本文へスキップ

楽古文
伊勢物語 筒井筒 問題  
      昔、田舎わたらひしける人の子ども、  (第二三段)


 昔、田舎わたらひしける人の子ども、井のもとに出でて遊びけるを、大人になりにければ、男も女も恥ぢかはしてありけれど、
男はこの女をこそ得めと思ふ。女はこの男をと思ひつつ、親のあはすれども、聞かでなむありける。さて、この隣の男のもとより、かくなむ、
  筒井筒井筒にかけしまろが丈過ぎにけらしな妹見ざるまに
女、返し、
  くらべこし振り分け髪も肩過ぎぬ君ならずしてたれか上ぐべき
など言ひ言ひて、つひに本意のごとくあひにけり。

 さて、年ごろ経るほどに、女、親なく、頼りなくなるままに、もろともに言ふかひなくてあらむやはとて、河内の国高安の郡に、
行き通ふ所出でにけり。さりけれど、このもとの女、あしと思へるけしきもなくて、出だしやりければ、男、異心ありてかかるにやあらむと、
思ひ疑ひて、前栽の中に隠れゐて、河内へいぬる顔にて見れば、この女、いとよう化粧じて、うちながめて、
  風吹けば沖つ白波たつた山夜半にや君がひとり越ゆらむ
とよみけるを聞きて、限りなくかなしと思ひて、河内へも行かずなりにけり。

 まれまれかの高安に来てみれば、初めこそ心にくくもつくりけれ、今はうちとけて、手づからいひがひ取りて、笥子のうつはものに
盛りけるを見て、心うがりて行かずなりにけり。さりければ、かの女、大和の方を見やりて、
  君があたり見つつををらむ生駒山雲な隠しそ雨は降るとも
と言ひて見出だすに、からうじて、大和人、「来む。」と言へり。喜びて待つに、たびたび過ぎぬれば、
  君来むと言ひし夜ごとに過ぎぬれば頼まぬものの恋ひつつぞ経る
と言ひけれど、男住まずなりにけり。

問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)異心       ことごころ
 2)前栽       せんざい
 3)大和       やまと


2 下線部の係助詞の結びの語を指摘して、文法的に説明しなさい。
 
1)男はこの女をこそ得めと思ふ。            め・意志の助動詞「む」の已然形
 
2)異心ありてかかるにあらむと、            む・推量の助動詞「む」の連体形

3 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり)
 1)井のもと出でて遊びけるを、        (  )
 2)過ぎけらしな妹見ざるまに         (  )
 3)もろとも言ふかひなくてあらむやはとて、    (  )
 4)異心ありてかかるやあらむと、        (  )
 5)河内へも行かずなりけり。         (  )
 6)喜びて待つ、たびたび過ぎぬれば、     (  )

  ア 接続助詞    イ 格助詞    ウ 完了の助動詞の連用形    エ 断定の助動詞の連用形    オ 動詞の一部
  カ 形容動詞の一部    キ 副詞の一部

4 下線部の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり)
 
1)井のもとに出でて遊びける、         (  )
 
2)さて、この隣の男のもとより、かくなむ      (  )
 
3)もろともに言ふかひなくてあらむやはとて、     (  )
 
4)笥子のうつはものに盛りける見て、       (  )
 
5)君があたり見つつをらむ           (  )
 
6)頼まぬものの恋ひつつぞ経る         (  )

  
ア 副助詞    イ 接続助詞    ウ 格助詞    エ 反語を表す係助詞    オ 強意を表す係助詞
  カ 間投助詞    キ 終助詞    ク 名詞


5 下線部の動詞を例にならって文法的に説明しなさい。
 例)喜びて待つに、たびたび過ぎぬれば、                   ガ行下二段活用動詞「過ぐ」の連用形
 
1)男はこの女をこそめと思ふ。               ア行下二段活用動詞「得(う)」の未然形
 2)さて、年ごろ経るほどに、                 ハ行下二段活用動詞「経(ふ)」の連体形
 3)前栽の中に隠れて、                  ワ行上一段活用動詞「ゐる」の連用形
 4)河内へいぬる顔にて見れば、               ナ行変格活用動詞「いぬ」の連体形
 5)夜半にや君がひとり越ゆらむ               ヤ行下二段活用動詞「越ゆ」の終止形
 6)大和人、「む。」と言へり。               カ行変格活用動詞「来(く)」の未然形


