本文へスキップ

楽古文
更級日記 門出 問題
      あづま路の道の果てよりも、なほ奥つ方に生ひ出でたる人


 あづま路の道の果てよりも、なほ奥つ方に生ひ出でたる人、いかばかりかはあやしかりけむを、いかに思ひ始めけることにか、世の中に
物語といふもののあんなるを、いかで見ばやと思ひつつ、つれづれなる昼間、宵居などに、姉、継母などやうの人々の、その物語、
かの物語、光源氏のあるやうなど、ところどころ語るを聞くに、いとどゆかしさまされど、わが思ふままに、そらにいかでかおぼえ語らむ。
いみじく心もとなきままに、等身に薬師仏を造りて、手洗いなどして、人まにみそかに入りつつ、「京にとく上げ給ひて、物語の多く候ふなる、
ある限り見せ給へ。」と身を捨てて額をつき、祈り申すほどに、十三になる年、上らむとて、九月三日、門出して、いまたちといふ所に移る。
年ごろ遊び慣れつる所を、あらはにこほち散らして、立ち騒ぎて、日の入りぎはの、いとすごく霧りわたりたるに、車に乗るとて、
うち見やりたれば、人まには参りつつ、額をつきし薬師仏の立ち給へるを、見捨て奉る、悲しくて、人知れずうち泣かれぬ。

 門出したる所は、めぐりなどもなくて、かりそめの茅屋の、蔀などもなし。簾かけ、幕など引きたり。南ははるかに野の方見やらる。
東、西は海近くて、いとおもしろし。夕霧立ちわたりて、いみじうをかしければ、朝寝などもせず、方々見つつ、ここを立ちなむことも、
あはれに悲しきに、同じ月の十五日、雨かきくらし降るに、境を出でて、下総の国のいかたといふ所に泊まりぬ。庵なども浮きぬばかりに
雨降りなどすれば、恐ろしくて寝も寝られず。野中に丘だちたる所に、ただ木ぞ三つ立てる。その日は雨にぬれたる物ども干し、
国に立ち遅れたる人々待つとて、そこに日を暮らしつ。

十七日のつとめて、立つ。昔、下総の国に、まのの長といふ人住みけり。ひき布を千むら、万むら織らせ、さらさせけるが家の跡とて、
深き川を舟にて渡る。昔の門の柱のまだ残りたるとて、大きなる柱、川の中に四つ立てり。人々歌よむを聞きて、心の内に、
  朽ちもせぬこの川柱残らずは昔の跡をいかで知らまし



問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)宵居          よいい

 2)継母          ままはは
 3)額           ぬか
 4)蔀           しとみ
 5)               すだれ
 6)朝寝              あさい
 7)庵           いお(いおり)

2 『更級日記』の作者は誰か。
   菅原孝標女

3 文中の下線部「なほ奥つ方に生ひ出でたる人」とは、誰をさしているか。
   作者

4 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
 1)そらにいかでおぼえ語らむ。      結びの語は「む」。推量の助動詞「む」の連体形
 2)ただ木三つ立てる。         結びの語は「る」。存続の助動詞「り」の連体形


5 文中の「いかに思ひ始めけることにか」について
 1)現代語訳しなさい。
    どうして思い始めたことであっただろうか
 2)「思ひ始め」たことの内容にあたる部分を文中から抜き出しなさい。
    世の中に物語といふもののあんなるを、いかで見ばや
 3)「いかに思ひ始めけることにか」の後に省略されていると思われる語を答えなさい。
   ありけむ (または あらむ) (「か」の結びの語が省略されている)

6 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり)
 1)いかに思ひ始めけることか、         (  )
 2)人まにみそか入りつつ、          (  )
 3)いまたちといふ所移る。          (  )
 4)南ははるか野の方見やらる。        (  )
 5)雨かきくらし降る、境を出でて、       (  )

  ア 格助詞   イ 接続助詞   ウ 完了の助動詞「ぬ」の連用形   エ 断定の助動詞「なり」の連用形   オ 形容動詞の連用形活用語尾

7 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)いかばかりかはあやしかりけむを、             過去推量の助動詞「けむ」の連体形
 2)世の中に物語といふもののあんなるを、           伝聞の助動詞「なり」の連体形
 3)つれづれなる昼間、宵居などに、             ナリ活用形容動詞「つれづれなり」の連体形の活用語尾
 4)十三になる年、上らむとて、                ラ行四段活用動詞「なる」の連体形
 5)悲しくて、人知れずうち泣かぬ。             自発の助動詞「る」の連用形
 6)方々見つつ、ここを立ちなむことも、            強意の助動詞「ぬ」の未然形+推量の助動詞「む」の終止形
 7)大きなる柱、川の中に四つ立て            存続の助動詞「り」の終止形
 8)朽ちもせぬこの川柱残らずは昔の跡をいかで知らまし      反実仮想の助動詞「まし」の連体形

8 「いみじく心もとなきままに」について、作者は何を「心もとなき」ことと思ったのか、説明しなさい。
    姉や継母が語る物語のことをもっと知りたいが、姉や継母が作者が思うとおりに覚えていて語ってくれるはずもないこと。

9 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)ところどころ語るを聞くに、いとどゆかしさまされど、            知りたく思う気持ち
 2)手洗いなどして、人まにみそかに入りつつ、              こっそりと
 3)年ごろ遊び慣れつる所を、あらはにこほち散らして、           数年来 ・ そとから丸見えになるほど
 4)東、西は海近くて、いとおもしろし                  趣がある
 5)同じ月の十五日、雨かきくらし降るに、                あたり一面を暗くして

10 下線部を現代語訳しなさい。
 1)物語といふもののあんなるを、いかで見ばやと思ひつつ    なんとかして見たいと思い思いして(「つつ」は動作の反復を表す)
 2)いみじく心もとなきままに、等身に薬師仏を造りて       たいそうじれったいので
 3)夕霧立ちわたりて、いみじうをかしければ         趣深いので
 4)朽ちもせぬこの川柱残らずは昔の跡をいかで知らまし     この川柱がもし残らなかったら昔の跡をどうして知ることが
                            できるだろうか、いや知ることはできないだろう。


11 下線部の敬語表現について、敬語の種類と、誰から誰への敬意を表しているかを答えなさい。
 1)「京にとく上げ給ひて、物語の多く候ふなる、…」      丁寧・作者から薬師仏への敬意を表す
 2)薬師仏の立ち給へるを、見捨て奉る、悲しくて、
       謙譲・作者から薬師仏への敬意を表す



更級日記 一覧

練習問題
 一覧


ナビゲーション