本文へスキップ

古文の勉強法について

古文の勉強は基礎が大事
基本をおさえた上で応用力をつけていきましょう

ここでは勉強の基本として、ノートのまとめ方
おすすめの問題集など、さらに力をつけたい人へ
スタディサプリ」と「Z会」について
紹介しています。

まずは基本

まずは学校の授業で学ぶことを大切に、少しずつ覚えていくことをこころがけましょう。
教科書に載っている文章の中の重要語や、読解に必要な文法的知識など、
基本を大事に、時間がかかっても納得できるようがんばりましょう。

模擬試験の問題など、最初はとても難しく感じて、さっぱり意味が取れないと感じる人も多いでしょう。
それでも、基礎を大事に学ぶことでだんだんと、初めて読む文章でもなんとなく意味がとらえられるように
なってきます。
なんとなくわかるようになったら、さらに、文法をしっかり身につけて、言葉の意味を覚えて、
大学入試問題にも対応できる力をつけていきましょう。

センター試験の過去問をやってみると、文法問題がたびたび出題されていることに気づくと思います。
中学でも習う係り結びについても何度も出題されています。
助動詞の意味をとらえることは、直接文法問題になっていなくても、
文章を読解する際とても重要になります。
学校でも助動詞の意味、接続などを繰り返し学び、試験にも出題されると思います。
大学入試にまで役立つ知識なので、確実に覚えましょう。

教科書で重要語として出てくる語も、そのつど覚えていくようにしましょう。
基本的な重要語は文章読解のキーワードとして出題されることもあります。
また、ちょっととらえにくい、難度の高い語の意味を覚えていたおかげで、
選択問題の答えが楽にしぼれた、ということもよくあります。

敬語表現も大切です。
古文では現代に比べて敬語表現が多く用いられています。
現代では尊敬表現を重ねてつかうのは、過剰敬語と言われますが、
古文では尊敬語をふたつ重ねて敬う気持ちを強く表します。
謙譲表現は、動作をしている人を低めて表現することで、動作の受け手に対する敬意を表すもので、
動作を表現している人(書き手・会話主)が敬意を表していることになります。
動作者からの敬意と思い違いしやすく、誰からの敬意か、という問題はよく出題されます。

敬語表現は、誰が動作しているかによって細かく使い分けるので、
主語が書いてなくても、敬語表現から誰の動作かがわかることが多くあります。
まずは、尊敬語か、謙譲語か、正しく判断できるようにしましょう。
楽古文でも、文章の解説で、敬語表現についてしつこいほど説明しています。
また、文法重要事項のページで、重要敬語についてまとめています。
活用してください。

ふだんの生活では敬語をつかうことが多くないので、尊敬語、謙譲語の区別ができていても、
現代語訳するときに適切な訳が思いつかないということもあると思います。
尊敬語・謙譲語・丁寧語の訳し方のパターンをあわせて確認して、覚えましょう。
現代語訳についての選択問題で、敬語の訳し方がひとつのポイントになっていることもよくあります。

古文において、文法・敬語はとても重要です。
古文の本文を読んで、文法・敬語に着目しながら現代語訳を見て、
この助動詞が、この敬語表現が、こう訳されているのだ、と細かく確認すると、
読解力もより確実なものとなっていくはずです。
基礎を大事にして、入試問題を解く力をつけていきましょう。


古文のノートのまとめ方

まとめ方の一例を紹介します。
テキストの古文をノートに書き写します。
このとき、空白の行を3〜4行あけながら書いていきます。
空白の行には、古文本文の右側には文法事項や敬語について、左側には語句の意味や現代語訳などと
自分で決めて、予習の段階で書き込んでいきます。

その後授業を受けて、わかったことを書き込んだり、予習を訂正したりして、
自分にわかりやすいノートを作り上げていきます。
余白が足りなくなるほど書き込めたら、試験前にも頼りになるノートになっているはずです。
自分にとってわかりやすく、あとで見返しやすいノートになるように
まとめていきましょう。

