本文へスキップ

楽古文
枕草子 木の花は 問題
      木の花は、濃きも薄きも紅梅。


 木の花は、濃きも薄きも紅梅。桜は、花びら大きに、葉の色濃きが、枝細くて咲きたる。藤の花は、しなひ長く、色濃く咲きたる、いとめでたし。
 四月のつごもり、五月のついたちのころほひ、橘の葉の濃く青きに、花のいと白う咲きたるが、雨うち降りたるつとめてなどは、世になう
心あるさまにをかし。花の中より、こがねの玉かと見えて、いみじうあざやかに見えたるなど、朝露にぬれたるあさぼらけの桜に劣らず。
ほととぎすのよすがとさへ思へばにや、なほさらに言ふべうもあらず。
 梨の花、よにすさまじきものにして、近うもてなさず、はかなき文つけなどだにせず。愛敬おくれたる人の顔などを見ては、たとひに言ふも、
げに、葉の色よりはじめて、あはひなく見ゆるを、唐土には限りなきものにて、文にも作る、なほさりともやうあらむと、せめて見れば、
花びらの端に、をかしきにほひこそ、心もとなうつきためれ。楊貴妃の、帝の御使ひに会ひて、泣きける顔に似せて、「梨花一枝、春、
雨を帯びたり。」など言ひたるは、おぼろけならじと思ふに、なほいみじうめでたきことは、たぐひあらじとおぼえたり。
 桐の木の花、紫に咲きたるは、なほをかしきに、葉の広ごりざまぞ、うたてこちたけれど、異木どもとひとしう言ふべきにもあらず。唐土に
ことごとしき名つきたる鳥の、えりてこれにのみゐるらむ、いみじう心ことなり。まいて琴に作りて、さまざまなる音の出で来るなどは、をかしなど
世の常に言ふべくやはある。いみじうこそめでたけれ。
 木のさまにくげなれど、楝の花、いとをかし。かれがれに、さまことに咲きて、必ず五月五日にあふも、をかし。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)四月          うづき

 2)五月          さつき
 3)愛敬          あいぎょう
 4)唐土          もろこし
 5)琴           こと

2 『枕草子』の作者は誰か。
   清少納言

3 文中の下線部「思へばにや」の後に省略されていると思われる語を書きなさい。
   あらむ

4 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
 1)花びらの端に、をかしきにほひこそ、心もとなうつきためれ。  結びの語は「めれ」:推量の助動詞「めり」の已然形
 2)をかしなど世の常に言ふべくはある。         結びの語は「ある」:ラ行変格活用動詞「あり」の連体形

 3)いみじうこそめでたけれ。              結びの語は「めでたけれ」:ク活用形容詞「めでたし」の已然形
 4)葉の広ごりざま、うたてこちたけれど、異木どもとひとしう言ふべきにもあらず。  結びの語は「こちたし」の連体形になるはずが、
                               接続助詞「ど」がついて後に続いたことで結びが流れている。


5 下線部は音便形になっている。もとの形を答えなさい。
 1)世になう心あるさまにをかし。           なく
 2)なほさらに言ふべうもあらず。           べく
 3)えりてこれにのみゐるらむ、いみじう心ことなり。     いみじく

6 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)こがねの玉かと見えて、いみじうあざやか見えたるなど、                  (  )
 2) ほととぎすのよすがとさへ思へばや、なほさらに言ふべうもあらず。              (  )
 3)花びらの端、をかしきにほひこそ、心もとなうつきためれ。                  (  )
 4)「梨花一枝、春、雨を帯びたり。」など言ひたるは、おぼろけならじと思ふ、なほいみじうめでたきことは、 (  )

  ア 格助詞   イ 接続助詞   ウ 完了の助動詞「ぬ」の連用形   エ 断定の助動詞「なり」の連用形   オ 形容動詞の連用形活用語尾

7 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)花びらの端に、をかしきにほひこそ、心もとなうつきめれ。 完了・存続の助動詞「たり」の連体形「たる」の撥音便の「ん」無表記
 2)なほいみじうめでたきことは、たぐひあらとおぼえたり。   打消推量の助動詞「じ」の終止形(引用の「と」の前は文末とみなせる)
 3)えりてこれにのみゐるらむ、いみじう心ことなり。      伝聞の助動詞「らむ」の連体形(現在推量ではない)
 4)木のさまにくげなれど、楝の花、いとをかし。       ナリ活用形容動詞「にくげなり」の已然形

8 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)四月のつごもり、五月のついたちのころほひ、       月末 ・ 月はじめ
 2)雨うち降りたるつとめてなどは、             早朝
 3)ほととぎすのよすがとさへ思へばにや、          よりどころとまでも
 4)はかなき文つけなどだにせず。             ちょっとした手紙
 5)唐土には限りなきものにて、にも作る、         漢詩

9 下線部を現代語訳しなさい。
 1)世になう心あるさまにをかし。               またとなく風情のあるようすで
 2)梨の花、よにすさまじきものにして、近うもてなさず      実におもしろみのないものであって、身近にもてはやさず
 3)愛敬おくれたる人の顔などを見ては、            容貌が劣っている
 4)花びらの端に、をかしきにほひこそ、心もとなうつきためれ    趣のあるつややかな色が、ぼんやりとついているようだ
 5)「梨花…帯びたり。」など言ひたるは、おぼろけならじと思ふに、  並みひととおりではないだろう
 6)葉の広ごりざまぞ、うたてこちたけれど           いやにおおげさだけれど
 7)をかしなど世の常に言ふべくやはある           世間並みに言ってよいだろうか、いやよくない(ほどすばらしい)

10 「橘の花」について、色彩的に対比されているものをふたつあげなさい。
  濃い緑の葉 ・ 黄金色の実


11 「梨の花」について述べた段落について
 1)次の人々の梨の花に対する認識はどのようなものか。文中の記述をもとに答えなさい。
  平安朝の貴族 = おもしろみのないもので、もてはやしたりしない。容貌の劣る人のたとえに用いる。
  中国(唐土)の文人 = この上ないものとして漢詩の題材とする。
  作者 = 花びらの端に趣のあるつややかな色がついていて、すばらしいことは並ぶものがない。
 2)「なほさりともやうあらむ」を「さりとも」と「やう」の内容がわかるように補って解釈しなさい。
  やはり、日本で梨の花はつまらないものと思われるといっても、中国でほめられるだけの理由があるのだろう。

12 「桐の木の花」について、作者が賞賛している点を三つあげなさい。
  @ 紫色に咲いている点
  A 中国で鳳凰が桐の木にだけとまる点
  B 琴の材料となって、さまざまな音が出る点




枕草子  一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション