本文へスキップ

楽古文
大鏡 道長と隆家 問題
      この中納言は、かやうにえさりがたきことのをりをり


 この中納言は、かやうにえさりがたきことのをりをりばかりありきたまひて、いといにしへのやうに交ろひたまふことはなかりけるに、
入道殿の土御門殿にて御遊びあるに、「かやうのことに、権中納言のなきこそ、なほさうざうしけれ。」とのたまはせて、
わざと御消息聞こえさせたまふほど、杯あまたたびになりて、人々乱れたまひて、紐おしやりて候はるるに、この中納言参りたまへれば、
うるはしくなりて、居直りなどせられければ、殿、「とく御紐解かせたまへ。こと破れ侍りぬべし。」と仰せられければ、かしこまりて
逗留したまふを、公信卿、後ろより、「解き奉らむ。」とて寄りたまふに、中納言御けしきあしくなりて、「隆家は不運なることこそあれ、
そこたちにかやうにせらるべき身にもあらず。」と荒らかにのたまふに、人々御けしき変はりたまへる中にも、今の民部卿殿は、うはぐみて、
人々の御顔をとかく見たまひつつ、「こと出で来なむず。いみじきわざかな。」とおぼしたり。
 入道殿、うち笑はせたまひて、「今日はかやうのたはぶれごと侍らでありなむ。道長解き奉らむ。」とて、寄らせたまひて、はらはらと
解き奉らせたまふに、「これらこそあるべきことよ。」とて、御けしき直りたまひて、さし置かれつる杯取りたまひて、あまたたび召し、
常よりも乱れ遊ばせたまひけるさまなど、あらまほしくおはしけり。殿もいみじうぞもてはやし聞こえさせたまうける。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)土御門殿         つちみかどどの

 2)権中納言         ごんちゅうなごん
 3)杯            さかずき
 4)紐            ひも

2 中納言、入道殿とは誰のことか。
  中納言 = 藤原隆家
  入道殿 = 藤原道長


3 文中の会話部分について、誰の発言かを記号で答えなさい。(重複あり)
 1)「かやうのことに、権中納言のなきこそ、なほさうざうしけれ。」       (  )
 2)「とく御紐解かせたまへ。こと破れ侍りぬべし。」            (  )
 3)「解き奉らむ。」                        (  )
 4)「隆家は不運なることこそあれ、そこたちにかやうにせらるべき身にもあらず。」 (  )
 5)「今日は、かやうのたはぶれごと侍らでありなむ。道長解き奉らむ。」     (  )
 6)「これらこそあるべきことよ。」                    (  )

  ア 入道殿    イ 中納言    ウ 人々    エ 公信卿    オ 民部卿殿

4 「かやうのことに、権中納言のなきこそ」の「かやうのこと」とは何をさすか。文中から抜き出しなさい。
   御遊び

5 「今日は、かやうのたはぶれごと侍らでありなむ。」の「かやうのたはぶれごと」とは何をさすか。わかりやすく説明しなさい。
   隆家の着物の紐を解こうとした公信に対して隆家が怒ったこと。

6 下線部の係助詞の結びの語を指摘して、文法的に説明しなさい。
 1)かやうのことに、権中納言のなきこそ、なほさうざうしけれ。   さうざうしけれ:シク活用形容詞「さうざうし」の已然形
 2)殿もいみじうもてはやし聞こえさせたまうける。        ける:過去の助動詞「けり」の連体形

7 下線部の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり)
 1)人々乱れたまひて、紐押しやりて候はるるに     (  )
 2)うるはしくなりて、居直りなどられければ      (  )
 3)こと破れ侍りべし。              (  )
 4)殿、「…。」と仰せられければ           (  )
 5)そこたちにかやうにせらるべき身にもあらず。     (  )
 6)人々御けしき変はりたまへ中にも         (  )
 7)入道殿、うち笑はたまひて           (  )
 8)今日は、かやうのたはぶれごと侍らでありむ。    (  )

  ア 強意の助動詞の未然形    イ 強意の助動詞の終止形    ウ 完了の助動詞の連体形    エ 尊敬の助動詞の未然形
  オ 尊敬の助動詞の連用形    カ 尊敬の助動詞の連体形    キ 受身の助動詞の連用形    ク 受身の助動詞の終止形
  ケ 使役の助動詞の連用形    コ サ行変格活用動詞の未然形

8 下線部の敬語表現について、敬語の種類と誰から誰に対する敬意を表しているかを答えなさい。
 1)わざと御消息聞こえさせたまふほど、
    聞こえ = 謙譲      誰から= 大宅世継    誰に= 中納言(隆家)
    させ  = 尊敬      誰から= 大宅世継    誰に= 入道殿(道長)
    たまふ = 尊敬      誰から= 大宅世継    誰に= 入道殿(道長)
 2)この中納言参りたまへれば、うるはしくなりて
    参り  = 謙譲      誰から= 大宅世継    誰に= 入道殿(道長)
    たまへ = 尊敬      誰から= 大宅世継    誰に= 中納言(隆家)
 3)公信卿、後ろより、「解き奉らむ。」とて
    奉ら  = 謙譲      誰から= 公信卿     誰に= 中納言(隆家)
 4)「今日は、かやうのたはぶれごと侍らでありなむ。道長解き奉らむ。」
    侍ら  = 丁寧      誰から= 入道殿(道長) 誰に= 中納言(隆家)
    奉ら  = 謙譲      誰から= 入道殿(道長) 誰に= 中納言(隆家)

9 下線部の動作の主体(主語)は誰か、選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)この中納言参りたまへれば、うるはしくなりて、居直りなどせられければ     (  )
 2)殿、「…。」と仰せられければ、かしこまりて逗留したまふを          (  )
 3)「こと出で来なむず。いみじきわざかな。」とおぼしたり。           (  )
 4)寄らせたまひて、はらはらと解き奉らせたまふに              (  )
 5)「これらこそあるべきことよ。」とて、御けしき直りたまひて           (  )
 6)常よりも乱れ遊ばせたまひけるさまなど、あらまほしくおはしけり。        (  )

  ア 入道殿    イ 中納言    ウ (御遊びの場の)人々    エ 公信卿    オ 民部卿殿


10 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)入道殿の土御門殿にて御遊びあるに            管弦のお遊び
 2)わざと御消息聞こえさせたまふほど             ご案内
 3)かしこまりて逗留したまふを                恐縮して
 4)中納言御けしきあしくなりて                ご機嫌
 5)今日はかやうのたはぶれごと侍らでありなむ。         冗談

11 下線部を現代語訳しなさい。
 1)かやうにえさりがたきことのをりをりばかり                避けることができないこと
 2)かやうのことに、権中納言のなきこそ、なほさうざうしけれ。         やはりものたりないことだ
 3)隆家は不運なることこそあれ、そこたちにかやうにせらるべき身にもあらず。  不運な境遇ではあるけれど
 4)こと出で来なむず。いみじきわざかな。                きっとよくないことが起こるだろう
 5)寄らせたまひて、はらはらと解き奉らせたまふに             お解き申し上げなさる
 6)常よりも乱れ遊ばせたまひけるさまなど、あらまほしくおはしけり。       好ましくていらっしゃった



大鏡 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション