本文へスキップ

楽古文
枕草子 鳥は 問題
      鳥は、異所のものなれど、鸚鵡、いとあはれなり。


 鳥は、異所のものなれど、鸚鵡、いとあはれなり。人の言ふらむことをまねぶらむよ。ほととぎす。くひな。しぎ。都鳥。ひわ。ひたき。
 山鳥、友を恋ひて、鏡を見すれば慰むらむ、心若う、いとあはれなり。谷隔てたるほどなど、心苦し。鶴は、いとこちたきさまなれど、
鳴く声雲居まで聞こゆる、いとめでたし。
 かしら赤き雀。斑鳩の雄鳥。たくみ鳥。
 鷺は、いと見目も見苦し。まなこゐなども、うたてよろづになつかしからねど、「ゆるぎの森にひとりは寝じ」と争ふらむ、をかし。水鳥、
鴛鴦いとあはれなり。かたみにゐかはりて、羽の上の霜払ふらむほどなど。千鳥いとをかし。
 鶯は、文などにもめでたきものに作り、声よりはじめてさまかたちも、さばかりあてにうつくしきほどよりは、九重のうちに鳴かぬぞいとわろき。
人の「さなむある」と言ひしを、さしもあらじと思ひしに、十年ばかりさぶらひて聞きしに、まことにさらに音せざりき。さるは、竹近き紅梅も、
いとよく通ひぬべきたよりなりかし。まかでて聞けば、あやしき家の見どころもなき梅の木などには、かしがましきまでぞ鳴く。夜鳴かぬも
いぎたなきここちすれども、今はいかがせむ。夏・秋の末まで老い声に鳴きて、「むしくひ」など、ようもあらぬ者は、名をつけかへて言ふぞ、
くちをしくくすしきここちする。それもただ、雀などのやうに常にある鳥ならば、さもおぼゆまじ。春鳴くゆゑこそはあらめ。「年たちかへる」など、
をかしきことに、歌にも文にも作るなるは。なほ春のうちならましかば、いかにをかしからまし。人をも、人げなう、世のおぼえあなづらはしう
なりそめにたるをばそしりやはする。鳶・烏などのうへは、見入れ聞き入れなどする人、世になしかし。されば、いみじかるべきものとなりたれば、
と思ふに、心ゆかぬここちするなり。
 祭のかへさ見るとて、雲林院・知足院などの前に車を立てたれば、ほととぎすも忍ばぬにやあらむ、鳴くに、いとようまねび似せて、
木高き木どもの中に、もろ声に鳴きたるこそ、さすがにをかしけれ。
 ほととぎすは、なほさらにいふべきかたなし。いつしかしたり顔にも聞こえたるに、卯の花・花橘などに宿りをして、はた隠れたるも、
ねたげなる心ばへなり。
 五月雨の短き夜に寝覚めをして、いかで人よりさきに聞かむと待たれて、夜深くうち出でたる声の、らうらうじう愛敬づきたる、いみじう
心あくがれ、せむかたなし。六月になりぬれば、音もせずなりぬる、すべて言ふもおろかなり。
 夜鳴くもの、何も何もめでたし。ちごどものみぞさしもなき。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)九重          ここのえ

 2)卯の花         うのはな
 3)五月雨         さみだれ
 4)愛敬          あいぎょう
 5)六月          みなづき

2 『枕草子』の作者は誰か。また、この作者が仕えた中宮の名を答えなさい。
   清少納言  中宮定子

3 鸚鵡(おうむ)について、「いとあはれなり」といっているが、どのような点が「あはれなり」と感じられるのか。
   人のいうことをまねるとかいう点

4 鷺(さぎ)について、「『ゆるぎの森にひとりは寝じ』と争ふらむ」とあるが、何を争うのか、適切なものを選びなさい。
  ア 森で独り寝をしたくないと、妻を求めて争う     イ 森での家族との暮らしを脅かす敵と争う
  ウ 森で独り寝をするのはしかたないが、なわばりを確保するために争う
                                       (  ) 


5 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
 1)九重のうちに鳴かぬいとわろき。           結びの語は「わろき」。ク活用形容詞「わろし」の連体形
 2)名をつけかへて言ふ、くちをしくくすしきここちする。     結びの語は「する」。サ行変格活用動詞「す」の連体形

 3)ほととぎすも忍ばぬにあらむ、            結びの語は「む」。推量の助動詞「む」の連体形
 4)もろ声に鳴きたるこそ、さすがにをかしけれ。        結びの語は「をかしけれ」。ク活用形容詞「をかし」の已然形