ノートを上下2段に分けて、上に古文本文、下に現代語訳を書くというまとめ方もあります。
その場合にもノートに余白をあけておいて、書き込めるようにしておきましょう。


文法を学ぼう

センター試験や入試問題で出題される古文は、多くは初めて読むものです。
知らない語句があれば、意味をとらえるのも難しくなります。
一方文法は、「法」つまり決まりごとなので、どの文章の中でも同じように作用します。
問題としても、「ぬ」の識別や「し」の識別など、定番ともいえるものがあり、よく出題されます。
文法を確実に覚えることで、「必ず解ける文法問題」で得点することができます。
文章を読み解く基礎力ともなります。
文法学習の参考書としては、

 重点整理 基礎からわかる古典文法  日栄社

がおすすめです。
学校で使用している文法教材があれば、それに丁寧に取り組みましょう。
特に助動詞について、文法的な意味と訳し方を覚えれば、読解力につながります。


おすすめの問題集

文法の問題集のおすすめは、

 1日1題・30日完成古典文法(高校初級・中級用)  日栄社

です。薄くて安価で必要な文法事項がよくまとめられています。
入試でよく問われる語の識別についてもとりあげられています。
そのほか、過去の入試に出題された文法の識別問題をとりあげた

 古典文法問題演習 基本テーマ30  河合塾

もおすすめです。こちらは少し厚めですが、1冊終えれば文法問題のパターンがつかめて、
かなりの力がついたと実感できると思います。

古文の初級向けの問題集としては、

 わかる&とける 古文 基礎問題集  旺文社

が、要点がわかりやすく、説明も丁寧でおすすめです。
基礎問題集でものたりなければ、

 わかる&とける 古文 標準問題集  旺文社

もあります。こちらは、文章が長めで、読解力もきたえられます。

また、日栄社からは、

集中2週間完成 古文  (高校初級用・高校中級用・高校上級用)

書き込み式 20日間完成 古文  (高校初級用・高校中級用・高校上級用)

など、ほどよい分量の古文問題集が、レベル別に出ています。
ほかに30日完成シリーズなど、たくさん出版されています。
書店で内容を確認して、自分に合いそうなものを見つけるといいでしょう。
問題の分量や難しそうかどうか、解答・解説がわかりやすいか、品詞分解が示してあるか、
などが、判断のポイントとなると思います。
問題集は厚いものを途中まで解くより、薄いものをやり遂げる方が効果的です。
まずは無理なく解き終えられそうなものを選びましょう。

センター試験が近づいたら、センター試験の実戦問題集を解いてみるといいでしょう。
時間配分の練習になります。センター模試では、全体に時間が足りないと感じる人も多いと思います。
とくに古文では、わからない語句にとまどったり、敬語表現が複雑で主語が読み取りにくかったり、
文章が長かったりと、予想外に時間がかかってしまうことも起こりがちです。

問題集なら、時間を多少延長して解くこともできます。
センターレベルの問題を多く解くことで、問題の形式に慣れて、
より短い時間で解けるようになることが期待できます。
いろいろな文章を読むことで、昔の社会制度についての知識も得られるかもしれません。
センター試験の過去問をもとにした問題集もあります。解説のしっかりしたものを選びましょう。


さらに力をつけるには

受験に対応できる力をつけるためには、塾・予備校・家庭教師・通信添削・オンライン学習などの手段があります。
ここでは、「スタディサプリ」と「Z会」について紹介します。
会員になっていないけど、どういうものか興味がある、という人は参考にしてください。


 オンライン学習のスタディサプリ
 
 スタディサプリの高校講座・大学受験講座は、あわせて月額980円という低価格です。
 大学受験者の2人に1人が利用しています。塾やZ会などの通信教育と併用している人も多くいます。
 スタディサプリは、今使っているパソコン・タブレット・スマートフォンを使って学習できます。

 スタディサプリは講義動画と確認テストで学力をつけていくことができます。
 有名予備校での指導実績がある講師や、塾での授業の立ち見記録を持つ講師など、
 実力ある先生方の動画が一か月980円ですべて見られます。
 映像授業なので、何度でも繰り返し見ることができます。
 学年別になっていないので、目的の講座を学年にかかわらずいつでも視聴し学ぶことができます。
 前の学年で学んだことをおさらい学習すること、
 先の学年の内容を先取り学習することもも可能です。

 スタディサプリには、日々の学習向けの講座、センター試験対策、志望校の過去問対策、
 AO入試・推薦入試対策など、さまざまな講座が用意されています。
 すべての講座が月額980円で受講できるのは魅力的といえるでしょう。
 学習レベルは、スタンダード・ハイレベル・トップレベルに分かれています。
 自分の理解度に合わせて学習し、レベルを上げていくことができます。

 スタディサプリの無料会員に登録するだけでも、大学入試過去問・センター問題集・
 暗記カード(英語・世界史・日本史の暗記アプリ)などが利用できます。
 まずは無料会員登録をして、トライアル体験をして自分に合うかを試してみてから、
 有料会員になるかどうかを決めることもできます。
 詳しい内容については公式ページで確認してください。
 下のバナーをクリックすれば、スタディサプリの公式ページに移動します。


      


 通信教育のZ会
 
 Z会は、難関大学の合格に、圧倒的な実績をあげています。
 「東大行くならZ会」「京大行くならZ会」というフレーズを耳にしたことがある人もいると思います。
 Z会には、難関大学を突破する実力をつけるための良問がそろっています。
 手ごたえのある問題が多いですが、がんばって解いて提出すると、たくさんの赤字で添削されて返ってきます。
 特に国語の記述問題では、自分の書いた答えのどこがよくて何が足りないのかを細かく指導されるので、
 復習し、次の問題を解くことを続けるうちに、「よい答え」を書く力が養われていきます
 また、わからない点について質問できますので、疑問を残さず学んでいくことができます。
 質問ができる、丁寧な答えが返ってくるというのが、Z会の大きな特徴です。

 入試問題で、記述式の問題の答案がしっかりと書けることは、
 そのまま高得点・高評価につながります。
 難関大学を目指すなら、答案作成力・記述力をつけ、
 実力を伸ばすことに定評があるZ会をおすすめします。

 通信教育は、答案を送ってから添削されて返ってくるまで日にちがかかることが
 欠点としてあげられていました。
 しかし、Z会の「iPadスタイル」で受講すれば、作成した答案をiPadで撮影して提出し、
 約3日後に添削された答案をiPadで受け取ることができます。
 郵送方式に比べて、格段に手軽で便利です。
 Z会では、iPadを用いたスタイルと、従来通りの紙のテキストを用いたスタイルの
 ふたつのスタイルから自分に合う方を選べます。

 さらにZ会では、東大受験者、難関大受験者を対象とした「Z会の映像」が用意されています。
 「Z会の教室」の優秀な先生方が授業を行っています。
 スタディサプリの講義映像に比べると、やはりレベルが高いです。
 内容も濃く、最高レベルの実力をつけたい人にはおすすめです。

 Z会が自分に合うのかどうか、レベルの高さはどの程度なのか、費用はどの程度かかるか、
 詳しく知りたい人は、Z会の公式ページで確認してみましょう。
 教材見本を無料でもらえますので、問題のレベル等が確認できます。
 下のバナーをクリックすると、Z会の公式ページに移動します。


      



 繰り返しになりますが、高校の授業で学ぶことは、受験に対する基礎の力となります。
 基本をおろそかにせず、学力をつけていきましょう。
 さらに、二次試験にむけて記述力・答案作成力をつけるには、やはり、記述問題をじっくりと解くこと、
 そしてその答えを適切に添削してもらうことが効果的です。
 模試を受けたあとも、自分の答えと解答とを見比べて、足りなかったところを認識して、
 よりよい答案が書けるように学習しましょう。





ナビゲーション