本文へスキップ

楽古文
枕草子 春はあけぼの 現代語訳  
      春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは



春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。

夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。
雨など降るもをかし。

秋は夕暮れ。夕日のさして、山のはいと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。
まいて雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。
日入りはてて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。

冬はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、
炭もて渡るもいとつきづきし。
昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。




現代語訳

春はあけぼの(が趣深い)。だんだんとしろくなってゆく山ぎわ(山の稜線に接する空の部分)が少し赤みを帯びて
(または「少し明るくなって」)、紫がかった雲が細くたなびいている(ところが趣深い)。

夏は夜(が趣深い)。月のころはいうまでもなく、闇の夜もやはり、蛍がたくさん飛びちがっている(ところが趣深い)。
また、ただ一つ二つなど、ほのかに光って飛んで行くのも風情がある。雨などが降るのも趣がある。

秋は夕暮れ(が趣深い)。夕日がさして山のは(山の稜線)にたいそう近くなっているころに、烏がねぐらにもどろうとして、
三羽四羽、二羽三羽など、急いで飛んでいくのまでもしみじみと感じられる。
まして、雁などの列を作っているのが、とても小さく見えるのは、たいそう趣がある。
日がすっかり沈んで、風の音や虫の音など、またあらためていうまでもない(ほどいい)。

冬は早朝(が趣深い)。雪が降っているときはいうまでもなく、霜がとても白いときも、またそうでなくてもとても寒いときに、
火などを急いでおこして、炭を持って(部屋へと廊下を)通って行くのもとても(冬の早朝に)似つかわしい。
昼になって、(気温が)暖かくなり、(寒さが)ゆるくなっていくと、火桶(丸型の火鉢)も白い灰がちになってよくない。


枕草子(1) 春はあけぼの 解説

枕草子(1) 春はあけぼの 問題

枕草子 一覧


ナビゲーション