本文へスキップ

楽古文
伊勢物語 梓弓 問題  
      昔、男、片田舎にすみけり。   (第二四段)


 昔、男、片田舎にすみけり。男、宮仕へしにとて、別れ惜しみてゆきけるままに、三年来ざりければ、待ちわびたりけるに、
いとねむごろにいひける人に、今宵あはむとちぎりたりけるに、この男来たりけり。「この戸あけたまへ」とたたきけれど、あけで、
歌をなむよみていだしたりける。
  あらたまの年の三年を待ちわびてただ今宵こそ新枕すれ
といひいだしたりければ、
  梓弓ま弓つき弓年をへてわがせしがごとうるはしみせよ
といひて、去なむとしければ、女、
  梓弓引けど引かねど昔より心は君によりにしものを
といひけれど、男かへりにけり。女、いとかなしくて、しりにたちて追ひゆけど、え追ひつかで、清水のある所に伏しにけり。
そこなりける岩に、およびの血して書きつけける。
  あひ思はで離れぬる人をとどめかねわが身は今ぞ消えはてぬめる
と書きて、そこにいたづらになりにけり。

問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)三年       みとせ
 2)今宵       こよい
 3)離れ       かれ


2 下線部の係助詞の結びの語を指摘して、文法的に説明しなさい。
 
1)ただ今宵こそ新枕すれ               すれ・サ行変格活用動詞「す」の已然形
 
2)わが身は今消えはてぬめる            める・推量の助動詞「めり」の連体形

3 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり)
 1)昔、男、片田舎すみけり。            (  )
 2)三年来ざりければ、待ちわびたりける       (  )
 3)いとねむごろいひける人に、            (  )
 4)心は君によりしものを               (  )
 5)清水のある所に伏しけり。            (  )
 6)そこにいたづらなりにけり。            (  )

  ア 接続助詞    イ 格助詞    ウ 完了の助動詞の連用形    エ 断定の助動詞の連用形    オ 動詞の一部
  カ 形容動詞の連用形の活用語尾    

4 下線部の「なむ」を文法的に説明しなさい。
 
1)歌をなむよみていだしたりける。      強意の係助詞「なむ」(結びは過去の助動詞「けり」の連体形「ける」)
 2)といひて、去なむとしければ      ナ行変格活用動詞「去ぬ」の未然形の活用語尾+意志の助動詞「む」の終止形

5 下線部の語句の文中での意味を書きなさい。 

 1)いとねむごろにいひける人に、            親切に
 2)今宵あはむとちぎりたりけるに、            結婚しよう
 3)およびの血して書きつけける。             

6 下線部を現代語訳しなさい。
 1)いとねむごろにいひける人に、今宵あはむとちぎりたりけるに、     約束した
 2)しりにたちて追ひゆけど、え追ひつかで            追いつくことができないで
 3)そこにいたづらになりにけり                 死んでしまった

7 「あらたまの…」の歌について
 1)誰が詠んだ歌か。
   
 2)この歌に用いられた修辞法について、空欄をうめて説明を完成させなさい。
   「あらたまの」は、( @ )にかかる( A )である。係助詞「こそ」の結びは( B )である。

    @ 年    A 枕詞   B すれ


8 「梓弓ま弓…」の歌について
 1)誰が詠んだ歌か。
   もとの夫である男
 2)この歌に用いられた修辞法について、空欄をうめて説明を完成させなさい。
   「梓弓ま弓つき弓」は( @ )を導く( A )である。

    @     A 序詞    

 3)この歌に表された気持ちはどのようなものか。
   男の、女が新しい夫と幸せに暮らすことを願う気持ち。

9 「梓弓引けど引かねど…」の歌について
 1)この歌に表された気持ちはどのようなものか。
   女の、もとの夫に対するいちずな愛情を訴える気持ち。
 2)「あらたまの…」の歌からの心情の変化について説明しなさい。
   女は、他の男と結婚しようとしていたが、もとの夫の歌に深い愛情を感じ、あなたにずっと思いを寄せていたのに、と引きとめようとした。

10 「あひ思はで…」の歌について
 1)「あひ思はで離れぬる人」とは、どんな人か。後から選んで記号で答えなさい。
                                   (  )
   ア 私は愛しているのに、その私を愛してくれないで、別れて去った人
   イ お互いに愛しあっている仲なのに、別れなければならない人
   ウ お互いに愛しあうこともなくなって、別れていった人
   エ 私を愛してくれているのに、離れなくてはならない人

 2)歌中の助動詞をすべて抜き出して、文法的意味と活用形を答えなさい。
   ぬる 完了・連体形   ぬ 完了・終止形   める 推量・連体形



伊勢物語 一覧

練習問題
 一覧


ナビゲーション