本文へスキップ

楽古文
伊勢物語 月やあらぬ 問題  
      昔、東の五条に、大后の宮おはしましける   (第四段)




 昔、東の五条に、大后の宮おはしましける西の対に、住む人ありけり。それを、本意にはあらで、心ざし深かりける人、ゆきとぶらひけるを、
正月の十日ばかりのほどに、ほかに隠れにけり。在り所は聞けど、人の行き通ふべき所にもあらざりければ、なほ憂しと思ひつつなむありける。
 またの年の正月に、梅の花盛りに、去年を恋ひて行きて、立ちて見、ゐて見、見れど、去年に似るべくもあらず。うち泣きて、
あばらなる板敷に、月のかたぶくまでふせりて、去年を思ひ出でて詠める。
  月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして
と詠みて、夜のほのぼのと明くるに、泣く泣く帰りにけり。

                                              (第四段)


問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 この作品の主人公と想定されている人物はだれか。
   在原業平


2 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)本意       ほい
 2)正月       むつき
 3)去年       こぞ  


3 本文中の和歌の句切れについて答えなさい。
   初・三句切れ

4 下線部の動詞の活用の種類と活用形を書きなさい。 

 1)大后の宮おはしましける西の対に       サ行四段活用・連用形 (「ける」は過去の助動詞、連用形につく)
 2)本意にはあらで              ラ行変格活用・未然形 (「で」は打消の接続助詞、未然形につく)
 3)ほかに隠れにけり。             ラ行下二段活用・連用形 (「に」は完了の助動詞、連用形につく)
 4)立ちて見、て見             ワ行上一段活用・連用形 (「て」は接続助詞、連用形につく)
 5)去年に似るべくもあらず。          ナ行上一段活用・終止形 (「べく」は当然の助動詞、終止形につく)  

5 下線部の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。 
 1)ほかに隠れけり。                 (  )
 2)またの年の正月、梅の花盛りに           ( 
 )
 3)人の行き通ふべき所にもあらざりければ         (  )
 4)立ちて見、ゐて見、見れど、去年に似るべくもあらず。   ( 
 )
 5)本意にはあら、心ざし深かりける人、ゆきとぶらひけるを、  (  )
 6)春や昔の春なら                 (  )

  ア 格助詞         イ 打消の助動詞       ウ 当然の助動詞       エ 可能の助動詞
  オ 断定の助動詞      カ 順接の接続助詞      キ 逆接の接続助詞      ク 完了の助動詞

6 下線部の助動詞の文法的意味と活用形を答えなさい。
 1)人の行き通ふべき所にもあらざりければ、         打消・連用形
 2)あばらなる板敷に、月のかたぶくまでふせて、       存続・連用形
 3)去年を思ひ出でて詠め              完了・連体形
 4)月やあら                    打消・連体形

7 下線部を現代語訳しなさい。
 1)それを、本意にはあらで、心ざし深かりける人、ゆきとぶらひけるを、   本心からではなくて
 2)なほ憂しと思ひつつなむありける。                やはりつらい
 3)去年を恋ひて行きて、立ちて見、ゐて見、見れど、            立って見て、すわって見て
 4)立ちて見、ゐて見、見れど、去年に似るべくもあらず。           去年のようすに似るはずもない

8 文中の歌「月やあらぬ…」を、「や」を疑問の意味ととって解釈しなさい。
  
  月は昔の月ではないのか。春は昔の春ではないのか。(月も春も変わってしまった。あの人も変わってしまったように思える。)
   私の身だけはもとのままで変わらないのに

伊勢物語 一覧

練習問題
 一覧

ナビゲーション