本文へスキップ

楽古文
大鏡 菅原道真の左遷(三) 問題
      筑紫におはしますところの御門固めておはします。


 筑紫におはしますところの御門固めておはします。大弐の居所ははるかなれども、楼の上の瓦などの、心にもあらず御覧じやられけるに、
またいと近く観音寺といふ寺のありければ、鐘の声を聞こしめして、作らせたまへる詩ぞかし。
  都 府 楼 纔 看 瓦 色
  観 音 寺 只 聴 鐘 声
  (都府楼は纔(わず)かに瓦の色を看(み)
   観音寺は只(た)だ鐘の声を聴く)
これは、文集の、白居易の「遺愛寺鐘欹枕聴、香炉峰雪撥簾看
遺愛寺の鐘は枕を欹(そばだ)てて聴き、香炉峰の雪は簾(すだれ)を撥(かか)げて看る」という詩にまさざまに作らしめたまへりとこそ、
昔の博士ども申しけれ。また、かの筑紫にて、九月九日菊の花を御覧じけるついでに、いまだ京におはしましし時、
九月の今宵、内裏にて菊の宴ありしに、この大臣の作らせたまひける詩を、帝かしこく感じたまひて、御衣賜はりたまへりしを、
筑紫に持て下らしめたまへりければ、御覧ずるに、いとどそのをりおぼしめし出でて、作らしめたまひける、
  去 年 今 夜 侍 清 涼
  秋 思 詩 篇 独 断 腸
  恩 賜 御 衣 今 在 此
  捧 持 毎 日 拝 余 香
  (去年の今夜清涼に侍す
   愁思の詩篇独り腸(はらわた)を断つ
   恩賜(おんし)の御衣(ぎょい)今此(ここ)に在り
   捧げ持ちて毎日余香を拝す)
この詩、いとかしこく人々感じ申されき。

 やがてかしこにて失せたまへる夜のうちに、この北野にそこらの松を生ほしたまひて、わたり住みたまふをこそは、ただ今の
北野の宮と申して、現人神におはしますめれば、おほやけも行幸せしめたまふ。いとかしこくあがめ奉りたまふめり。
筑紫のおはしまし所は安楽寺といひて、おほやけより別当・所司などなさせたまひて、いとやむごとなし。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)楼            ろう

 2)文集           もんじゅう
 3)白居易          はくきょい
 4)御衣賜はり         おんぞたまわり
 5)現人神          あらひとがみ

2 九月九日は何の節句か。
   重陽の節句

3 「文集」について、空欄を埋めて説明を完成させなさい。
 「文集」とは、白居易の詩文を集めた『( 白氏文集 )』のこと。白居易の居易は名で、字は( 楽天 )。

4 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)楼の上の瓦などの、心にもあらず御覧じやらけるに、
   自発の助動詞「る」の連用形

 2)帝かしこく感じたまひて、御衣賜はりたまへしを、
   完了の助動詞「り」の連用形

 3)この詩、いとかしこく人々感じ申さき。
   尊敬の助動詞「る」の連用形

 4)現人神におはしますめれば、おほやけも行幸せしめたまふ。
   推量の助動詞「めり」の已然形


5 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
 1)まさざまに作らしめたまへりとこそ、昔の博士ども申しけれ。
   
結びの語は「けれ」。過去の助動詞「けり」の已然形

 2)わたり住みたまふをこそは、ただ今の北野の宮と申して、現人神におはしますめれば、おほやけも行幸せしめたまふ。
   
本来は「申し」が文末となって係り結びとなるはずが、接続助詞「て」がついて下に続いたために結びが流れている。

6 下線部の敬語表現について、敬語の種類と誰に対する敬意を表しているかを答えなさい。
 1)この詩、いとかしこく人々感じ申されき。
    申さ = 謙譲     誰に= 菅原道真
    れ  = 尊敬     誰に= 人々
 2)いとかしこくあがめ奉りたまふめり。
    奉り = 謙譲     誰に= 神となった菅原道真
    たまふ= 尊敬     誰に= 天皇

7 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)観音寺といふ寺のありければ、鐘の声を聞こしめして、         お聞きになって
 2)かの筑紫にて、九月九日菊の花を御覧じけるついでに、        おり
 3)この北野にそこらの松を生ほしたまひて、              たくさんの
 4)ただ今の北野の宮と申して、現人神におはしますめれば、        霊験あらたかな神
 5)別当・所司などなさせたまひて、いとやむごとなし。           尊い

8 下線部を現代語訳しなさい。
 1)筑紫におはしますところの御門固めておはします。         戸締りを厳重にしていらっしゃる
 2)まさざまに作らしめたまへりとこそ、昔の博士ども申しけれ。     まさっているくらいにお作りになった
 3)この大臣の作らせたまひける詩を帝かしこく感じたまひて、      天皇がたいそう感心なさって
 4)やがてかしこにて失せたまへる夜のうちに、            そのままあちらでお亡くなりになった
 5)いとかしこくあがめ奉りたまふめり。                  崇拝申し上げなさるようだ

9 「都府楼…」の詩には道真のどのような気持ちが表されているか。
   自分は左遷された身であるから、門を出ることもなく謹慎しているのだという気持ち。

10 「去年今夜…」の詩について
 1)この詩の形式を答えなさい。
   七言絶句
 2)押韻している漢字を順に答えなさい。
   涼、腸、香



大鏡 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション