本文へスキップ

楽古文
枕草子 かたはらいたきもの 問題
      かたはらいたきもの、よくも音弾きとどめぬ琴を、


 かたはらいたきもの、よくも音弾きとどめぬ琴を、よくも調べで、心の限り弾きたてたる。客人などに会ひてもの言ふに、
奥の方にうちとけ言など言ふを、えは制せで聞く心地。思ふ人のいたく酔ひて、同じことしたる。聞きゐたりけるを知らで、
人のうへ言ひたる。それは、何ばかりの人ならねど、使ふ人などだにいとかたはらいたし。
 旅立ちたる所にて、下衆どものざれゐたる。にくげなるちごを、おのが心地のかなしきままに、うつくしみ、かなしがり、
これが声のままに、言ひたることなど語りたる。才ある人の前にて、才なき人の、ものおぼえ声に人の名など言ひたる。
ことによしともおぼえぬわが歌を、人に語りて、人のほめなどしたるよし言ふも、かたはらいたし。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)客人          まろうと

 2)下衆          げす
 3)才           ざえ

2 「よくも音弾きとどめぬ琴を、よくも調べで、心の限り弾きたてたる。」の後にはどのような語を補うとよいか。
   (こと)はかたはらいたし

3 下線部の動作の主体(主語)として適切なものを後の選択肢から選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)客人などに会ひてもの言ふに、             (  )
 2)奥の方にうちとけ言など言ふを、             (  )

 3)えは制せで聞く心地。                 (  )
 4)聞きゐたりけるを知らで、                (  )
 5)おのが心地のかなしきままに、うつくしみ、かなしがり、     (  )
 6)これが声のままに、言ひたることなど語りたる。        (  )

  ア たずねてきた客人    イ 客がたずねてきた家の主人    ウ 客がたずねてきた家の使用人    エ うわさをされている当人
  オ うわさを聞いている第三者    カ かわいげのない子ども    キ かわいげのない子どもの親(身内)


4 本文中の下線部「これ」がさすものを文中の語で答えなさい。
  これが声のままに、言ひたることなど語りたる。       にくげなるちご

5 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)かたはらいたきもの、よくも音弾きとどめぬ琴を、      そばで見ていていたたまれないもの(苦々しいもの)・音を弾きこなさない
 2)よくも調べで、心の限り弾きたてたる。          調律しないで
 3)奥の方にうちとけ言など言ふを、えは制せで聞く心地。   遠慮のない話・とめることもできないで
 4)にくげなるちごを、おのが心地のかなしきままに、      かわいげのない子ども
 5)才ある人の前にて、才なき人の、           学才のある

6 下線部を現代語訳しなさい。
 1)何ばかりの人ならねど、使ふ人などだにいとかたはらいたし。 どれほどの身分の人でなくても
 2)旅立ちたる所にて、下衆どものざれゐたる。       自宅から離れて滞在している所
 3)おのが心地のかなしきままに、うつくしみ、かなしがり   かわいく思うのにまかせて、かわいがり、いとおしみ
 4)ことによしともおぼえぬわが歌を、人に語りて、      とくに上手とも思われない自作の歌を



枕草子  一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション