「来」の尊敬語として「来られる・いらっしゃる」、
   「あり」「をり」の尊敬語として「(そこに)いらっしゃる」の意を表す。


   例1:
梅の花咲ける月夜にいでまさじとや 
      
(梅の花の咲いているこの月夜の晩においでにならないつもりというのですか。)


ナビゲーション