本文へスキップ

楽古文
枕草子






(1)春はあけぼの   春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは
現代語訳  解説  問題
(2)木の花は   木の花は、濃きも薄きも紅梅。桜は、花びら大きに
現代語訳  解説  問題
(3)鳥は     鳥は、異所のものなれど、鸚鵡、いとあはれなり。
現代語訳  解説  問題
(4)ありがたきもの      ありがたきもの、舅にほめらるる婿。
現代語訳  解説  問題
(5)かたはらいたきもの かたはらいたきもの、よくも音弾きとどめぬ
現代語訳  解説  問題
(6)中納言参りたまひて  中納言参りたまひて、御扇奉らせたまふに
現代語訳  解説  問題
(7)二月つごもりごろに    二月つごもりごろに、風いたう吹きて
現代語訳  解説  問題
(8)あはれなるもの        あはれなるもの、孝ある人の子。
現代語訳  解説  問題
(9)はしたなきもの    はしたなきもの、異人を呼ぶに、われぞと
現代語訳  解説  問題
(10)関白殿、黒戸より     関白殿、黒戸よりいでさせたまふとて
現代語訳  解説  問題
(11)九月ばかり、夜一夜   九月ばかり、夜一夜降り明かしつる雨の
現代語訳  解説  問題



ナビゲーション