本文へスキップ

楽古文
伊勢物語 渚の院 問題  
      昔、惟喬の親王と申す親王おはしましけり  (第八二段)


 昔、惟喬の親王と申す親王おはしましけり。山崎のあなたに、水無瀬といふ所に宮ありけり。年ごとの桜の花ざかりには、その宮へなむ
おはしましける。その時、右の馬の頭なりける人を常に率ておはしましけり。時世へて久しくなりにければ、その人の名忘れにけり。狩は
ねむごろにもせで、酒をのみ飲みつつ、やまと歌にかかれりけり。今狩する交野の渚の家、その院の桜ことにおもしろし。その木のもとに
おりゐて、枝を折りてかざしにさして、上中下みな歌よみけり。馬の頭なりける人のよめる。
  世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし
となむよみたりける。また人の歌、
  散ればこそいとど桜はめでたけれうき世になにか久しかるべき
とて、その木のもとは立ちてかへるに、日ぐれになりぬ。

 御供なる人、酒をもたせて野よりいで来たり。この酒を飲みてむとて、よき所を求め行くに、天の河といふ所に至りぬ。親王に馬の頭、
大神酒まゐる。親王ののたまひける、「交野を狩りて、天の河のほとりに至るを題にて、歌よみて杯はさせ」とのたまうければ、
かの馬の頭よみて奉りける。
  狩り暮らしたなばたつめに宿からむ天の河原に我は来にけり
親王、歌を返す返す誦じたまうて、返しえしたまはず。紀の有常御供に仕うまつれり。それが返し、
  一年にひとたび来ます君まてば宿かす人もあらじとぞ思ふ
帰りて宮に入らせたまひぬ。夜ふくるまで酒飲み物語して、あるじの親王、酔ひて入りたまひなむとす。十一日の月もかくれなむとすれば、
かの馬の頭のよめる
  あかなくにまだきも月のかくるるか山の端にげて入れずもあらなむ
親王にかはり奉りて、紀の有常、
  おしなべて峰もたひらになりななむ山の端なくは月もいらじを

問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)親王        みこ
 2)水無瀬       みなせ
 3)馬の頭       うまのかみ

 4)         なぎさ
 5)大神酒       おおみき

 6)誦じ         ずじ
 7)山の端       やまのは


2 下線部の係助詞の結びの語を指摘して、文法的に説明しなさい。
 
1)散ればこそいとど桜はめでたけれうき世になにか久しかるべき        めでたけれ・ク活用形容詞「めでたし」の已然形
 
2)散ればこそいとど桜はめでたけれうき世になに久しかるべき        べき・推量の助動詞「べし」の連体形

3 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり)
 1)水無瀬といふ所宮ありけり。           (  )
 2)その人の名忘れけり。             (  )
 3)狩はねむごろもせで、             (  )
 4)この酒を飲みてむとて、よき所を求め行く      (  )
 5)天の河原に我は来けり            (  )

  ア 接続助詞    イ 格助詞    ウ 完了の助動詞の連用形    エ 断定の助動詞の連用形    オ 動詞の一部
  カ 形容動詞の一部    キ 副詞の一部

4 下線部の「なむ」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり)
 
1)その宮へなむおはしましける。           (  )
 
2)あるじの親王、酔ひて入りたまひなむとす。      (  )
 
3)十一日の月もかくれなむとすれば、         (  )
 
4)山の端にげて入れずもあらなむ           (  )
 
5)おしなべて峰もたひらになりななむ          (  )

  
ア 強意の助動詞+推量の助動詞    イ 強意の助動詞+意志の助動詞    ウ 強意を表す係助詞    エ 他への願望を表す終助詞
  オ 動詞の語尾+意志の助動詞


5 下線部を文法的に説明しなさい。
 
1)酒をのみ飲みつつ、やまと歌にかかれけり。        存続の助動詞「り」の連用形
 2)御供なる人、酒をもたて野よりいで来たり。        使役の助動詞「す」の連用形
 3)この酒を飲みてむとて、よき所を求め行くに、         強意の助動詞「つ」の未然形+意志の助動詞「む」の終止形
 4)宿かす人もあらとぞ思ふ               打消推量の助動詞「じ」の終止形
 5)帰りて宮に入らたまひぬ。               尊敬の助動詞「す」の連用形

