本文へスキップ

楽古文
大鏡 兼通と兼家の不和(一) 問題
      「堀河殿、果ては、我失せたまはむとては、


 「堀河殿、果ては、我失せたまはむとては、関白をば、御いとこの頼忠の大臣にぞ譲りたまひしこそ、世の人いみじきひがごとと、
そしり申ししか。」
 この向かひをる侍の言ふやう、
「東三条殿の官など取り奉らせたまひしほどのことは、ことわりとこそ承りしか。おのれが祖父親は、かの殿の年ごろの者にてはべりしかば、
こまかに承りしは。この殿たちの兄弟の御仲、年ごろの官位の劣りまさりのほどに、御仲あしくて過ぎさせたまひし間に、堀河殿
御病重くならせたまひて、今は限りにておはしまししほどに、東の方に、先追ふ音のすれば、御前に候ふ人たち、『たれぞ。』など言ふほどに、
『東三条の大将殿参らせたまふ。』と人の申しければ、殿聞かせたまひて、『年ごろ仲らひよからずして過ぎつるに、今は限りになりたると聞きて、
とぶらひにおはするにこそは。』とて、御前なる苦しきもの取りやり、大殿籠りたる所ひきつくろひなどして、入れ奉らむとて、待ちたまふに、
『早く過ぎて、内裏へ参らせたまひぬ。』と人の申すに、いとあさましく心憂くて、御前に候ふ人々も、をこがましく思ふらむ。
 『おはしたらば、関白など譲ることなど申さむとこそ思ひつるに。かかればこそ、年ごろ仲らひよからで過ぎつれ。あさましく、
やすからぬことなり。』とて、限りのさまにて臥したまへる人の、『かき起こせ。』とのたまへば、人々あやしと思ふほどに、『車に装束せよ。
御前もよほせ。』と仰せらるれば、もののつかせたまへるか、現心もなくて仰せらるるかと、あやしく見奉るほどに、御冠召し寄せて、
装束などせさせたまひて、内裏へ参らせたまひて、陣の内は君達にかかりて、滝口の陣の方より、御前へ参らせたまひて、
昆明池の障子のもとにさし出でさせたまへるに、昼の御座に、東三条の大将、御前に候ひたまふほどなりけり。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)大臣           おとど

 2)大殿籠る         おおとのごもる
 3)心憂し          こころうし
 4)現心           うつしごころ
 5)君達           きんだち

2 本文は『大鏡』の主な語り手である大宅世継と居合わせた侍とが語り合っている部分である。
 1)堀河殿が亡くなるとき関白をいとこの頼忠に譲り、東三条殿の官位を取り上げたことについて世継と侍はそれぞれどんなことだといっているか。
  世継 = ひどく道理にはずれたこと
  侍  = もっともなこと

 2)堀河殿、東三条殿はそれぞれ誰のことか。
  堀河殿 = 藤原兼通    東三条殿 = 藤原兼家

3 文中の下線部「かの殿の年ごろの者」について
 1)「かの殿」とは誰をさすか。下の選択肢から選んで記号で答えなさい。
                                   (  )
   ア 堀河殿    イ 頼忠の大臣    ウ 東三条殿    エ 向かひをる侍

 2)「年ごろの者」をわかりやすく現代語訳しなさい。
   長年お仕えしていた者

4 文中の下線部「かかればこそ」の「かかれば」とは誰のどのような態度についていっているか説明しなさい。
   兼家の、危篤の兄兼通を見舞うことなく宮中へと向かった薄情な態度。

5 下線部の語を文法的に説明しなさい。
 1)かの殿の年ごろの者にてはべりしかば、     ラ行変格活用動詞「はべり」の連用形
 2)今は限りにておはしまししほどに、       サ行四段活用動詞「おはします」の連用形
 3)とぶらひにおはするにこそは。         サ行変格活用動詞「おはす」の連体形
 4)あさましくやすからぬことなり。         ク活用形容詞「やすし」の未然形
 5)車に装束せよ。御前もよほせ。        サ行四段活用動詞「もよほす」の命令形

6 下線部の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり)
 1)おのれが祖父親は、かの殿の年ごろの者てはべりしかば      (  )
 2)堀河殿御病重くならせたまひて                (  )
 3)早く過ぎて、内裏へ参らせたまひ。              (  )
 4)おはしたらば、関白など譲ることなど申さむとこそ思ひつるに      (  )
 5)あさましくやすからことなり。                  (  )
 6)装束などさせたまひて、内裏へ参らせたまひて          (  )
 7)東三条の大将、御前に候ひたまふほどなりけり。          (  )

