本文へスキップ

楽古文
伊勢物語 さらぬ別れ 問題  
      昔、男ありけり。身はいやしながら、  (第八四段)


 昔、男ありけり。身はいやしながら、母なむ宮なりける。その母、長岡といふ所に住み給ひけり。
子は京に宮仕へしければ、まうづとしけれどしばしばえまうでず。一つ子にさへありければ、いとかなしうし給ひけり。
さるに、十二月ばかりに、とみのこととて御文あり。おどろきて見れば、歌あり。
  老いぬればさらぬ別れのありと言へばいよいよ見まくほしき君かな
かの子、いたううち泣きて詠める。
  世の中にさらぬ別れのなくもがな千代もと祈る人の子のため

問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)十二月        しわす
 2)千代         ちよ

2 文中の登場人物として適切なものは以下のどれか。
 ア 身分の低い男と宮と母    イ 宮仕えする男とその母    ウ 男と皇族である母と宮仕えする子
                                   
(  )

3 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)身はいやしながら、母なむ宮なりける            過去の助動詞「けり」の連体形(「なむ」の結び)
 2)老いぬればさらぬ別れのありと言へば            完了の助動詞「ぬ」の已然形
 3)かの子、いたううち泣きて詠め              完了の助動詞「り」の連体形(後に体言「歌」が省略されている)
 4)一つ子にさへありければ、いとかなしうし給ひけり。        添加の副助詞
 5)世の中にさらぬ別れのなくもがな              願望の終助詞

4 「とみのこととて御文あり」について
 1)現代語訳しなさい。
 
  急用といってお手紙がある
 2)誰から誰への「御文」か。
   母から男へ

5 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 
1)身はいやしながら、母なむ宮なりける。                身分は低いけれども
 2)まうづとしけれどしばしばえまうでず。             たびたび・頻繁には

6 下線部の敬語の種類と、動作の主体(主語)を答えなさい。 

 1)まうづとしけれどしばしばえまうでず。            謙譲・男(子)
 2)一つ子にさへありければ、いとかなしうし給ひけり。       尊敬(補助動詞)・母

7 下線部を現代語訳しなさい。
 1)まうづとしけれどしばしばえまうでず            参上できない
 2)一つ子にさへありければ、いとかなしうし給ひけり       たいそうかわいがっていらっしゃった
 3)いよいよ見まくほしき君かな                ますます会いたい


8 「老いぬれば…」の歌について
 1)誰が詠んだ歌か。
   
 2)「さらぬ別れ」とは何か。
   避けられない別れ、つまり死別のこと
 3)「老いぬれば」と「ありと言へば」を、已然形+「ば」の形に注意してそれぞれ訳しなさい。
   老いぬれば =    年をとると必ず 年老いるとどうしても (已然形+「ば」で恒常条件を表す)
   ありと言へば =   あるというので (已然形+「ば」で原因を表す)


9 「世の中に…」の歌について
 1)誰が詠んだ歌か。
    (子である)男
 2)何句切れの歌か。
    三句切れ


伊勢物語 一覧

練習問題
 一覧

ナビゲーション