6 下線部の「らむ」を文法的に説明しなさい。
 
1)異心ありてかかるにやあらむと、      ラ行変格活用動詞「あり」の未然形の活用語尾+推量の助動詞「む」の連体形
 2)夜半にや君がひとり越ゆらむ       現在推量の助動詞「らむ」の連体形(係助詞「や」の結び)
 3)君があたり見つつををらむ        ラ行変格活用動詞「をり」の未然形の活用語尾+意志の助動詞「む」の終止形

7 下線部の語句の文中での意味を書きなさい。 

 1)もろともに言ふかひなくてあらむやはとて、       いっしょに
 2)あしと思へるけしきもなくて、            様子
 3)異心ありてかかるにやあらむと、           浮気心 ほかの男を思う心
 4)いとよう化粧じて、うちながめて          ぼんやりともの思いにしずみながら外をながめて
 5)限りなくかなしと思ひて、             いとしい かわいい
 6)初めこそ心にくくもつくりけれ、今はうちとけて     おくゆかしく ・ 気を許して
 7)からうじて、大和人、「来む。」と言へり。       やっとのことで

8 下線部を現代語訳しなさい。
 1)男も女も恥ぢかはしてありけれど、男はこの女をこそ得めと思ふ。 この女を妻にしよう
 2)頼りなくなるままに、もろともに言ふかひなくてあらむやはとて、   みじめな状態でいられようか、いやいられないだろう
 3)男、異心ありてかかるにやあらむと、            このような態度なのであろうか
 4)喜びて待つに、たびたび過ぎぬれば           待っているのに、何度も来ないままで過ぎてしまったので
 5)…と言ひけれど、男住まずなりにけり           男は通ってこなくなってしまった

9 「つひに本意のごとくあひにけり」について
 1)現代語訳しなさい。
   とうとうもとからの望み通りに結婚した
 2)「本意」の具体的内容にあたる部分を、本文中から30字以内で抜き出しなさい。
   男はこの女をこそ得めと思ふ。女はこの男をと思ひつつ、

10 「筒井筒…」の歌について
 1)「まろ」は誰のことか。
   歌を詠んだ男
 2)「妹」の読みと、対になる語を答えなさい。
   読み = いも         対になる語 = 背(せ)

11 「くらべこし…」の歌について
 1)何句切れの歌か。
   三句切れ
 2)歌中の助動詞をすべて抜き出して、文法的意味と活用形を答えなさい。
   し 過去・連体形   ぬ 完了・終止形   なら 断定・未然形   ず 打消・連用形   べき 当然・連体形
 3)「上ぐ」とは具体的に何をすることか。
   女子の成人の儀式である髪上げをすること。
 4)この歌に表されているのは、誰のどんな気持か。
   女の、思う男以外とは結婚しない、という一途な気持ち。

12 「風吹けば…」の歌について
 1)この歌に用いられた修辞法について、空欄をうめて説明を完成させなさい。
   「風吹けば沖つ白波」は( @ )を導く( A )である。
   「たつた山(竜田山)」は、男が新しい妻のところへ行くときに越える山の名だが、「たつ」が( B )と( C )の( D )になっている。

    @ たつ    A 序詞    B 立つ    C     D 掛詞

 2)この歌に表された気持ちはどのようなものか。
   女の、暗い山道を行く男の身を案じる気持ち。

13 「君があたり…」の歌について
 1)「君があたり」とはどこか。
   男の住む大和(奈良県)のあたり
 2)何句切れの歌か。
   二句切れ
 3)「雲な隠しそ」を現代語訳しなさい。
   雲よ隠してくれるな

14 「君来むと…」の歌について
 1)「来む」「過ぎぬれば」「頼まぬものの」を現代語訳しなさい。
   来む = 来よう     過ぎぬれば = 過ぎたので     頼まぬものの = あてにしないけれども
 2)歌中の助動詞をすべて抜き出して、文法的意味と活用形を答えなさい。
   む 意志・終止形   し 過去・連体形   ぬれ 完了・已然形   ぬ 打消・連体形



伊勢物語 一覧

練習問題
 一覧


ナビゲーション