本文へスキップ

楽古文
大鏡 菅原道真の左遷(一) 問題
      この大臣は、基経の大臣の太郎なり。


 この大臣は、基経の大臣の太郎なり。御母、四品弾正尹人康親王の御女なり。
醍醐の帝の御時、この大臣、左大臣の位にて、年いと若くておはします。菅原の大臣、右大臣の位にておはします。
そのをり、帝、御年いと若くおはします。左右の大臣に、世の政を行ふべきよし、宣旨下さしめたまへりしに、そのをり、
左大臣御年二十八、九ばかりなり。右大臣の御年五十七、八にやおはしましけむ。ともに世の政をせしめたまひし間、
右大臣は才よにすぐれ、めでたくおはしまし、御心おきても、ことのほかにかしこくおはします。左大臣は御年も若く、
才もことのほかに劣りたまへるにより、右大臣の御おぼえことのほかにおはしましたるに、左大臣やすからずおぼしたるほどに、
さるべきにやおはしけむ、右大臣の御ためによからぬこと出できて、昌泰四年正月二十五日、太宰権帥になし奉りて、流されたまふ。
 この大臣、子どもあまたおはせしに、女君たちは婿取り、男君たちはみな、ほどほどにつけて位どもおはせしを、それもみな
方々に流されたまひて悲しきに、幼くおはしける男君、女君たち、慕ひ泣きておはしければ、「小さきはあへなむ。」と、
おほやけも許させたまひしぞかし。帝の御おきて、きはめてあやにくにおはしませば、この御子どもを同じ方に遣はさざりけり。
方々にいと悲しくおぼしめして、御前の梅の花を御覧じて、
  東風吹かばにほひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな
また、亭子の帝に聞こえさせたまふ。
  流れゆくわれは水屑と成り果てぬ君しがらみとなりてとどめよ


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)政            まつりごと

 2)宣旨           せんじ
 3)才            ざえ
 4)太宰権帥         だざいのごんのそち
 5)東風           こち

2 文中の「この大臣」について、誰を指しているのか、それぞれ答えなさい。
 1)この大臣は、基経の大臣の太郎なり。
   藤原時平

 2)醍醐の帝の御時、この大臣、左大臣の位にて、年いと若くておはします。
   藤原時平

 3)この大臣、子どもあまたおはせしに、女君たちは婿取り、男君たちはみな、ほどほどにつけて位どもおはせしを、
   菅原道真


3 左大臣と右大臣の年齢をはっきりと示し、学才についても対比的に述べた語り手の意図は、どのようなものと考えられるか。
    位は左大臣のほうが上であるが、右大臣のほうが思慮深く、学才もすぐれ、天皇のご寵愛も格別であったことを
   年齢の対比とともにはっきり示す意図。


4 下線部の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)右大臣の御ためによからこと出できて、             (  )
 2)男君たちはみな、ほどほどにつけて位どもおはせし        (  )
 3)御前の梅の花御覧じて、                  (  )
 4)流れゆくわれは水屑となり果て                (  )

  ア 格助詞    イ 接続助詞    ウ 間投助詞    エ 完了の助動詞の終止形
  オ 完了の助動詞の連体形    カ 打消の助動詞の終止形    キ 打消の助動詞の連体形


5 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)右大臣の御年五十七、八やおはしましけむ。          (  )
 2)右大臣の御ためよからぬこと出できて、             (  )
 3)それもみな方々に流されたまひて悲しき、            (  )
 4)帝の御おきて、きはめてあやにくおはしませば           (  )

  ア 格助詞    イ 接続助詞    ウ 断定の助動詞の連用形    エ 完了の助動詞の連用形
  オ ナリ活用形容動詞の連用形の活用語尾

6 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)左大臣やすからずおぼしたるほどに、さるべきにやおはしけむ
   
過去推量の助動詞「けむ」の連体形(係助詞「や」の結び)

 2)「小さきはあへなむ。」と、おほやけも許させたまひしぞかし。
   
強意の助動詞「ぬ」の未然形+推量の助動詞「む」の終止形


7 下線部の敬語表現について、敬語の種類と誰に対する敬意を表しているかを答えなさい。
 1)太宰権帥になし奉りて、流されたまふ。
    奉り = 謙譲      誰に= 右大臣(菅原道真)
 
 2)また、亭子の帝に聞こえさせたまふ
    聞こえさせ= 謙譲    誰に= 亭子の帝
    たまふ  = 尊敬    誰に= 右大臣(菅原道真)

8 下線部の動作の主体(主語)は誰か、選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)昌泰四年正月二十五日、太宰権帥になし奉りて、流されたまふ。    (  )
 2)それもみな方々に流されたまひて悲しきに、             (  )
 3)「小さきはあへなむ。」とおほやけも許させたまひしぞかし。        (  )
 4)この御子どもを、同じ方に遣はさざりけり。              (  )
 5)方々にいと悲しくおぼしめして、御前の梅の花を御覧じて、        (  )

  ア 醍醐天皇    イ 左大臣(藤原時平)    ウ 右大臣(菅原道真)    エ 女君たち    オ 男君たち
  カ 幼くおはしける男君、女君たち    キ 亭子の帝(宇多法皇)

9 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)この大臣は、基経の大臣の太郎なり。         長男
 2)右大臣は、よにすぐれ、めでたくおはしまし、      学才・立派で
 3)左大臣安からずおぼしたるほどに、          心穏やかでなく
 4)それもみな方々に流されたまひて悲しきに、       あちらこちらに
 5)方々にいと悲しくおぼしめして、            あれやこれやと

10 下線部を現代語訳しなさい。
 1)右大臣の御年五十七、八にやおはしましけむ。       五十七、八歳でいらっしゃったであろうか
 2)右大臣の御おぼえことのほかにおはしましたるに、       右大臣に対する天皇のご寵愛
 3)小さきはあへなむ。」と、おほやけも許させたまひしぞかし。    小さい子どもは差し支えないだろう
 4)帝の御おきて、きはめてあやにくにおはしませば        無慈悲でいらっしゃるので
 5)また、亭子の帝に聞こえさせたまふ                 申し上げなさる(歌)

11 「東風吹かば」の歌について
 1)「東風吹かばにほひおこせよ」はどういう意味か、解釈しなさい。
   もし東風が吹いたら、花の香りを私のいる筑紫まで送ってよこせよ
 2)この歌は何句切れか。
   三句切れ

12 「流れゆく」の歌について
 1)歌の中で、自分(道真)と亭子の帝を何にたとえているか。
  自分 = 水の中のごみ     亭子の帝 = 水の流れをせきとめるさく
 2)「流れゆく」と縁語になっている語をあげなさい。
   「水屑」「しがらみ」「とどめ」
 3)歌に込められた気持ちについて説明しなさい。
    水の中のごみのように運命にさからえずに流されていく道真が、亭子の帝につらい境遇を訴え、
   帝のお力でどうか引きとめて助けてほしいと願う気持ち。



大鏡 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション