本文へスキップ

楽古文
大鏡 花山天皇の出家(一) 問題
      次の帝、花山院の天皇と申しき。


 次の帝、花山院の天皇と申しき。冷泉院の第一の皇子なり。御母、贈皇后宮懐子と申す。太政大臣伊尹の大臣の第一の御女なり。
この帝、安和元年戊辰十月二十六日丙子、母方の御祖父の一条の家にて生まれさせたまふとあるは、世尊寺のことにや。その日は、
冷泉院の御時の大嘗会の御禊あり。同じ二年八月十三日、春宮に立ちたまふ、御年二歳。天元五年二月十九日御元服、御年十五。
永観二年八月二十八日、位につかせたまふ、御年十七。
 寛和二年丙戌六月二十二日の夜、あさましくさぶらひしことは、人にも知らせさせたまはで、みそかに花山寺におはしまして、
御出家入道せさせたまへりしこそ、御年十九。世を保たせたまふこと二年。そののち二十二年おはしましき。
 あはれなることは、おりおはしましける夜は、藤壺の上の御局の小戸より出でさせたまひけるに、有明の月のいみじく明かかりければ、
「顕証にこそありけれ。いかがすべからむ。」と仰せられけるを、「さりとて、とまらせたまふべきやうはべらず。神璽・宝剣渡りたまひぬるには。」と
粟田殿のさわがし申したまひけるは、まだ帝出でさせおはしまさざりける先に、手づから取りて、春宮の御方に渡し奉りたまひてければ、
帰り入らせたまはむことは、あるまじくおぼして、しか申させたまひけるとぞ。さやけき影を、まばゆくおぼしめしつるほどに、月の顔にむら雲の
かかりて、少し暗がりゆきければ、「わが出家は成就するなりけり。」と仰せられて、歩み出でさせたまふほどに、弘徽殿の女御の御文の、
日ごろ破り残して御目もえ放たず御覧じけるをおぼしめし出でて、「しばし。」とて取りに入らせおはしましけるほどぞかし、粟田殿の、
「いかに、かくはおぼしめしならせおはしましぬるぞ。ただ今過ぎば、おのづから障りも出でまうで来なむ。」と、そら泣きしたまひけるは。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)皇子           みこ

 2)春宮           とうぐう
 3)丙戌           ひのえいぬ
 4)局            つぼね
 5)破り            やり

2 文中で「粟田殿」と呼ばれているのは、誰のことか答えなさい。
   藤原道兼

3 「世尊寺のことにや」のあとに省略されていると思われる語句を書きなさい。
   あらむ

4 下線部の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)太政大臣伊尹の大臣の第一の御女なり。            (  )
 2)「顕証にこそありけれ。いかがすべからむ。」            (  )
 3)手づから取りて、春宮の御方に渡し奉りたまひければ、       (  )
 4)帰り入らせたまはことは、あるまじくおぼして、            (  )

  ア 断定の助動詞    イ 完了の助動詞    ウ 打消の接続助詞    エ 順接の接続助詞    オ 過去の助動詞
  カ 詠嘆の助動詞    キ 伝聞の助動詞    ク 婉曲の助動詞    ケ 推量の助動詞    コ 格助詞


5 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)一条の家て生まれさせたまふとあるは、             (  )
 2)世尊寺のことや。                     (  )
 3)人にも知らせさせたまはで、みそか花山寺におはしまして、      (  )
 4)さやけき影を、まばゆくおぼしめしつるほど、            (  )

  ア 格助詞    イ 接続助詞    ウ 格助詞の一部    エ 断定の助動詞の連用形    オ 完了の助動詞の連用形
  カ ナリ活用形容動詞の連用形の活用語尾

6 下線部を単語に分解して文法的に説明しなさい。
 1)人にも知らせさせたまはで、みそかに花山寺におはしまして、   知ら/せ/させ/たまは/で
    ラ行四段活用動詞「知る」の未然形+使役の助動詞「す」の未然形+尊敬の助動詞「さす」の連用形+
    尊敬の補助動詞「たまふ」の未然形+打消の接続助詞

 2)「顕証にこそありけれ。いかがすべからむ。」       す/べから/む
    サ行変格活用動詞「す」の終止形+適当(または当然)の助動詞「べし」の未然形+
    推量の助動詞「む」の連体形(疑問の副詞「いかが」と呼応している)

 3)おのづから障りも出でまうで来なむ          出でまうで来/な/む
    カ行変格活用動詞「出で来」の謙譲語「出でまうで来」の連用形+強意の助動詞「ぬ」の未然形+
    推量の助動詞「む」の終止形


7 下線部の敬語表現について、敬語の種類と誰に対する敬意を表しているかを答えなさい。
 1)手づから取りて、春宮の御方に渡し奉りたまひてければ、
    奉り = 謙譲     誰に= 春宮
    たまひ= 尊敬     誰に= 粟田殿
 2)帰り入らせたまはむことは、あるまじくおぼして、しか申させたまひけるとぞ。
    申さ = 謙譲     誰に= 花山天皇
    せ  = 尊敬     誰に= 粟田殿
    たまひ= 尊敬     誰に= 粟田殿

8 下線部の動作の主体(主語)は誰(何)か、選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)おりおはしましける夜は、藤壺の上の御局の小戸より出でさせたまひけるに、      (  )
 2)「さりとて、とまらせたまふべきやうはべらず。神璽・宝剣渡りたまひぬるには。」      (  )
 3)春宮の御方に渡し奉りたまひてければ、帰り入らせたまはむことは、あるまじくおぼして、  (  )
 4)春宮の御方に渡し奉りたまひてければ、帰り入らせたまはむことは、あるまじくおぼして、  (  )
 5)さやけき影を、まばゆくおぼしめしつるほどに、                  (  )

  ア 花山天皇    イ 神璽・宝剣    ウ 粟田殿    エ 春宮

9 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)あさましくさぶらひしことは、人にも知らせたまはで、みそかに花山寺におはしまして、    意外で驚きましたこと・ひそかに
 2)あはれなることは、おりおはしましける夜は、                    しみじみとお気の毒なことは
 3)「さりとて、とまらせたまふべきやうはべらず。…」と、粟田殿のさわがし申したまひけるは、   おせきたて申し上げなさった
 4)手づから取りて、春宮の御方に渡し奉りたまひてければ、              自分の手で・皇太子
 5)そら泣きしたまひけるは。                           うそ泣き

10 下線部を現代語訳しなさい。
 1)顕証にこそありけれ。いかがすべからむ。」と仰せられけるを、    あらわで目立つことだよ。どうしたらよいだろうか。
 2)さやけき影を、まばゆくおぼしめしつるほどに、           明るい月の光を、まぶしくきまりが悪く
 3)月の顔にむら雲のかかりて、少し暗がりゆきければ、        暗くなっていったので
 4)弘徽殿の御文の、日ごろ破り残して御目もえ放たず御覧じける   お手紙で・離すことができず御覧になっていたお手紙
 5)「…ただ今過ぎば、おのづから障りも出でまうで来なむ。」と        今をもし過ごしてしまったら、しぜんとさしさわりも
                               きっと出てまいるでしょう


11 「あさましくさぶらひしこと」「あはれなること」は作者のどのような気持ちを表しているか説明しなさい。
   花山天皇の突然の出家を意外に思い、出家をためらう天皇をお気の毒に思う気持ち。

12 「さりとて、とまらせたまふべきやうはべらず。神璽・宝剣渡りたまひぬるには。」という粟田殿の言葉にはどんな気持ちが表れているか。
   月の明るさに出家をためらう花山天皇に対して、皇位継承のしるしの品はもう皇太子に渡ったのだから
  出家をとりやめることはできないのだと促し説得する気持ち。

13 粟田殿が「そら泣き」したのはどんな気持ちからか、説明しなさい。
    弘徽殿の女御のお手紙を取りに戻ろうとした花山天皇に未練を感じて、出家を成就するには今しかないと
   強く勧めて、天皇の出家をなしとげようとする気持ち。



大鏡 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション