本文へスキップ

楽古文
枕草子 二月つごもりごろに 問題
      二月つごもりごろに、風いたう吹きて、


 二月つごもりごろに、風いたう吹きて、空いみじう黒きに、雪少しうち散りたるほど、黒戸に主殿寮来て、「かうて候ふ。」と言へば、
寄りたるに、「これ、公任の宰相殿の。」とてあるを見れば、懐紙に、
  少し春ある心地こそすれ
とあるは、げに今日のけしきにいとよう合ひたるを、これが本はいかでかつくべからむと、思ひわづらひぬ。「たれたれか。」と問へば、
「それそれ。」と言ふ。みないとはづかしき中に、宰相の御いらへを、いかでかことなしびに言ひ出でむと、心一つに苦しきを、
御前に御覧ぜさせむとすれど、上のおはしまして大殿籠りたり。主殿寮は、「とく、とく。」と言ふ。げに、おそうさへあらむは、
いととりどころなければ、さはれとて、
  空寒み花にまがへて散る雪に
と、わななくわななく書きて取らせて、いかに思ふらむと、わびし。
 これがことを聞かばやと思ふに、そしられたらば聞かじとおぼゆるを、「俊賢の宰相など、『なほ、内侍に奏してなさむ。』となむ、
定め給ひし。」とばかりぞ、左兵衛督の、中将におはせし、語り給ひし。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)二月          きさらぎ

 2)主殿寮         とのもづかさ
 3)大殿籠る        おおとのごもる
 4)内侍          ないし


2 作者が「少し春ある心地こそすれ」の上の句をつけるのに思い悩んだのはなぜか。
   下の句をよこしたのが、当時随一の知識人である藤原公任で、ふさわしい上の句は簡単には詠むことができず、
  また、同席の人々もりっぱな人ばかりで、批評されることに気おくれしたから。

3 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
 1)これが本はいかでつくべからむと、思ひわづらひぬ。   結びの語は「む」。推量の助動詞「む」の連体形
 2)「俊賢の宰相など……定め給ひし。」とばかり、左兵衛督の、中将におはせし、語り給ひし。
                         結びの語は「し」(「語り給ひし」の「し」)。過去の助動詞「き」の連体形


4 下線部の動作の主体(主語)は誰か。記号で答えなさい。(重複あり)
 1)黒戸に主殿寮来て、「かうて候ふ。」と言へば、寄りたるに、       (  )
 2)これが本はいかでかつくべからむと、思ひわづらひぬ。          (  )
 3)「たれたれか。」と問へば、「それそれ。」と言ふ。           (  )
 4)心一つに苦しきを、御前に御覧ぜさせむとすれど、           (  )

 5)わななくわななく書きて取らせて、いかに思ふらむと、わびし。       (  )
 6)これがことを聞かばやと思ふに、そしられたらば聞かじとおぼゆるを、     (  )

  ア 作者    イ 主殿寮    ウ 中宮定子    エ 公任たち    オ 一条天皇    カ 俊賢の宰相

5 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)御前に御覧ぜさせとすれど、           意志の助動詞「む」の終止形
 2)いかに思ふらむと、わびし。             現在推量の助動詞「らむ」の連体形
 3)げに、おそうさへあらむは、いととりどころなければ、     添加の副助詞
 4)これがことを聞かばやと思ふに、           願望の終助詞
 5)そしられたらば聞かとおぼゆるを、          打消意志の助動詞「じ」の終止形

6 下線部の敬語表現について敬語の種類と、誰から誰への敬意を表しているかを答えなさい。
 1)御前に御覧ぜさせむとすれど、上のおはしまして大殿籠りたり。          大殿籠り=尊敬・作者から中宮へ
 2)「俊賢の宰相など、『なほ、内侍に奏してなさむ。』となむ、定め給ひし。」      奏し=謙譲・俊賢の宰相から天皇へ
 3)「俊賢の宰相など、『なほ、内侍に奏してなさむ。』となむ、定め給ひし。」      給ひ=尊敬・左兵衛督から俊賢の宰相へ
 4)「俊賢の……定め給ひし。」とばかりぞ、左兵衛督の、中将におはせし、語り給ひし。 給ひ=尊敬・作者から左兵衛督へ

7 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)二月つごもりごろに、風いたう吹きて、        月末
 2)げに今日のけしきにいとよう合ひたるを、        ほんとうに
 3)これがはいかでかつくべからむ、と思ひわづらひぬ。  上の句・思い悩んだ
 4)みないとはづかしき中に、宰相の御いらへを、     りっぱな・お返事
 5)空寒み花にまがへて散る雪に           空が寒いので
 6)これがことを聞かばやと思ふに、          聞きたい

8 下線部を現代語訳しなさい。
 1)いかでかことなしびに言ひ出でむと、心一つに苦しきを、     どうしてなんでもないふうに言い出せようか、いや言い出せない
 2)げに、おそうさへあらむは、いととりどころなければ、       へたなうえにおそくまであるようなのは
 3)いかに思ふらむと、わびし。                どのように思っているだろうかと、心細くつらい
 4)そしられたらば聞かじとおぼゆるを、             もしけなされているなら聞くまいと思われる
 5)「俊賢の宰相など、『なほ、内侍に奏してなさむ。』となむ、…」   やはり、天皇に申し上げて内侍にしよう


9 以下の設問の答えとして適切なものを、後の選択肢から選んで、記号で答えなさい。
 1)作者に「少し春ある心地こそすれ」と書いた懐紙を手渡したのは誰か。       (  )
 2)作者は上の句をつけるのに思い悩んで、誰に教示を受けようと思ったか。      (  )
 3)作者を内侍に昇進させるよう進言しようとしたのは誰か。             (  )
 4)作者のつけた上の句についての評価を、作者に語ったのは誰か。          (  )

  ア 作者   イ 主殿寮   ウ 藤原公任   エ 中宮定子   オ 一条天皇   カ 俊賢の宰相   キ 左兵衛督(当時は中将)


10 公任がよこした下の句は何という詩文集をふまえたものか。また、作者の名を答えなさい。
  『白氏文集』・白居易(白楽天)


枕草子  一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション