本文へスキップ

楽古文
大鏡 道長と伊周・弓争ひ 問題
      帥殿の、南の院にて、人々集めて弓あそばししに


 帥殿の、南の韻にて、人々集めて弓あそばししに、この殿渡らせたまへれば、思ひかけずあやしと、中の関白殿おぼし驚きて、
いみじう饗応し申させたまうて、下揩ノおはしませど、前に立て奉りて、まづ射させ奉らせたまひけるに、帥殿の矢数
いま二つ劣りたまひぬ。中の関白殿、また御前に候ふ人々も、「いまふたたび延べさせたまへ。」と申して、延べさせたまひけるを、
安からずおぼしなりて、「さらば述べさせたまへ。」と仰せられて、また射させたまふとて、仰せらるるやう、
「道長が家より、帝・后立ちたまふべきものならば、この矢当たれ。」と仰せらるるに、同じものを、中心には当たるものかは。
次に帥殿射たまふに、いみじう臆したまひて、御手もわななくけにや、的のあたりにだに近く寄らず、無辺世界を射たまへるに、
関白殿色青くなりぬ。また入道殿射たまふとて、「摂政・関白すべきものならば、この矢当たれ。」と仰せらるるに、
はじめの同じやうに、的の破るばかり、同じところに射させたまひつ。饗応し、もてはやし聞こえさせたまひつる興もさめて、
ことにがうなりぬ。父大臣、帥殿に、「何か射る。な射そ、な射そ。」と制したまひて、ことさめにけり。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 本文中の下線をつけた語はそれぞれ誰のことか。下から選んで記号で答えなさい。
 1)帥殿     (  )

 2)この殿     (  )
 3)中の関白殿  (  )
 4)入道殿    (  )
 5)父大臣    (  )

  ア 藤原道長    イ 藤原道隆    ウ 藤原伊周

2 中の関白殿やお仕えする人々が、「いまふたたび延べさせたまへ。」と言ったことについて
 1)なぜそのように言ったのか。もっとも適切なものを選んで記号で答えなさい。
                 (  )

  ア 帥殿が当たった矢の数で二つ負けたので、試合を延長して挽回させようとしたから。
  イ 弓の競技でみんな楽しく過ごしているので、このまま続けてもてなそうと思ったから。
  ウ 帥殿が負けてしまったが、試合の方法を変えれば気分が変わると思ったから。
  エ 道長の矢の腕前に感心して、もっと見たいと思ったから。


 2)そのことを「安からずおぼしなりて」とあるが、「安からず」お思いになったのは誰か。
   道長(この殿)

3 「御手もわななくけにや」のあとに省略されていると考えられる語句を答えなさい。
   あらむ

4 下線部の敬語表現について、敬語の種類と、誰に対する敬意を表しているかを答えなさい。
  中の関白殿おぼし驚きて、いみじう饗応し申させたまう
   申さ  敬語の種類 謙譲   誰に 道長(この殿)
   せ   敬語の種類 尊敬   誰に 道隆(中の関白殿)
   たまう 敬語の種類 尊敬   誰に 道隆(中の関白殿)


5 下線部の助動詞の説明として適切なものを選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)この殿渡らたまへれば       (  )
 2)この殿渡らせたまへば       (  )
 3)まづ射させ奉らせたまひけるに     (  )
 4)また射させたまふとて         (  )
 5)無辺世界を射たまへに       (  )
 6)「…この矢当たれ。」と仰せらるるに   (  )

  ア 使役・連用形   イ 尊敬・未然形   ウ 尊敬・連用形   エ 尊敬・連体形
  オ 受身・連体形   カ 可能・已然形   キ 完了・終止形   ク 完了・連体形
  ケ 完了・已然形   コ 使役・未然形

6 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり)
 1)おはしませど            (  )
 2)御手もわななくけ           (  )
 3)的のあたりにだ近く寄らず         (  )
 4)無辺世界を射たまへる、関白殿色青くなりぬ。 (  )
 5)同じところ射させたまひつ。         (  )
 6)ことさめけり。              (  )

  ア 格助詞    イ 接続助詞    ウ 断定の助動詞の連用形    エ 完了の助動詞の連用形
  オ 形容動詞の連用形の活用語尾    カ 副助詞の一部    

7 下線部の動作の主体(主語)は誰か、選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)帥殿の、南の院にて、人々集めて弓あそばししに      (  )
 2)下揩ノおはしませど、前に立て奉りて           (  )
 3)「さらば延べさせたまへ。」と仰せられて、また射させたまふとて  (  )
 4)「摂政・関白すべきものならば、この矢当たれ。」と仰せらるるに  (  )
 5)「何か射る。な射そ、な射そ。」と制したまひて        (  )

  ア 藤原道長    イ 藤原道隆    ウ 藤原伊周    エ 御前に候ふ人々


8 下線部を現代語訳しなさい。
 1)人々集めて弓あそばししに、            弓の競射をなさった時に
 2)この殿渡らせたまへれば思ひかけずあやしと、     おいでになったので/不思議だ
 3)前に立て奉りて、まづ射させ奉らせたまひけるに、     射させ申しあげなさったところ
 4)いみじう臆したまひて、御手もわななくけにや、       ふるえるせいであろうか
 5)もてはやし聞こえさせたまひつる興もさめて、こと苦うなりぬ。  気まずくなってしまった
 6)何か射る。な射そ、な射そ。」と制したまひて、       どうして射るのか、いやもう射るにはおよばない。射るな

9 空欄に適切な語を選んで記号を書き入れて、本文の説明を完成させなさい。
  この文章は、『大鏡』「太政大臣道長」の一節である。
 『大鏡』は天皇について記した本紀と主要人物について記した列伝からなる(  )により構成されている。
 高齢の老人(  )を主な語り手として、(  )の栄華をたたえることが物語の中心となっている。
 文学的ジャンルは(  )である。
 本文では、若き日の道長の(  )な性格が道隆・伊周親子との対比で描かれている。
 (  )邸での弓の競射の会に突然現れ、(  )を弓の矢数で上回り、勝利する。
 さらに、延長試合で自らの将来の出世・繁栄を予言しながら的に次々と矢を命中させる。
 大胆で気迫に満ちている。それに対して、伊周の(  )さと、父道隆の(  )ぶりが対照的である。
 

  ア 藤原道長   イ 大宅世継   ウ 夏山繁樹   エ 藤原道隆   オ 藤原伊周
  カ 紀伝体   キ 編年体   ク 軍記物語   ケ 歴史物語   コ 随筆
  サ 横着   シ 小心   ス 豪胆   セ 狼狽   ソ 謙虚



大鏡 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション