本文へスキップ

楽古文
奥の細道 旅立ち 問題
      月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。


 月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日々旅にして、
旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。
 予も、いづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年の秋、江上の破屋に蜘蛛の古巣を払ひて、
やや年も暮れ、春立てる霞の空に、白河の関越えんと、そぞろ神のものにつきて心を狂はせ、道祖神の招きにあひて取るもの手につかず、
ももひきの破れをつづり、笠の緒つけかへて、三里に灸据うるより、松島の月まづ心にかかりて、住める方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、
  草の戸も住み替はる代ぞ雛の家
表八句を庵の柱に掛けおく。

 弥生も末の七日、あけぼのの空朧々として、月は有明にて光をさまれるものから、富士の峰かすかに見えて、上野・谷中の花の梢、
またいつかはと心細し。むつまじき限りは宵より集ひて、舟に乗りて送る。千住といふ所にて舟を上がれば、
前途三千里の思ひ胸にふさがりて、幻のちまたに離別の涙をそそぐ。
  行く春や鳥啼き魚の目は涙
これを矢立ての初めとして、行く道なほ進まず。人々は途中に立ち並びて、後ろ影の見ゆるまではと、見送るなるべし。
 今年、元禄二年にや、奥羽長途の行脚、ただかりそめに思ひ立ちて、呉天に白髪の恨みを重ぬといへども、
耳に触れていまだ目に見ぬ境、もし生きて帰らばと、定めなき頼みの末をかけ、その日やうやう草加といふ宿にたどり着きにけり。
痩骨の肩にかかれる物、まづ苦しむ。ただ身すがらにと出で立ちはべるを、紙子一衣は夜の防ぎ、ゆかた・雨具・墨・筆のたぐひ、
あるはさりがたきはなむけなどしたるは、さすがにうち捨てがたくて、路次の煩ひとなれるこそわりなけれ。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)百代の過客        はくたいのかかく

 2)            すみか
 3)去年           こぞ
 4)弥生           やよい
 5)行脚           あんぎゃ

2 『奥の細道』の作者と、文学的ジャンルを答えなさい。
   松尾芭蕉 ・ 紀行文

3 「舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者」とは、それぞれどのような人か。
  舟の上に生涯を浮かべ     = 船頭
  馬の口とらへて老いを迎ふる者 = 
馬子

4 「古人も多く旅に死せるあり」の「古人」に該当する人物を国内・国外それぞれ二名ずつあげなさい。
  国内 = 西行・宗祇    国外 = 李白・杜甫

5 下線部の後に省略されていると思われる語を答えなさい。
 1)上野・谷中の花の梢、またいつかはと心細し。          見む
 2)今年、元禄二年にや、                   あらむ


6 下線部の「る」のうち文法的性質の違うものを一つ選び、その記号を答えなさい。
  ア 古人も多く旅に死せあり。
  イ 春立て霞の空に、白河の関越えんと、
  ウ 三里に灸据うより、松島の月まづ心にかかりて、
  エ 路次の煩ひとなれこそわりなけれ。         (  )ウは動詞の一部、アイエは完了・存続の助動詞「り」の連体形

7 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)富士の峰かすか見えて、        (  )
 2)幻のちまた離別の涙をそそぐ。      (  )
 3)今年、元禄二年や、          (  )
 4)草加といふ宿にたどり着きけり。      (  )

  ア 格助詞   イ 接続助詞   ウ 完了の助動詞「ぬ」の連用形   エ 断定の助動詞「なり」の連用形   オ 形容動詞の連用形活用語尾

8 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)古人も多く旅に死せるあり。             サ行変格活用動詞「死す」の未然形
 2)漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ         ハ行下二段活用動詞「さすらふ」の連用形
 3)春立てる霞の空に、白河の関越えと、        意志の助動詞「む(ん)」の終止形
 4)あけぼのの空朧々として、              タリ活用形容動詞「朧々たり」の連用形
 5)後ろ影の見ゆるまではと、見送るなるべし        推量の助動詞「べし」の終止形
 6)路次の煩ひとなれるこそわりなけれ。          ク活用形容詞「わりなし」の已然形