  ア 完了の助動詞の未然形    イ 完了の助動詞の終止形    ウ 打消の助動詞の連体形    エ 断定の助動詞の連用形
  オ 尊敬の助動詞の未然形    カ 存続の助動詞の已然形    キ 四段活用動詞の未然形    ク 四段活用動詞の連用形
  ケ 使役の助動詞の連用形    コ サ行変格活用動詞の未然形

7 下線部の敬語表現について、敬語の種類と誰から誰に対する敬意を表しているかを答えなさい。
 1)「堀河殿、…譲りたまひしこそ、世の人いみじきひがごとと、そしり申ししか。」
    申し  = 謙譲      誰から= 大宅世継    誰に= 堀河殿(兼通)
 2)「東三条殿の官など取り奉らせたまひしほどのことは、ことわりとこそ承りしか。…
    奉ら  = 謙譲      誰から=         誰に= 東三条殿(兼家)
    せ   = 尊敬      誰から=         誰に= 堀河殿(兼通)
    たまひ = 尊敬      誰から=         誰に= 堀河殿(兼通)
 3)『…今は限りになりたると聞きて、とぶらひにおはするにこそは。』とて、
    おはする= 尊敬      誰から= 堀河殿(兼通) 誰に= 東三条殿(兼家)
 4)昼の御座に、東三条の大将、御前に候ひたまふほどなり。
    候ひ  = 謙譲      誰から=         誰に= 円融天皇
    たまふ = 尊敬      誰から=         誰に= 東三条の大将(兼家)

8 下線部の動作の主体(主語)は誰か、選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)東三条殿の官など取り奉らせたまひしほどのことは            (  )
 2)おのれが祖父親は、かの殿の年ごろの者にてはべりしかば、こまかに承りしは。  (  )
 3)大殿籠りたる所ひきつくろひなどして、入れ奉らむとて、待ちたまふに      (  )
 4)『車に装束せよ。御前もよほせ。』と仰せらるれば             (  )
 5)現心もなくて仰せらるるかと、あやしく見奉るほどに            (  )
 6)御冠召し寄せて、装束などせさせたまひて               (  )
 7)御前へ参らせたまひて、昆明池の障子のもとにさし出でさせたまへるに     (  )
 8)昼の御座に、東三条の大将、御前に候ひたまふほどなりけり。        (  )

  ア 堀河殿    イ 頼忠の大臣    ウ 向かひをる侍    エ 東三条殿    オ 祖父親
  カ 御前に候ふ人    キ 君達    ク 円融天皇    ケ 大宅世継


9 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)世の人いみじきひがごとと、そしり申ししか。            道理にはずれたこと
 2)官など取り奉らせたまひしほどのことは、ことわりとこそ承りしか。    もっともなこと
 3)今は限りになりたると聞きて、とぶらひにおはするにこそは。       お見舞い
 4)大殿籠りたる所ひきつくろひなどして               お休みになっている所
 5)いとあさましく心憂くて、御前に候ふ人々も、をこがましく思ふらむ。   不愉快で/間が抜けていると
 6)現心もなくて仰せらるるかと                  正気

10 下線部を現代語訳しなさい。
 1)堀河殿御病重くならせたまひて、今は限りにておはしまししほどに   危篤の状態でいらっしゃったときに
 2)御前なる苦しきもの取りやり                 おそばにある見苦しいもの
 3)あさましくやすからぬことなり。                 情けなく心がおさまらないこと
 4)現心もなくて仰せらるるかと、あやしく見奉るほどに        不審に思って見申し上げるうちに
 5)御冠召し寄せて、装束などせさせたまひて           衣装など身につけなさって
 6)陣の内は君達にかかりて                  ご子息にもたれて


11 本文の内容と一致するものを以下の選択肢から二つ選んで記号で答えなさい。
  ア 兼通が亡くなる直前に、自分の関白の職をいとこの頼忠に譲ったことはよくなかったと世継は思っている。
  イ 兼家が頼忠の職を取ったのはよくなかったと侍は思っている。
  ウ 長年仲が悪かった弟の兼家がお見舞いに来たので、兼通は内心穏やかでなかったが、迎え入れた。
  エ 兼通は、兼家がお見舞いに来たら関白の職を譲ろうと思っていたが、門前を素通りされて譲る気持ちがなくなった。
  オ 重い病の兼通が「かかえ起こせ」とおっしゃるので、人々は不審に思いながらも車の支度をしろと言った。
  カ 兼通が宮中へ使者を送ると、兼家が円融天皇の御前に控えているところだった。
                             (  ・  )



大鏡 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション