本文へスキップ

楽古文
枕草子 九月ばかり、夜一夜 問題
      九月ばかり、夜一夜降り明かしつる雨の、


 九月ばかり、夜一夜降り明かしつる雨の、けさはやみて、朝日いとけざやかにさしいでたるに、前栽の露こぼるばかりぬれかかりたるも、
いとをかし。透垣の羅文、軒の上に、かいたる蜘蛛の巣のこぼれ残りたるに、雨のかかりたるが、白き玉を貫きたるやうなるこそ、
いみじうあはれにをかしけれ。
 少し日たけぬれば、萩などのいと重げなるに、露の落つるに枝のうち動きて、人も手触れぬに、ふとかみざまへ上がりたるも、いみじうをかし。
といひたることどもの、人の心にはつゆをかしからじと思ふこそ、またをかしけれ。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)九月          ながつき

 2)前栽          せんざい
 3)透垣          すいがい
 4)羅文          らもん
 5)軒           のき

2 『枕草子』の作者を答えなさい。
   清少納言

3 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
  白き玉を貫きたるやうなるこそ、いみじうあはれにをかしけれ。   結びの語は「をかしけれ」。シク活用形容詞「をかし」の已然形

4 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)朝日いとけざやかさしいでたるに、           (  )
 2)透垣の羅文、軒の上、かいたる蜘蛛の巣の       (  )
 3)人も手触れぬ、ふとかみざまへ上がりたるも、       (  )

  ア 格助詞    イ 接続助詞    ウ 完了の助動詞「ぬ」の連用形    エ 断定の助動詞「なり」の連用形
  オ ナリ活用形容動詞の連用形の活用語尾


5 下線部の格助詞「の」の用法として適切なものを選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)前栽露こぼるばかりぬれかかりたるも、いとをかし。       (  )
 2)かかりたるが、白き玉を貫きたるやうなるこそ、        (  )
 3)落つるに枝のうち動きて、               (  )

  ア 主語を表す(主格)   イ 連体修飾語をつくる(連体格)   ウ 同格の意を表す(同格)   エ 体言に準じた働きをする(準体格)

6 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)白き玉を貫きたるやうなるこそ、いみじうあはれにをかしけれ。    断定の助動詞「なり」の連体形
 2)萩などのいと重げなるに、露の落つるに枝のうち動きて、     ナリ活用形容動詞「重げなり」の連体形の活用語尾
 3)人の心にはつゆをかしからと思ふこそ、またをかしけれ。     打消推量の助動詞「じ」の終止形

7 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)九月ばかり、夜一夜降り明かしつる雨の、          一晩中
 2)前栽の露こぼるばかりぬれかかりたるも、           庭の植え込み
 3)かいたる蜘蛛の巣のこぼれ残りたるに、            やぶれ残っているところに
 4)少し日たけぬれば、                   日が高くなってくると

8 下線部を現代語訳しなさい。
 1)朝日いとけざやかにさしいでたるに、             たいそうあざやかに輝きだしたころに
 2)人も手触れぬに、ふとかみざまへ上がりたるも、いみじうをかし。   さっと上の方へあがったのも
 3)人の心にはつゆをかしからじと思ふこそ、           少しもおもしろくないだろう


枕草子  一覧

練習問題
 一覧


ナビゲーション