本文へスキップ

楽古文
伊勢物語 小野の雪 問題  
      昔、水無瀬にかよひたまひし惟喬の親王  (第八三段)


 昔、水無瀬に通ひ給ひし惟喬の親王、例の狩しにおはします供に、右馬頭なる翁つかうまつれり。日ごろ経て、宮に帰り給うけり。
御送りして、とくいなむと思ふに、大神酒給ひ、禄給はむとて、つかはさざりけり。この右馬頭心もとながりて、
  枕とて草ひき結ぶこともせじ秋の夜とだに頼まれなくに
とよみける。時は弥生のつごもりなりけり。親王、大殿籠らで明かし給うてけり。

 かくしつつまうでつかうまつりけるを、思ひのほかに、御髪下ろし給うてけり。睦月に拝み奉らむとて、小野にまうでたるに、比叡の山の
ふもとなれば、雪いと高し。強ひて御室にまうでて拝み奉るに、つれづれと、いともの悲しくておはしましければ、やや久しく候ひて、
いにしへのことなど思ひ出で聞こえけり。さても候ひてしがなと思へど、おほやけごとどもありければ、え候はで、夕暮れに帰るとて、
  忘れては夢かとぞ思ふ思ひきや雪踏み分けて君を見むとは
とてなむ、泣く泣く来にける。


問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)親王        みこ
 2)右馬頭       うまのかみ
 3)大神酒       おおみき

 4)大殿籠る      おおとのごもる
 5)御髪        みぐし

 6)比叡        ひえ
 7)御室        みむろ


2 文中の右馬頭とは、右馬寮(うまづかさ)の長官のことであるが、ここでは具体的に誰のことか。(伊勢物語の主人公と想定される人物)
  在原業平


3 下線部の助動詞の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり)
 1)水無瀬に通ひ給ひ惟喬の親王           (  )
 2)右馬頭なる翁つかうまつれ             (  )
 3)御送りして、とくいなと思ふに             (  )
 4)枕とて草ひき結ぶこともせ              (  )
 5)秋の夜とだに頼まれくに              (  )
 6)明かし給うけり                 (  )
 7)比叡の山のふもとなれ              (  )
 8)おほやけごとどもありけれ             (  )

  ア 意志    イ 推量    ウ 過去    エ 完了    オ 打消推量    カ 打消意志    キ 打消    ク 断定

4 下線部を文法的に説明しなさい。
 
1)大殿籠ら明かし給うてけり             打消の接続助詞
 2)御髪下ろし給うてけり。               ハ行四段活用動詞「給ふ」の連用形「給ひ」のウ音便
 3)いともの悲しくておはしましければ            サ行四段活用動詞「おはします」の連用形
 4)忘れては夢かとぞ思ふ思ひきや           ハ行四段活用動詞「思ふ」の連体形(係助詞「ぞ」の結び)

5 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 
1)日ごろ経て、宮に帰り給うけり。                数日
 2)この右馬頭心もとながりて              じれったがって
 3)時は弥生のつごもりなりけり。             月末
 4)やや久しく候ひて                 だいぶ

6 下線部の敬語の種類と、動作の主体(主語)を答えなさい。 

 1)水無瀬に通ひ給ひし惟喬の親王、例の狩しにおはします供に     尊敬・惟喬の親王
 2)例の狩しにおはします供に、右馬頭なる翁つかうまつれり。       謙譲・右馬頭なる翁
 3)大神酒給ひ、禄給はむとて、つかはさざりけり。           尊敬・惟喬の親王
 4)かくしつつまうでつかうまつりけるを、               謙譲・右馬頭なる翁
 5)睦月に拝み奉らむとて、小野にまうでたるに、            謙譲・右馬頭なる翁
 6)つれづれと、いともの悲しくておはしましければ、           尊敬・惟喬の親王
 7)やや久しく候ひ                      謙譲・右馬頭なる翁
 8)おほやけごとどもありければ、え候はで、                   謙譲・右馬頭なる翁

7 下線部を現代語訳しなさい。
 1)枕とて草ひき結ぶこともせじ秋の夜とだに頼まれなくに      あてにすることもできないので
 2)親王、大殿籠らで明かし給うてけり            おやすみにならないで夜を明かしてしまわれた
 3)思ひのほかに、御髪下ろし給うてけり           出家なさってしまった
 4)さても候ひてしがなと思へど、おほやけごとどもありければ、    そのままおそばにいたいものだ

8 「睦月に拝み奉らむとて」について
 1)睦月は陰暦何月か。
   一月
 2)「拝み奉らむ」とは、誰が誰をどうすることか。わかりやすく言葉を補って訳しなさい。
   右馬頭が、出家した惟喬親王をたずねていって、拝顔する(お目にかかる)こと。

9 「枕とて…」の歌について
 1)「枕とて草ひき結ぶ」とは、何をすることか。漢字二字で答えなさい。
   旅寝
 2)「秋の夜とだに頼まれなくに」とあるが、今は季節はいつか。
   
 3)何句切れの歌か。
    三句切れ

10 「忘れては…」の歌について
 1)「忘れては」とは、何を忘れるというのか。
    現実(惟喬の親王が出家して、寂しく悲しい様子でいらっしゃるという現実)
 2)「思いきや」を現代語訳しなさい。
    思っただろうか、いや思わなかった
 3)何句切れの歌か。
    二・三句切れ


伊勢物語 一覧

練習問題
 一覧

ナビゲーション