本文へスキップ

楽古文
伊勢物語 芥川 現代語訳  
      昔、男ありけり。女のえ得まじかりけるを   (第六段)



昔、男ありけり。女のえ得まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、からうじて盗み出でて、いと暗きに来けり。
芥川といふ河を率て行きければ、草の上に置きたりける露を、
「かれは何ぞ。」となむ男に問ひける。
行く先多く、夜も更けにければ、鬼あるところとも知らで、神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、
あばらなる蔵に、女をば奥に押し入れて、男、弓・胡簶(やなぐひ)を負ひて戸口にをり。
はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、鬼、はや一口に食ひてけり。
「あなや。」と言ひけれど、神鳴るさわぎに、え聞かざりけり。
やうやう夜も明けゆくに、見れば、率て来し女もなし。
足ずりをして泣けども、かひなし。
白玉か何ぞと人の問ひしとき露と答えて消えなましものを

(第六段)      




現代語訳

昔、男がいた。女で、自分のものにできそうもなかった女を、(その女に)何年も求婚し続けてきたが、
やっとのことで盗み出して、とても暗い(夜)に(逃げて)来た。
(男が)芥川という河のそばを(女を)連れて行ったところ、(女は)草の上におりていた露を(見て)
「あれは何か。」と男に尋ねた。
行く先は遠く、夜も更けてしまったので、(その場所が)鬼がいるところとも知らないで、
雷までもたいそうはなはだしく鳴り、雨もひどく降ったので、荒れてがらんとした蔵に、
女を奥に押し込んで、男は、弓や胡簶を背負って戸口にいる。
早く夜が明けてほしいと思いながら座っていたところ、(そのあいだに)
鬼は(女を)早くも一口に食べてしまった。
(女が)「ああっ。」と言ったが、雷が鳴る騒がしさに、(男は女の声を)聞くことができなかった。
だんだん夜も明けてきたので、(蔵の奥を)見たところ、連れてきた女もいない。
(男は)じだんだを踏んで泣くけれども、どうしようもない。
<男の詠んだ和歌>(あれは)真珠ですか何ですかとあの人が訪ねたときに、露ですと答えて(私も露のように)
消えてしまえばよかったのになあ(あの時消えていたらこんなに悲しい思いをすることもなかったのに)



伊勢物語 芥川 解説

伊勢物語 芥川 問題

伊勢物語 一覧

ナビゲーション