6 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 
1)狩はねむごろにもせで、酒をのみ飲みつつ、                熱心に
 2)今狩する交野の渚の家、その院の桜ことにおもしろし        美しい
 3)散ればこそいとど桜はめでたけれ                ますます ・ すばらしい
 4)おしなべて峰もたひらになりななむ                すべて一様に

7 下線部の敬語の種類と、誰から誰への敬意を表しているかを答えなさい。 

 1)その時、右の馬の頭なりける人を常に率ておはしましけり。   尊敬・筆者から惟喬親王への敬意
 2)親王に馬の頭、大神酒まゐる             謙譲・筆者から惟喬親王への敬意
 3)紀の有常御供に仕うまつれり。             謙譲・筆者から惟喬親王への敬意
 4)帰りて宮に入らせたまひぬ。              尊敬・筆者から惟喬親王への敬意

8 下線部を現代語訳しなさい。
 1)酒をのみ飲みつつ、やまと歌にかかれりけり        和歌に熱中していた
 2)親王、歌を返す返す誦じたまうて、返しえしたまはず     返歌をなさることができない
 3)帰りて宮に入らせたまひぬ               お入りになった
 4)あるじの親王、酔ひて入りたまひなむとす         今にもお入りになろうとする

9 「時世へて久しくなりにければ、その人の名忘れにけり」について
 1)現代語訳しなさい。
   時代が過ぎて長くなってしまったので、その人の名は忘れてしまった。
 2)作者はなぜこういったのか。
   馬の頭が在原業平とわかっているが、ぼかした言い方にすることで、話の虚構性を強調しようとしたから。

10 「世の中に…」の歌について
 1)この歌に用いられた「せば…まし」の形を文法的に何というか。
   反実仮想
 2)歌意は桜がなければ春の人々の心は穏やかであろうに、ということだが、実際にはどうだというのか。
   春は桜が咲くことで人々があれこれ気をもんで、穏やかでいられない。

11 「散ればこそ…」の歌について
 1)「なにか久しかるべき」の「か」を文法的に説明しなさい。
    反語を表す係助詞
 2)「うき世になにか久しかるべき」を現代語訳しなさい。
    つらい世の中に何がいつまでも変わらずにあるだろうか、いや変わらないものは何もないのだ。
 3)何句切れの歌か。
    三句切れ

12 「一年に…」の歌について
 1)「一年にひとたび来ます君」とは誰のことか。
    牽牛星(彦星)
 2)「宿かす人もあらじ」とは、誰が宿を貸さないというのか。
    たなばたつめ(織女星)

13 「あかなくに…」の歌について
 1)「あかなくに」は「まだじゅうぶん満足していないのに」の意だが、何に満足していないというのか。
    月をながめること。
 2)「まだきも」「入れずもあらなむ」を現代語訳しなさい。
    
まだきも = はやくも        入れずもあらなむ = 入れないでいてほしい
 3)西の山に隠れようとする月は、何をたとえたものか。
    御寝所に入っておやすみになろうとする惟喬親王。
 4)この歌に表されているのは、誰のどんな気持か。
    馬の頭(在原業平)の、酒宴を退席しておやすみになろうとする惟喬親王をひきとめたいと思う気持ち。(月にたとえている)

14 「おしなべて…」の歌について
 1)「峰もたひらになりななむ」を現代語訳しなさい。
    (どの)峰もたいらになってしまってほしい
 2)何句切れの歌か。
   三句切れ
 3)「なりなむ」の下線部「な」、「月も入ら」の下線部「じ」を文法的に説明しなさい。
    な = 完了の助動詞「ぬ」の未然形     じ = 打消推量の助動詞「じ」の連体形


伊勢物語 一覧

練習問題
 一覧


ナビゲーション