9 「江上の破屋」とは、「川のほとりのあばらや」という意味だが、
 1)具体的にどこを指すかを答えなさい。
   隅田川のほとりの芭蕉庵

 2)「江上の破屋」と同じものを指す語を文中から抜き出しなさい。
   住める方・草の戸・庵

10 下線部を現代語訳しなさい。
 1)月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。    永遠にとどまることのない旅人
 2)あけぼのの空朧々として、月は有明にて光をさまれるものから 月は有明の月で光が淡くなっているので(または、「いるけれども」)
 3)幻のちまたに離別の涙をそそぐ。             幻のようにはかないこの世、この町
 4)あるはさりがたきはなむけなどしたるは、            辞退しがたい餞別
 5)さすがにうち捨てがたくて、路次の煩ひとなれるこそわりなけれ  道中の苦しみの種になっているのはやむをえないことだ

11 下線部を言葉を補って現代語訳しなさい。
 1)予も、いづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず
    ちぎれ雲が風に誘われて空を漂うように、あてのない旅にさまよい出たいという思いがやむことなく、

 2)上野・谷中の花の梢、またいつかはと心細し
    またいつ眺めることができるだろうかと心細く思われる

 3)前途三千里の思ひ胸にふさがりて、幻のちまたに離別の涙をそそぐ。
    はるかに遠い土地へと旅立つのだという感慨が胸にいっぱいになって

 4)これを矢立ての初めとして、行く道なほ進まず
    旅の記の書きはじめとして旅の第一歩を踏み出したが、名残惜しさに行程はなかなかはかどらない

12 「弥生も末の七日」とは、何月何日か。
   (陰暦)三月二十七日 (現在の暦でいうと五月の中旬)

13 空欄を埋めて、『奥の細道』についての説明を完成させなさい。
 『奥の細道』は、元禄二年(1689)の春から秋にかけて( ア )が門人( イ )を伴って( ウ )・北陸地方を行脚し、大垣にいたった旅行記である。
 冒頭の「月日は百代の過客にして」は( エ )の文「夫れ天地は万物の逆旅にして、光陰は百代の過客なり」によるものである。また、
 「春立てる霞の空に、白河の関越えんと」は、( オ )の歌、 「都をば霞とともに立ちしかど秋風ぞ吹く白河の関」ふまえている。このような
 古典作品をとりいれた表現は文章中のあちこちに見られ、重層的な深い余情を生み出している。そのほか、ことばの形や意味が対になっている句を並べる
 ( カ )の表現も多く用いられて、対比により意味が深く、余情豊かになっている。
簡潔で含蓄に富む文と俳句とがみごとに調和し、このような文は
 ( キ )と呼ばれる。文学的ジャンルは( ク )である。

  ア 松尾芭蕉   イ 曾良      ウ 奥羽(東北)  エ 李白 
  オ 能因法師   カ 対句      キ 俳文      ク 紀行文  


14 「草の戸も…」の句の解釈として、あてはまるものを以下からすべて選びなさい。
  ア 芭蕉はわびしい草庵から雛を飾る住まいに引っ越すことになった。    
  イ 芭蕉が草庵から引っ越すときに雛を飾っておいた。
  ウ 芭蕉には雛を飾るような子どもがいなかったが、芭蕉の後に草庵に住む人には子どもがいる
  エ わびしい草庵も、住む人がかわることで本来の雛の家の役割を果たせると喜んでいる。
  オ 世の流転が主のかわる草庵にも見て取れる。          
  カ いままでさびしかった草庵にも新しい主がきて、雛をかざり、はなやかになるだろう、と感慨を込めている。
                                             ( ウ・オ・カ )


15 「行く春や…」の句に表された心情についてあてはまるものを以下から二つ選びなさい。
  ア 春を惜しむ気持ち      イ 生き物をあわれむ気持ち      ウ 別離を悲しむ気持ち      エ 春に旅立つ喜び
  オ 魚が泣くなど自然の理不尽さ      カ 鳥や魚も悲しむのだと気付いた驚き
                                            ( ア・ウ )




奥の細道 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション