本文へスキップ

楽古文
大鏡 宣耀殿の女御 問題
      御女、村上の御時の宣耀殿の女御、かたちをかしげに


 御女、村上の御時の宣耀殿の女御、かたちをかしげにうつくしうおはしけり。内へ参りたまふとて、御車に奉りたまひければ、
わが御身は乗りたまひけれど、御髪のすそは、母屋の柱のもとにぞおはしける。一筋を陸奥紙に置きたるに、いかにもすき見えずとぞ
申し伝へためる。御目のしりの少し下がりたまへるが、いとどらうたくおはするを、帝いとかしこくときめかせたまひて、かく仰せられけるとか、
  生きての世死にての後の後の世も羽を交はせる鳥となりなむ
御返し、女御、
  あきになることのはだにも変はらずばわれも交はせる枝となりなむ
 古今浮かべたまへりと聞かせたまひて、帝、試みに本を隠して、女御には見せさせたまはで、「やまとうたは」とあるを初めにて、
まづの句の言葉を仰せられつつ、問はせたまひけるに、言ひたがへたまふこと、詞にても歌にてもなかりけり。かかることなむと、
父大臣は聞きたまひて、御装束して、手洗ひなどして、所々に誦経などし、念じ入りてぞおはしける。帝筝の琴をめでたくあそばしけるも、
御心に入れて教へなど、限りなくときめきたまふに、冷泉院の御母后失せさせたまひてこそ、なかなかこよなく覚え劣りたまへりとは
聞こえたまひしか。「故宮のいみじうめざましく安からぬものにおぼしたりしかば、思ひ出づるに、いとほしく、悔しきなり。」とぞ仰せられける。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)御髪           みぐし

 2)陸奥紙          みちのくがみ(みちのくにがみ)
 3)詞            ことば
 4)誦経           ずきょう

2 下線部の動作の主体(主語)は誰か、選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)内へ参りたまふとて、御車に奉りたまひければ、                 (  )
 2)古今浮かべたまへりと聞かせたまひて、                    (  )
 3)帝筝の琴をめでたくあそばしけるも、御心に入れて教へなど、限りなくときめきたまふに、  (  )


  ア 宣耀殿の女御    イ 女御に仕える人    ウ 世間の人々    エ 帝(村上天皇)    オ 父大臣(藤原師尹)

3 宣耀殿の女御の美しさ、かわいらしさはどのようなところにあると述べられているか、簡潔に答えなさい。
    髪の毛がとても長かったことと、目尻が少し下がっていたところ

4 下線部の「なむ」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)生きての世死にての後の後の世も羽を交はせる鳥となりなむ    (  )
 2)かかることなむと、父大臣は聞きたまひて、           (  )

  ア 強意の助動詞「ぬ」の未然形+意志の助動詞「む」の終止形    イ 強意の助動詞「ぬ」の未然形+推量の助動詞の連体形
  ウ 強意の係助詞       エ 願望の終助詞

5 下線部の語の文法的意味として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)一筋を陸奥紙に置きたるに、いかにもすき見えずとぞ申し伝えめる。   (  )
 2)あきになることのはだにも変はらずばわれも交はせる枝となりなむ      (  )
 3)帝、試みに本を隠して、女御には見せさせたまはで、          (  )
 4)思ひ出づるに、いとほしく、悔しきなり。                (  )

  ア 完了の助動詞の終止形(撥音便の「ん」無表記)    イ 完了の助動詞の連体形(撥音便の「ん」無表記)
  ウ 伝聞推定の助動詞の連体形    エ 断定の助動詞の終止形    オ 断定の助動詞の連用形    カ 四段活用動詞の連用形
  キ 使役の助動詞の未然形    ク 尊敬の助動詞の連用形    ケ 使役の助動詞の連用形

6 下線部を単語に分けて文法的に説明しなさい。
 1)御髪のすそは、母屋の柱のもとにぞおはしける。     おはし/ける
   
サ行変格活用動詞「おはす」の連用形+過去の助動詞「けり」の連体形

 2)帝いとかしこくときめかさせたまひて、          ときめかさ/せ/たまひ/て
   
サ行四段活用動詞「ときめかす」の未然形+尊敬の助動詞「す」の連用形
   +ハ行四段活用動詞「たまふ」の連用形+接続助詞「て」


7 下線部の敬語表現について、敬語の種類と誰から誰に対する敬意を表しているかを答えなさい。
 1)内へ参りたまふとて、御車に奉りたまひければ、
    参り  = 謙譲      誰から誰に= 世継から天皇に
    たまふ = 尊敬      誰から誰に= 世継から宣耀殿の女御に
    奉り  = 尊敬      誰から誰に= 世継から宣耀殿の女御に

 2)「故宮のいみじうめざましく安からぬものにおぼしたりしかば、…」
    おぼし = 尊敬      誰から誰に= 天皇から故宮(亡くなった中宮安子)に

8 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)内へ参りたまふとて、御車に奉りたまひければ、         お乗りになったところ
 2)御目のしりの少し下がりたまへるが、いとどらうたくおはするを、    ますますかわいらしく
 3)古今浮かべたまへりと聞かせたまひて、            暗記していらっしゃる
 4)言ひたがへたまふこと、詞にても歌にてもなかりけり。        言い間違いなさる
 5)御心に入れて教へなど、限りなくときめきたまふに、        ご寵愛を受けなさる

9 下線部を現代語訳しなさい。
 1)宣耀殿の女御、かたちをかしげにうつくしうおはしけり。         容貌がきれいでかわいらしくていらっしゃった
 2)いとかしこくときめかさせたまひて、                たいそう並々でなくご寵愛なさって
 3)所々に誦経などし、念じ入りてぞおはしける。             あちこちの寺に読経などをさせ
 4)帝筝の琴をめでたくあそばしけるも、                みごとにお弾きになった
 5)冷泉院の御母后失せたまひてこそ、なかなかこよなく覚え劣りたまへりとは   かえってひどくご寵愛が劣りなさった

10 「生きての世」の歌について
 1)「羽を交はせる鳥となりなむ」の「なりなむ」を現代語訳しなさい。
   きっとなろう
 2)「羽を交はせる鳥」とは中国の伝説上の鳥のことだが、何という鳥か。
   比翼の鳥

11 「あきになる」の歌について
 1)歌の中に用いられた修辞法について空欄を埋めて説明を完成させなさい。
  「あきになる」の「あき」は「秋」と「( 飽き )」の意味をかけ、
  「ことのは」は「言葉」と「(  )」をかける( 掛詞 )の修辞法。

 2)「あきになることのはだにも変はらずば」を修辞法に注意して解釈しなさい。
   秋になると木の葉の色が変わるように人の言葉も飽きがくると変わるものだが、あなたの言葉さえ変わらなければ
 3)「交はせる枝」とは何のことか。
    連理の枝
12 「かかることなむと、父大臣は聞きたまひて」の「かかること」とはどのようなことをさすか。
  娘の宣耀殿の女御が天皇から古今集を暗記しているか試されていること

13 「故宮のいみじうめざましく安からぬものにおぼしたりしかば、思ひ出づるに、いとほしく、悔しきなり。」について、
 1)誰の言葉か。文中の語で答えなさい。
   
 2)「故宮」と同じ人物を指す語を文中から抜き出しなさい。
   冷泉院の御母后
 3)「いみじうめざましく安からぬもの」とは誰が誰のことをどう思っていたことをいっているのか。
   亡くなった中宮が宣耀殿の女御のことをたいそうめざわりで心穏やかでないものと思っていたこと
 4)「いとほしく、悔しきなり」とは誰のことが「いとほしく」何について「悔しき」なのかを補って現代語訳しなさい。
   中宮のことが気の毒で宣耀殿の女御を寵愛したことが悔やまれることだ


大鏡 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション