本文へスキップ

楽古文
枕草子 中納言参りたまひて 現代語訳
      中納言参りたまひて、御扇奉らせたまふに、



中納言参りたまひて、御扇奉らせたまふに、「隆家こそいみじき骨は得てはべれ。
それを張らせて参らせむとするに、おぼろけの紙はえ張るまじければ、求めはべるなり。」と
申したまふ。「いかやうにかある。」と問ひきこえさせたまへば、
「すべていみじうはべり。『さらにまだ見ぬ骨のさまなり。』となむ人々申す。
まことにかばかりのは見えざりつ。」と言高くのたまへば、
「さては、扇のにはあらで、くらげのななり。」と聞こゆれば、
「これ隆家が言にしてむ。」とて、笑ひたまふ。
かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちにいれつべけれど、
「一つな落としそ。」と言へば、いかがはせむ。




現代語訳

中納言(隆家)が参上なさって、(中宮に)扇を差し上げなさる時に、「(私)隆家がすばらしい(扇の)骨を
手に入れてございます。それを、(扇の骨に紙を)張らせて差し上げようと思うが、(すばらしい骨に)
並み一通りの紙は張ることができそうにないので、(ふさわしいよい紙を)探しているのです。」と申し上げなさる。
「(その扇の骨は)どんなようすであるのか。」と(中宮が)おたずね申し上げなさると、(隆家は)
「なにもかもすばらしゅうございます。『まったくまだ見たことのない骨の様子だ。』と人々が申す。
ほんとうにこれほどの(すばらしい扇の骨)は見なかった。」と声高におっしゃるので、
(私が)「それでは扇の(骨)ではなくて、くらげの(骨)であるようだ。」と申し上げると、
(隆家は)「これ(=まだ見たことがない骨ならば、扇のではなくくらげの骨だろうというしゃれ)は
隆家のことばにしてしまおう。」といって、お笑いになる。
このようなことこそは、聞き苦しいことの部類にいれてしまうべきだが、(人々が)
「ひとつも書き落とさないでくれ。」というので、どうしようもない。



枕草子 中納言参りたまひて 解説

枕草子 中納言参りたまひて 問題

枕草子 一覧

ナビゲーション