本文へスキップ

楽古文
「に」の識別

「に」の識別

1 ナ変動詞の連用形の語尾
   例:
我も死、聖も失せなば尋ね聞きてむや。 (私も死んで、聖も亡くなってしまったならば尋ね聞いてくれないか。)
      直前の部分とあわせて「死に(しに)」「去に・往に(いに)」の形になっている。

2 ナリ活用の形容動詞の連用形語尾
   例:
寂光院と申す所こそ静かさぶらへ。 (寂光院と申し上げる所が静かでございます。)
      「に」の上の語が一語として独立しない。終止形が「……なり」となって状態様子を表す。

3 副詞の一部
   例:
この川に男一人流れて、すで死なむとす。 (この川で一人の男が流されて、まさに死にそうである。)
      直前の部分とともに一語となっている。活用せず、主に用言を修飾している。

4 完了の助動詞「ぬ」の連用形
   例:
親たちは早く失せたまひき。 (親たちは早くにお亡くなりになってしまった。)
      完了の「ぬ」は連用形につくので「に」の上の語が連用形となっている。

5 断定の助動詞「なり」の連用形
   例:
なぞ犬のかく久しく鳴くかあらむ。 (どうして犬がこのように長く鳴くのであろうか。)
       断定の「なり」は体言または連体形につくので「に」の上の語が体言または連体形となっている。
     「で・であって」の意となり、多く下方に存在語がある。
    (存在語とは、「あり」、「ありの尊敬語の「おはす・おはします・ます・まします・いまそかり」、
        「あり
の丁寧語の「侍り・候ふ」のこと。)

      あり」「て」「して」などの形で用いられる。

6 格助詞「に」
   例:
桂川、月の明かきぞわたる。 (桂川を、月の明るいときに渡る。)
     体言か連体形につき、下方に存在語がない。
     また、連体形につく場合は「に」の直前に「人・もの・こと・とき・所」などの体言を補うことができる。

7 接続助詞「に」(順接または逆接)
   例:
「はや舟に乗れ。(中略)」と言ふ、乗りて…… (「はやく舟に乗れ。(中略)」と言うので、乗って……)
      :梅は咲きたる、うぐひすは鳴かず。 (梅は咲いたのに、うぐいすは鳴かない。)

      体言か連体形につき、下方に存在語がない。
     順接であるか逆接であるかは、前後の文意から判断する。
     格助詞「に」と接続助詞「に」は判別しづらい場合がある。「に」は本来格助詞であったので、
     どちらにもとれそうで判断に迷う場合は格助詞と考えるのを基本とするとよい。

8 打消の助動詞「ず」の連用形
   例:
言はむすべ せむすべ知ら ……        (万葉集)   (どう言ったらよいか、どうしたらよいかわからないで……)
      上代特有の語法
     
 

ナビゲーション