6 下線部の「し」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり)
 1)鳴く声雲居まで聞こゆる、いとめでた         (  )
 2)人の「さなむある」と言ひを、             (  )
 3)もあらじと思ひしに、                (  )
 4)十年ばかりさぶらひて聞きに、             (  )
 5)いとよく通ひぬべきたよりなりか            (  )
 6)卯の花・花橘などに宿りをて、はた隠れたるも、      (  )
 7)いみじう心あくがれ、せむかたな。            (  )

  ア サ行変格活用動詞「す」の連用形    イ 形容詞の終止形活用語尾    ウ 強意の副助詞    エ 終助詞の一部
  オ 過去の助動詞「き」の連体形


7 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)かたみゐかはりて、羽の上の霜払ふらむほどなど。       (  )
 2)声よりはじめてさまかたちも、さばかりあてうつくしきほどよりは、    (  )
 3)十年ばかりさぶらひて聞きし、まことにさらに音せざりき。      (  )
 4)ほととぎすも忍ばぬやあらむ、                (  )

  ア 格助詞    イ 接続助詞    ウ 完了の助動詞「ぬ」の連用形    エ 断定の助動詞「なり」の連用形 
  オ 副詞の一部    カ 形容動詞の連用形活用語尾

8 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)人の言ふらむことをまねぶらむよ。         婉曲の助動詞「らむ」の連体形・伝聞の助動詞「らむ」の終止形
 2)ゆるぎの森にひとりは寝            打消意志の助動詞「じ」の終止形
 3)雀などのやうに常にある鳥ならば、さもおぼゆまじ   打消推量の助動詞「まじ」の終止形
 4)をかしきことに、歌にも文にも作るなるは。       伝聞・推定の助動詞「なり」の連体形
 5)心ゆかぬここちするなり             断定の助動詞「なり」の終止形
 6)六月になりぬれば、音もせずなりぬる、        ラ行四段活用動詞「なる」の連用形
 7)すべて言ふもおろかなり。             ナリ活用形容動詞「おろかなり」の終止形活用語尾


9 鶯(うぐいす)について述べた段落について
 1)作者が鶯のよくない点としてあげていることを三つにまとめて書きなさい。
  @ 粗末な家では鳴くのに宮中で鳴かないこと
  A 夜鳴かないこと
  B 夏や秋の末まで盛りをすぎた声でなくこと

 2)下線部の「さ」が指している内容として適切なものをそれぞれ選んで記号で答えなさい。
  
@ 人の「なむある」と言ひしを、                    (  )
  A しもあらじと思ひしに、                        (  )
  B 雀などのやうに常にある鳥ならば、もおぼゆまじ。        (  )

   ア 鶯の姿かたちが上品でかわいらしいこと   イ 鶯が宮中で鳴かないこと    ウ 鶯が宮中で鳴かないのはよくないこと
   エ 鶯が夜鳴かないこと    オ 鶯の名を付けかえて呼ぶこと    カ 残念な気持ちがすること    キ 鶯を懐かしく思うこと


10 「なほ春のうちならましかば、いかにをかしからまし」について
 1)「…ましかば…まし」は何を表すか。
   反実仮想
 2)何が「春のうち」なのかを明らかにして、全体を現代語訳しなさい。
   やはり鶯が鳴くのが春のあいだであるのなら、どんなにか趣があることだろうに

11 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)鶴は、いとこちたきさまなれど、               仰々しい
 2)まなこゐなども、うたてよろづになつかしからねど        親しみがもてないが
 3)かたみにゐかはりて、羽の上の霜払ふらむほどなど。       互いに
 4)竹近き紅梅も、いとよく通ひぬべきたよりなりかし。        よりどころ
 5)夜鳴かぬもいぎたなきここちすれども、今はいかがせむ。      寝坊である

12 下線部を現代語訳しなさい。
 1)十年ばかりさぶらひて聞きしに、まことにさらに音せざりき     ほんとうにまったく音(鳴き声)がしなかった
 2)ほととぎすも忍ばぬにやあらむ、鳴くに、            がまんできないのであろうか
 3)ほととぎすは、なほさらにいふべきかたなし           やはりまったく言いようがない
 4)いかで人よりさきに聞かむと待たれて、             何とかして人より先に聞きたい
 5)六月になりぬれば、音もせずなりぬる、すべて言ふもおろかなり
    言いようもなくすばらしい



枕草子  一覧

練習問題
 一覧




ナビゲーション