本文へスキップ

楽古文
大鏡 三船の才 問題
      ひととせ、入道殿の、大井川に逍遥せさせたまひしに、


 ひととせ、入道殿の、大井川に逍遥せさせたまひしに、作文の船、管弦の船、和歌の船と分かたせたまひて、
その道にたへたる人々を乗せさせたまひしに、この大納言の参りたまへるを、入道殿、「かの大納言、いづれの船にか乗らるべき。」と
のたまはすれば、「和歌の船に乗りはべらむ。」とのたまひて、詠みたまへるぞかし、
  小倉山あらしの風の寒ければ紅葉の錦着ぬ人ぞなき
申し受けたまへるかひありてあぞばしたりな。御みづからものたまふなるは、「作文のにぞ乗るべかりける。
さてかばかりの詩を作りたらましかば、名の上がらむこともまさりなまし。口惜しかりけるわざかな。
さても、殿の、『いづれにかと思ふ。』とのたまはせしになむ、我ながら心おごりせられし。」とのたまふなる。
一事のすぐるるだにあるに、かくいづれの道も抜け出でたまひけむは、いにしへもはべらぬことなり。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)作文           さくもん

 2)口惜し          くちおし

2 文中の「入道殿」「大納言」とはそれぞれ誰のことか。
 入道殿 =  藤原道長
 大納言 = 
 藤原公任

3 下線部の助動詞の文法的意味を選んで記号で答え、またその活用形を答えなさい。(重複あり)
 1)入道殿の、大井川に逍遥せさせたまひしに、         (  ・ 連用形 )
 2)この大納言殿の参りたまへを、              (  ・ 連体形 )
 3)かの大納言、いづれの船にか乗らべき。          (  ・ 終止形 )
 4)和歌の船に乗りはべら。                (  ・ 終止形 )
 5)御みづからものたまふなるは、               (  ・ 連体形 )
 6)作文のにぞ乗るべかりける。                (  ・ 連用形 )
 7)我ながら心おごりせられし。                (  ・ 連用形 )
 8)かくいづれの道も抜け出でたまひけむは、           (  ・ 連体形 )
 9)いにしへもはべらぬことなり。                (  ・ 終止形 )

  ア 受身    イ 自発    ウ 可能    エ 尊敬    オ 使役    カ 断定
  キ 完了    ク 推量    ケ 意志    コ 適当    サ 伝聞    シ 過去伝聞


4 「さてかばかりの詩を作りたらましかば、名の上がらむこともまさりなまし。」について
 1)「かばかりの詩」とはどのようなものか、説明しなさい。
   「小倉山」の歌と同じくらいにすばらしい漢詩
 2)「名の上がらむこともまさりなまし」を何にまさるのかを補って現代語訳しなさい。
   名声が上がることも和歌で得たもの以上であっただろうに
 3)この発言から、当時は和歌と漢詩のどちらがより高く評価されるものであったとわかるか。
   漢詩
 4)「…ましかば…まし」の形は何を表すか。
   反実仮想

5 「我ながら心おごりせられし」とは、大納言殿(公任)のどのような気持ちを表しているか。
   入道殿(道長)が、公任が漢詩・管弦・和歌のいずれにもすぐれていると認めていたことを得意に思う気持ち

6 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)その道にたへたる人々を乗せさせたまひしに、       十分な力のある
 2)和歌の船に乗りはべらむ              乗りましょう
 3)申し受けたまへるかひありてあそばしたりな。        お詠みになったことだよ
 4)さてかばかりの詩を作りたらましかば、           そのようにして
 5)さても殿の、「いづれにかと思ふ。」とのたまはせしになむ、   それにしても

7 下線部を現代語訳しなさい。
 1)ひととせ、入道殿の、大井川に逍遥せさせたまひしに、     船遊びをなさった時に
 2)かの大納言、いづれの船にか乗らるべき          どの船に乗りなさるだろうか
 3)作文のにぞ乗るべかりける。                漢詩の船に乗ればよかったよ
 4)口惜しかりけるわざかな                 残念なことであったなあ
 5)かくいづれの道も抜け出でたまひけむは、               どの道もほかの人よりすぐれていらっしゃったとかいうこと

8 「小倉山…」の歌の解釈として適切なものを選んで記号で答えなさい。
                                    (  )
 ア 小倉山から吹き下ろす風がもし寒いならば紅葉の葉が散って、紅葉のように美しい衣を着ない人はいないことだ。
 イ 小倉山を荒らす風が寒いので、紅葉は散ってしまい、紅葉のように美しい衣を着る人もいないことだ。
 ウ 小倉山と嵐山から吹く強い風が寒いので、紅葉が散ってしまって、衣にも紅葉がとどまらないことだ。
 エ 小倉山や対岸の嵐山から吹き下ろす風が寒いので、紅葉の葉が人々の衣に散りかかって、みな美しい衣を着ていることだ。
 オ 小倉山や対岸の嵐山から吹き下ろす風がもし寒いならば、紅葉のように薄い衣を着る人はいないことだろうよ。



大鏡 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション