本文へスキップ

楽古文
大鏡 若き日の道長(二)肝試し1 問題
      さるべき人は、とうより御心魂の猛く、御守りも


 さるべき人は、とうより御心魂の猛く、御守りもこはきなめりとおぼえ侍るは、花山院の御時に、五月下つ闇に、五月雨も過ぎて、
いとおどろおどろしくかきたれ雨の降る夜、帝、さうざうしとやおぼしめしけむ、殿上に出でさせおはしまして、遊びおはしましけるに、
人々、物語申しなどしたまうて、昔恐ろしかりけることどもなどに申しなりたまへるに、「今宵こそいとむつかしげなる夜なめれ。
かく人がちなるだに、けしきおぼゆ。まして、もの離れたる所など、いかならむ。さあらむ所に一人いなむや。」と仰せられけるに、
「えまからじ。」とのみ申したまひけるを、入道殿は、「いづくなりともまかりなむ。」と申したまひければ、さるところおはします帝にて、
「いと興あることなり。さらば、行け。道隆は豊楽院、道兼は仁寿殿の塗籠、道長は大極殿へ行け。」と仰せられければ、
よその君達は、便なきことをも奏してけるかなと思ふ。
 また、承らせたまへる殿ばらは、御けしき変はりて、益なしとおぼしたるに、入道殿はつゆさる御けしきもなくて、「私の従者をば具し候はじ。
この陣の吉上まれ、滝口まれ、一人を『昭慶門まで送れ。』と仰せ言たべ。それより内には、一人入り侍らむ。」と申したまへば、
「証なきこと。」と仰せらるるに、「げに。」とて、御手箱に置かせたまへる小刀まして立ちたまひぬ。いま二所も、苦む苦むおのおのおはさうじぬ。
「子四つ。」と奏して、かく仰せられ議するほどに、丑にもなりにけむ。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)御時           おおんとき

 2)殿上           てんじょう
 3)君達           きんだち
 4)丑            うし

2 入道殿、承らせたまへる殿ばらとはそれぞれ誰のことか。
  入道殿 = 藤原道長
  承らせたまへる殿ばら = 藤原道隆・藤原道兼


3 文中の会話部分について、誰の発言かを記号で答えなさい。(重複あり)
 1)「今宵こそいとむつかしげなる夜なめれ。…」    (  )
 2)「えまからじ。」                (  )
 3)「いと興あることなり。さらば、行け。…」       (  )
 4)「私の従者をば具し候はじ。…」         (  )
 5)「証なきこと。」                (  )
 6)「げに。」                  (  )

  ア 花山天皇    イ 入道殿    ウ 道隆と道長と道兼    エ 人々    オ 道隆と道兼

4 「さるところおはします帝」とは花山天皇のどのような性格をいっているか。最も適当なものを選んで記号で答えなさい。
                                       (  )
  ア 変わったことに興味をもつ物好きなところがある性格
  イ どんなところでもお出かけになる向こう見ずなところがある性格
  ウ 言葉じりをとらえて相手を困らせる意地悪なところがある性格
  エ 自分の思い通りにしないと気がすまない横暴なところがある性格


5 「子四つ」「丑」とは時間を表す語であるが、それぞれ何時をさしているか。
  子四つ = 午前零時半ごろ
  丑   = 午前二時ごろの前後二時間


6 下線部の係助詞の結びの語を指摘して、文法的に説明しなさい。
 1)帝、さうざうしとおぼしめしけむ、      けむ:過去推量の助動詞「けむ」の連体形
 2)今宵こそいとむつかしげなる夜なめれ。    めれ:推量の助動詞「めり」の已然形

7 下線部について文法的に説明しなさい。
 1)今宵こそいとむつかしげなる夜めれ。  断定の助動詞「なり」の連体形「なる」の撥音便「なん」の「ん」無表記
 2)さあらむ所に一人いなむや。      ナ行変格活用動詞「いぬ」の未然形の活用語尾+推量の助動詞「む」の終止形
 3)いづくなりともまかりなむ。       強意の助動詞「ぬ」の未然形+意志の助動詞「む」の終止形
 4)便なきことをも奏しけるかなと思ふ。   完了の助動詞「つ」の連用形
 5)私の従者をば具し候は。      打消意志の助動詞「じ」の終止形
 6)丑にもなりけむ。          完了の助動詞「ぬ」の連用形

8 下線部の敬語表現について、敬語の種類と誰から誰に対する敬意を表しているかを答えなさい。
 1)帝、さうざうしとやおぼしめしけむ、殿上にいでさせおはしまし
    おぼしめし= 尊敬      誰から= 大宅世継    誰に= 花山天皇
    させ   = 尊敬      誰から= 大宅世継    誰に= 花山天皇
    おはしまし= 尊敬      誰から= 大宅世継    誰に= 花山天皇
 2)入道殿は、「いづくなりともまかりなむ。」と申したまひければ
    まかり  = 謙譲      誰から= 入道殿(道長)  誰に= 花山天皇
    申し   = 謙譲      誰から= 大宅世継    誰に= 花山天皇
    たまひ  = 尊敬      誰から= 大宅世継    誰に= 入道殿(道長)
 3)「私の従者をば具し候はじ。…『昭慶門まで送れ。』と仰せ言たべ。…一人入り侍らむ。」と申したまへば
    候は   = 丁寧      誰から= 入道殿(道長)  誰に= 花山天皇
    たべ   = 尊敬      誰から= 入道殿(道長)  誰に= 花山天皇
    侍ら   = 丁寧      誰から= 入道殿(道長)  誰に= 花山天皇

 4)「子四つ。」と奏して、かく仰せられ
    侍ら   = 謙譲      誰から= 大宅世継    誰に= 花山天皇

9 下線部の動作の主体(主語)は誰か、選んで記号で答えなさい。
 1)殿上に出でさせおはしまして、遊びおはしましけるに、人々、物語申しなど   (  )
 2)物語申しなどしたまうて、昔恐ろしかりけることどもなどに申しなりたまへるに   (  )
 3)いま二所も、苦む苦むおのおのおはさうじぬ。              (  )

  ア 入道殿    イ 花山天皇    ウ 人々    エ よその君達    オ 道隆と道兼
  カ 道隆と道兼と道長


10 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)御守りもこはきなめりとおぼえ侍るは。        堅くしっかりしている
 2)いとおどろおどろしくかきたれ雨の降る夜       非常に恐ろしく
 3)便なきことをも奏してけるかな           不都合な
 4)御けしき変はりて、益なしとおぼしたるに       困ったことだ
 5)「証なきこと。」と仰せらるるに、「げに。」とて     なるほど

11 下線部を現代語訳しなさい。
 1)帝、さうざうしとやおぼしめしけむ              心寂しいとお思いになったのだろうか
 2)今宵こそいとむつかしげなる夜なめれ。           気味の悪い夜であるようだ
 3)かく人がちなるだに、けしきおぼゆ。             ぶきみな感じがする
 4)えまからじ。」とのみ申したまひけるを            (退出して)参ることはできないだろう
 5)入道殿は、「いづくなりともまかりなむ。」と申したまひければ    どこであろうときっと参ろう
 6)いま二所も苦む苦むおのおのおはさうじぬ。          しぶしぶそれぞれお出かけになった



大鏡 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション