本文へスキップ

楽古文
枕草子 春はあけぼの 問題  
      春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは


 春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。
 夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。
 秋は夕暮れ。夕日のさして、山のはいと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。日入りはてて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。
 冬はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭もて渡るもいとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。
                                            

問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 次の語の文中での読みを現代仮名遣いで書きなさい。
 1)            ほたる
 2)烏         からす
 3)虫の音         むしのね
 4)火桶           ひおけ

2 下線部の語の意味として適切なものを後から選んで記号で答えなさい。
 1)やうやうしろくなりゆく山ぎは、すこしあかりて、      (  )              
 2)月のころはさらなり                (  )
 3)雨など降るもをかし               (  )         
 4)夕日のさして、山のはいと近うなりたるに、       (  )         

 5)三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。   (  )         
 6)霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに        (  )     
 7)火桶の火も白き灰がちになりてわろし        (  )

  ア そうでなくても   イ 山に接している空の部分    ウ 山の、空に接している部分。山の稜線    エ よくない
  オ しみじみとした趣がある    カ 趣がある。風情がある。おもしろい    キ いうまでもない。もちろんのことだ


3 下線部の語の文中での意味を答えなさい。
 1)やうやうしろくなりゆく山ぎは           だんだん しだいに
 2)闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる。         やはり
 3)まいて雁などのつらねたるが、          まして)

 4)風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。    また
 5)冬はつとめて                早朝
 6)炭もて渡るもいとつきづきし           似つかわしい ふさわしい 調和している

4 「昼になりて、ぬるくゆるびもていけば」とは、なにがぬるくゆるんでいくのか。
     寒さ・寒気

5 「春はあけぼの」「雲のほそくたなびきたる」などのあとには、どんな語を補って解釈するとよいか。文中の形容詞を抜き出して答えなさい。
     をかし

6 『枕草子』の作者を答えなさい。
     清少納言

7 『枕草子』と並び、三大随筆といわれるほかの二作品をあげて、その作者も答えなさい。

     作品        作者

  ( 方丈記   鴨長明        )
  ( 徒然草   兼好法師 (吉田兼好) )

枕草子  一覧

練習問題
 一覧


  

ナビゲーション