本文へスキップ

楽古文
伊勢物語 芥川 問題 
      昔、男ありけり。女のえ得まじかりけるを   (第六段)



 昔、男ありけり。女のえ得まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、からうじて盗み出でて、いと暗きに来けり。
芥川といふ河を率て行きければ、草の上に置きたりける露を、「かれは何ぞ。」となむ男に問ひける。
行く先多く、夜も更けにければ、鬼ある所とも知らで、神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、あばらなる蔵に、
女をば奥に押し入れて、男、弓・胡簶を負ひて戸口にをり。はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、
鬼、はや一口に食ひてけり。「あなや。」と言ひけれど、神鳴るさわぎに、え聞かざりけり。
やうやう夜も明けゆくに、見れば、率て来し女もなし。足ずりをして泣けども、かひなし。
  白玉か何ぞと人の問ひしとき露と答へて消えなましものを
                                              (第六段)


問題の答えは、反転させると見やすくなります。

1 下線部の語の意味を書きなさい。 
 1)年を経てよばひわたりけるを、からうじて盗み出でて、   なんとか
 2)雨もいたう降りければ、              ひどく
 3)あなや。」と言ひけれど、             ああ  

2 次の下線部の語の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。 
 1)え得まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、  (  )
 2)「かれは何ぞ。」となむ男に問ひける。        ( 
 )
 3)露と答へて消えましものを            (  )
 4)はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、      (  )
 5)髪も長くなりなむ                (  )
 6)白玉か何ぞと人問ひしとき           (  )
 7)露と答へて消えなましものを            ( 
 )

  ア 他に対する願望の終助詞      イ 自己の願望を表す終助詞      ウ 完了の助動詞の未然形    
  エ 主語を表す格助詞         オ 打消の助動詞の未然形       カ 感動を表す終助詞
  キ 同格を表す格助詞         ク 強意の係助詞           ケ 強意の助動詞の未然形+推量の助動詞

3 下線部の助動詞の文法的意味と活用形を答えなさい。
 1)女のえ得まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、      打消推量・連用形
 2)芥川といふ河を率て行きければ、             過去・已然形
 3)草の上に置きたりける露を、「かれは何ぞ。」と        存続・連用形
 4)鬼、はや一口に食ひけり。               完了・連用形
 5)神鳴るさわぎに、え聞かざりけり。             打消・連用形
 6)白玉か何ぞと人の問ひとき              過去・連体形

4 下線部を現代語訳しなさい。
 1)女のえ得まじかりけるを、            自分のものにできそうもなかった女を
 2)年を経てよばひわたりけるを             求婚し続けていたが
 3)行く先多く、夜も更けにければ、         
夜も更けてしまったので
 4)神さへいといみじう鳴り、            雷までも
 5)はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、     早く夜が明けてほしい
 6)神鳴るさわぎに、え聞かざりけり。         聞くことができなかった
 7)足ずりをして泣けども、かひなし。         どうしようもない

5 和歌について問に答えなさい
  白玉か何ぞと人の問ひしとき露と答へて消えなましものを
 1)下線部を現代語訳しなさい。                        消えてしまったらよかったのになあ
 2)下線部の「まし」の文法的意味を答えなさい。             
  反実仮想
 3)和歌に用いられた修辞法について、空欄をうめて説明を完成させなさい。
   (  )は露の(  )となっている。                  消え(消ゆ)  縁語
 4)「露」はどんなことを表しているか。                   露のようにはかない命
 5)「かれは何ぞ」と尋ねたことから、女はどのような身分の人とわかるか。   
あまり外に出たことがなく、露を見たことがないほど高い身分の人

伊勢物語 一覧

練習問題
 一覧


ナビゲーション