本文へスキップ

楽古文
大鏡 宣耀殿の女御 現代語訳
      御女、村上の御時の宣耀殿の女御、かたちをかしげに


御女、村上の御時の宣耀殿の女御、かたちをかしげにうつくしうおはしけり。
内へ参りたまふとて、御車に奉りたまひければ、わが御身は乗りたまひけれど、
御髪のすそは、母屋の柱のもとにぞおはしける。
一筋を陸奥紙に置きたるに、いかにもすき見えずとぞ申し伝へためる。
御目のしりの少し下がりたまへるが、いとどらうたくおはするを、
帝いとかしこくときめかせたまひて、かく仰せられけるとか、
生きての世死にての後の後の世も羽を交はせる鳥となりなむ
御返し、女御、
あきになることのはだにも変はらずばわれも交はせる枝となりなむ
古今浮かべたまへりと聞かせたまひて、帝、試みに本を隠して、
女御には見せさせたまはで、「やまとうたは」とあるを初めにて、
まづの句の言葉を仰せられつつ、問はせたまひけるに、
言ひたがへたまふこと、詞にても歌にてもなかりけり。
かかることなむと、父大臣は聞きたまひて、
御装束して、手洗ひなどして、所々に誦経などし、念じ入りてぞおはしける。
帝筝の琴をめでたくあそばしけるも、御心に入れて教へなど、
限りなくときめきたまふに、冷泉院の御母后失せさせたまひてこそ、
なかなかこよなく覚え劣りたまへりとは聞こえたまひしか。
「故宮のいみじうめざましく安からぬものにおぼしたりしかば、
思ひ出づるに、いとほしく、悔しきなり。」とぞ仰せられける。
                               (左大臣師尹)



現代語訳

(左大臣師尹の)御娘は、村上天皇の御代の宣耀殿の女御で、
容貌が美しくかわいらしくていらっしゃった。
宮中へ参内なさろうとして、お車にお乗りになったところ、
ご自身(のお体)は(お車に)お乗りになったが、お髪の端は母屋の柱のところに
おありだったということだ。(髪の)一筋を陸奥紙においたところ、
少しも(紙の白い)すきまが見えなかったと語り伝え申しあげたようだ。
お目の目尻が少し下がっていらっしゃるのが、ますますかわいらしくていらっしゃるのを、
天皇はたいそう深くご寵愛になって、このようにおっしゃったとかいう
生きているこの世でも、死んだ後の来世でも羽を並べて一体となって飛ぶという
比翼の鳥にきっとなろう。(ずっと離れずに暮らしていこう)
ご返歌(として)、女御(が詠んだ歌)
秋になると木の葉の色が変わるように、人の心も飽きがくると以前に言った言葉も
変わってしまうものですが、あなたのお言葉さえ変わらないならば、
私も枝を連ねて生えているという連理の枝にきっとなりましょう。(ずっとおそばにいましょう)
(この女御が)古今和歌集を暗記していらっしゃると(天皇は)お聞きになって、
天皇は、試しに(古今和歌集の)本を隠して、女御にはお見せにならないで、
「やまとうたは」とある(序文)のをはじめとして、歌の最初の句の言葉をおっしゃっては、
(以下の句の言葉を)お尋ねになったところ、(女御が)言い間違えなさることは、
詞書においても歌においてもなかったということだ。
このようなことが(宮中で行われている)と、父の大臣(師尹)はお聞きになって、
正装して、手を洗い清めなどして、あちらこちら(の寺)に読経などを頼み、
(自身も娘がうまく答えられるようにと)ひたすら心の中で祈っていらっしゃった。
天皇は筝の琴をみごとにお弾きになったがそれも(この女御に)熱心に教えなさるなど、
(女御は)この上なくご寵愛をお受けになるが、
冷泉天皇の御母である(村上天皇の)后(安子)がお亡くなりになって(その後)、
かえってひどくご寵愛が衰えなさったとうわさされなさった。
(村上天皇は)「亡くなった中宮(安子)が(この女御のことを)たいそうめざわりな
心穏やかでないものとお思いになっていたので、(そのことを)思い出すと、
(中宮が)気の毒で、(この女御を寵愛したことが)悔やまれることだ。」とおっしゃった。


大鏡 宣耀殿の女御 解説

大鏡 宣耀殿の女御 問題

大鏡 一覧

ナビゲーション