本文へスキップ

楽古文
「なり」の識別

「なり」の識別

1 ラ行四段活用動詞「なる」の連用形
   例:
子となり給ふべき人なめり。 (子におなりになるはずの人であるのだろう。)
      「(…に・…と)なる」意を表す。文節に区切ると、自立語と判断できる。

2 ナリ活用の形容動詞の終止形(または連用形)の語尾
   例:
庭のさまもあはれなり。 (庭の様子もしみじみとした情趣がある。)
      「なり」の上の語が一語として独立しない。「……なり」の形で状態様子を表している。

3 断定の助動詞「なり」の終止形(または連用形)
   例:
きはめて愚かなる人なり。 (たいそう愚かな人である。)
      体言(名詞)または連体形につく。

4 伝聞推定の助動詞「なり」の終止形
   例:
侍従の大納言の御娘なくなりたまひぬなり。 (侍従の大納言の御娘がおなくなりになったということだ。)
      終止形につく。ラ変型活用の語には連体形につく。


 
助動詞「なり」が断定か伝聞推定かは上の語との接続により見分ける
  体言(名詞)または連体形についていれば、断定
  
終止形(ラ変型活用の語には連体形)についていれば、伝聞推定

  次のような場合、接続から見分けることができない。

  ・上の語がラ変型活用の語の場合(断定も伝聞推定も連体形につく)
  ・上の語が四段活用動詞・上一段活用動詞の場合(終止形と連体形が同じ形)
    
この場合以下のように識別する。

  @ 直前の語が撥音便(「ん」が表記されないことが多い)            → 伝聞推定
  A 「なり」自体が撥音便(「ん」が表記されないことが多い)          → 断定
  B 「なりけり」「なりとも」の形をとる場合                  → 断定
  C 
など・なぞ」等の疑問語を伴っている場合や、「べし・めり」等の推量系助動詞とともに用いられている場合
                                         → 断定
  D 話し手自身が主語となる文の述語中に「なり」がある場合           → 断定
  E 
物音・声など、音声に関わるものによって判断している場合(特に和歌に多い) → 伝聞推定(推定)
 

ナビゲーション