本文へスキップ

楽古文
枕草子 中納言参りたまひて 問題
      中納言参りたまひて、御扇奉らせたまふに、


 中納言参りたまひて、御扇奉らせたまふに、「隆家こそいみじき骨は得てはべれ。それを張らせて参らせむとするに、おぼろけの紙は
え張るまじければ、求めはべるなり。」と申したまふ。「いかやうにかある。」と問ひきこえさせたまへば、「すべていみじうはべり。『さらにまだ見ぬ
骨のさまなり。』となむ人々申す。まことにかばかりのは見えざりつ。」と言高くのたまへば、「さては、扇のにはあらで、くらげのななり。」と
聞こゆれば、「これ隆家が言にしてむ。」とて、笑ひたまふ。
 かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちにいれつべけれど、「一つな落としそ。」と言へば、いかがはせむ。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)中納言         ちゅうなごん

 2)扇           おうぎ
 3)言高く          ことたかく

2 『枕草子』の作者は誰か。また、この作者が仕えた中宮の名を答えなさい。
   清少納言 ・ 中宮定子

3 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
 1)隆家こそいみじき骨は得てはべれ。   結びの語は「はべれ」。ラ行変格活用動詞「はべり」の已然形
 2)いかやうにある。         結びの語は「ある」。ラ行変格活用動詞「あり」の連体形

 3)かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど、「一つな落としそ」と言へば、いかがはせむ。
           当然の助動詞「べし」の已然形「べけれ」で結びになるはずが、接続助詞「ど」がつくことで結びが流れている


4 本文中の発言はそれぞれ誰のものか。記号で答えなさい。(重複あり)
 1)「隆家こそいみじき骨は得てはべれ。……求めはべるなり。」     (  )
 2)「いかやうにかある。」                    (  )
 3)「すべていみじうはべり。……かばかりのは見えざりつ。」       (  )
 4)「さては、扇のにはあらで、くらげのななり。」            (  )

 5)「これ隆家が言にしてむ。」                  (  )
 6)「一つな落としそ」                     (  )

  ア 作者    イ 作者のまわりの人々(女房たち)    ウ 中宮定子    エ 中納言隆家    オ 世間の人々

5 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)それを張らて参らせむとするに、         使役の助動詞「す」の連用形
 2)それを張らせて参らむとするに、         サ行下二段活用動詞「参らす」の未然形の活用語尾
 3)おぼろけの紙はえ張るまじければ、求めはべるなり。   断定の助動詞「なり」の終止形
 4)さては、扇のにはあらで、くらげのななり。       伝聞推定の助動詞「なり」の終止形
 5)これ隆家が言にしむ。             強意の助動詞「つ」の未然形

6 下線部の敬語表現について敬語の種類と、誰から誰への敬意を表しているかを答えなさい。
 1)中納言参りたまひて、御扇奉らせたまふに、       参り=謙譲・作者から中宮へ
                                   たまひ=尊敬・作者から中納言隆家へ
 2)「隆家こそ……求めはべるなり。」と申したまふ。     はべる=丁寧・中納言隆家から中宮へ
 3)「さては、扇のにはあらで、くらげのななり。」と聞こゆれば、  聞こゆれ=謙譲・作者から中納言隆家へ
 4)「これ隆家が言にしてむ。」とて、笑いたまふ。      たまふ=尊敬・作者から中納言隆家へ

7 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)中納言参りたまひて、御扇奉らせたまふに、       参上なさって
 2)隆家こそいみじき骨は得てはべれ。           すばらしい
 3)それを張らせて参らせむとするに、            差し上げよう
 4)おぼろけの紙はえ張るまじければ、            並み一通りの
 5)「これ隆家が言にしてむ。」               ことばにしてしまおう
 6)かやうのことこそは、かたはらいたきことにいれつべけれど、   聞き苦しいこと

8 下線部を現代語訳しなさい。
 1)おぼろけの紙はえ張るまじければ、           張ることができそうにないので
 2)いかやうにかある。」と問ひきこえさせたまへ       どのようであるのか
 3)さらにまだ見ぬ骨のさまなり。」と人々申す。       まったく見たことのない扇の骨の様子である
 4)さては、扇のにはあらで、くらげのななり。」と聞こゆれば、  それでは、扇のではなくて、くらげのであるようです
 5)一つな落としそ。」と言へば、いかがはせむ。       一つも落とすな ・ どうしようか、どうしようもない


9 文章の内容と合致すると思われるものを二つ選んで、記号で答えなさい。
  ア 作者のもとに中納言隆家がやってきて、作者に扇をくださった。    
  イ 中納言隆家はすばらしい扇の骨を持っているが、誰もまだその骨を見ていない。  
  ウ 中宮は隆家の持っている扇の骨を受け取って、並み一通りでなくすばらしい紙を張らせようと思っている。 
  エ 中納言隆家は、すばらしい扇の骨にふさわしい紙を張って、中宮に差し上げようと思っている。    
  オ 中納言隆家が、まだ誰も見たことのないような扇の骨だといったので、中宮はそれではくらげの骨のようだとおっしゃった。 
  カ 作者は、自分の言葉が中納言隆家に気に入られたことを書くのは「かたはらいたきこと」と謙遜している。  
  キ 中宮は作者に、宮仕えでの出来事を一つも書き落とさないように、とおっしゃった。   
                                            (  ・  )

   ア・中納言は中宮に扇を差し上げた。 イ・扇の骨を見た人が、まだ見たこともないほどすばらしい、といった。 ウ・中宮は骨を受け取っていない。
   オ・くらげの骨のようだと言ったのは作者。(「聞こゆれば」と謙譲表現になっている) キ・言ったのは、まわりの女房。尊敬表現になっていない。



枕草子  一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション