本文へスキップ

楽古文
枕草子 あはれなるもの 問題
      あはれなるもの、孝ある人の子。


 あはれなるもの、孝ある人の子。よき男の若きが御嶽精進したる。立て隔てゐて、うち行ひたるあかつきの額など、いみじうあはれなり。
むつまじき人などの、目さまして聞くらむ思ひやる。まうづるほどのありさまいかならむなど、つつしみおぢたるに、平らかにまうで着きたるこそ、
いとめでたけれ。烏帽子のさまなどぞ、すこし人わろき。なほ、いみじき人と聞こゆれど、こよなくやつれてのみこそまうづと知りたれ。
 右衛門の佐宣孝と言ひける人は、「あぢきなきことなり。ただ清き衣を着てまうでむに、なでふことかあらむ。必ず、よも、あやしうてまうでよと、
御嶽さらにのたまはじ。」とて、三月、紫のいと濃き指貫、白き襖、山吹のいみじうおどろおどろしきなど着て、隆光が主殿の助には、
青色の襖、くれなゐの衣、すりもどろかしたる水干といふ袴を着せて、うちつづきまうでたりけるを、帰る人も今まうづるも、珍しうあやしきことに、
すべて昔より、この山にかかる姿の人見えざりつと、あさましがりしを、四月ついたちに帰りて、六月十日のほどに、筑前の守の死せしに
なりたりしこそ、げに言ひけるにたがはずもと聞こえしか。これは、あはれなることにはあらねど、御嶽のついでなり。
 男も女も、若く清げなるが、いと黒き衣を着たるこそあはれなれ。
 九月つごもり、十月ついたちのほどに、ただあるかなきかに聞きつけたるきりぎりすの声。にはとりの子いだきて伏したる。秋深き庭の浅茅に、
露のいろいろ、玉のやうにて置きたる。夕暮れ・あかつきに、川竹の風に吹かれたる、目さまして聞きたる。また、夜などもすべて。山里の雪。
思ひかはしたる若き人の中の、せくかたありて心にもまかせぬ。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)御嶽精進        みたけそうじ

 2)額           ぬか
 3)烏帽子         えぼし
 4)指貫          さしぬき
 5)袴           はかま

2 文中に登場する「右衛門の佐宣孝(藤原宣孝)」は誰の夫となった人物か。
   紫式部 (この御嶽参詣の数年後に結婚した)

3 御嶽参詣の際の服装について、世間一般の考えと、宣孝の考えをそれぞれ簡潔に答えなさい。
  世間一般の考え = 身分の高い人であっても、ひどくそまつな服装で参詣するのがよい。
  宣孝の考え   = 
清浄なものであればよく、華美な服装でもかまわない。

4 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
 1)平らかにまうで着きたるこそ、いとめでたけれ。     結びの語は「めでたけれ」。ク活用形容詞「めでたし」の已然形
 2)烏帽子のさまなど、すこし人わろき。        結びの語は「人わろき」。ク活用形容詞「人わろし」の連体形

 3)なでふことあらむ。               結びの語は「む」。推量の助動詞「む」の連体形
 4)筑前の守の死せしになりたりしこそ、げに言ひけるにたがはずもと聞こえしか。
                         結びの語は「しか」。過去の助動詞「き」の已然形


5 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)平かまうで着きたるこそ、いとめでたけれ。        (  )
 2)御嶽さらのたまはじ。                (  )
 3)これは、あはれなることはあらねど、御嶽のついでなり。   (  )
 4)川竹の風吹かれたる、目さまして聞きたる。       (  )

  ア 格助詞    イ 接続助詞    ウ 完了の助動詞「ぬ」の連用形    エ 断定の助動詞「なり」の連用形
  オ 副詞の一部    カ ナリ活用形容動詞の連用形の活用語尾


6 下線部の格助詞「の」の用法として適切なものを選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)よき男若きが御嶽精進したる。          (  )
 2)むつまじき人など、目さまして聞くらむ思ひやる。    (  )
 3)山にかかる姿の人見えざりつと、         (  )
 4)にはとり子いだきて伏したる。           (  )

  ア 主語を表す(主格)   イ 連体修飾語をつくる(連体格)   ウ 同格の意を表す(同格)   エ 体言に準じた働きをする(準体格)

7 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)むつまじき人などの、目さまして聞くらむ思ひやる。        現在推量の助動詞「らむ」の連体形
 2)よも、あやしうてまうでよと、御嶽さらにのたまは。        打消推量の助動詞「じ」の終止形
 3)帰る人も今まうづるも、珍しうあやしきことに、          シク活用形容詞「珍し」の連用形「珍しく」のウ音便
 4)この山にかかる姿の人見えざりつと、あさましがりしを、       ラ行四段活用動詞「あさましがる」の連用形
 5)川竹の風に吹かれたる、目さまして聞きたる。          存続の助動詞「たり」の連体形
 6)思ひかはしたる若き人の中の、せくかたありて心にもまかせ。    打消の助動詞「ず」の連体形

8 文中に記された月の名について、読みを答えなさい。
  三月 = やよひ   四月 = うづき    六月 = みなづき   九月 = ながつき   十月 = かみなづき(かんなづき)

9 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)あはれなるもの、孝ある人の子。               しみじみと趣深いもの
 2)烏帽子のさまなどぞ、すこし人わろき。             みっともない
 3)あぢきなきことなり。                     つまらないこと
 4)この山にかかる姿の人見えざりつと、あさましがりしを、        おどろきあきれた
 5)若く清げなるが、いと黒き衣を着たるこそあはれなれ。        すっきりと美しい

10 下線部を現代語訳しなさい。
 1)ただ清き衣を着てまうでむに、なでふことかあらむ。       なにごとがあろうか、何の問題もなかろう
 2)あやしうてまうでよと、御嶽さらにのたまはじ。         けっしておっしゃらないだろう
 3)げに言ひけるにたがはずもと聞こえしか。          なるほど言ったことに相違なかったよ
 4)思ひかはしたる若き人の中の、せくかたありて心にもまかせぬ。  さえぎることがあって心のままにならないこと


枕草子  一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション