本文へスキップ

楽古文
伊勢物語 初冠(うひかうぶり) 問題  
      昔、男初冠して、平城の京、春日の里に   (第一段)


 昔、男、初冠して、平城の京、春日の里に、しるよしして、狩りにいにけり。その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。
この男、かいま見てけり。思ほえず、ふるさとにいとはしたなくてありければ、心地惑ひにけり。男の、着たりける狩衣の裾を切りて、
歌を書きてやる。その男、しのぶずりの狩衣をなむ着たりける。
  春日野の若紫のすり衣しのぶの乱れ限り知られず
となむ、追ひつきて言ひやりける。ついでおもしろきことともや思ひけむ。
  みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑに乱れそめにし我ならなくに
といふ歌の心ばへなり。昔人は、かくいちはやきみやびをなむしける。

                                              (第一段)


問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 この作品の主人公と想定されている人物はだれか。
   在原業平


2 この作品の文学的ジャンルと、何世紀ごろ成立したかを答えなさい。
   歌物語 ・ 10世紀


3 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)初冠       ういこうぶり
 2)春日       かすが
 3)狩衣       かりぎぬ  


4 下線部の語句の文中での意味を書きなさい。 

 1)春日の里に、しるよしして、狩りにいにけり。       その土地を領有している縁で
 2)ふるさとにいとはしたなくてありければ、心地惑ひにけり。  昔の都 ・ 不似合いなほどに(美しくて)
 3)追ひつきて言ひやりける。             すぐさま
 4)たれゆゑに乱れそめにし我ならなくに         私ではないのに
 5)昔人は、かくいちはやきみやびをなむしける。       情熱的な風流事  

5 次の下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり) 
 1)春日の里に、しるよしして、狩りにいけり。          (  )
 2)その里、いとなまめいたる女はらから住みけり。        ( 
 )
 3)ふるさとにいとはしたなくてありければ、心地惑ひけり。      (  )
 4)みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑに乱れそめし我ならなくに   (  )

  ア 格助詞       イ 接続助詞       ウ 形容動詞の連用形の活用語尾    
  エ ナ行変格活用動詞の連用形の活用語尾      オ 完了の助動詞の連用形

6 下線部の助動詞の文法的意味と活用形を答えなさい。
 1)この男、かいま見けり。                  完了・連用形
 2)その男、しのぶずりの狩衣をなむ着たりける。          存続・連用形
 3)春日野の若紫のすり衣しのぶの乱れ限り知らず        可能・未然形
 4)みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑに乱れそめに我ならなくに    過去・連体形

7 下線部を現代語訳しなさい。
 1)その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。  とても美しく優美な姉妹が住んでいた
 2)ついでおもしろきことともや思ひけむ。         事のなりゆきが趣深いこととでも思ったのだろうか

8 「春日野の…」の歌について、掛詞を説明しなさい。
  
  「しのぶの乱れ」が「姉妹をしのぶ心の乱れ」と「しのぶずりの模様の乱れ」との掛詞

伊勢物語 一覧

練習問題 一覧


 

ナビゲーション