本文へスキップ

楽古文
更級日記 源氏の五十余巻 問題
      その春、世の中いみじう騒がしうて、松里の渡りの月影


 その春、世の中いみじう騒がしうて、松里の渡りの月影あはれに見し乳母も、三月一日に亡くなりぬ。せむかたなく思ひ嘆くに、
物語のゆかしさもおぼえずなりぬ。いみじく泣き暮らして見いだしたれば、夕日のいと華やかに差したるに、桜の花残りなく散り乱る。
  散る花もまた来む春は見もやせむやがて別れし人ぞ恋しき
 また聞けば、侍従大納言の御むすめ亡くなりたまひぬなり。殿の中将の思し嘆くなるさま、わがものの悲しき折なれば、いみじくあはれなりと
聞く。上り着きたりしとき、「これ手本にせよ。」とて、この姫君の御手を取らせたりしを、「さ夜ふけて寝覚めざりせば」など書きて、
「鳥部山谷に煙の燃え立たばはかなく見えしわれと知らなむ」と、いひ知らずをかしげに、めでたく書きたまへるを見て、いとど涙を添へまさる。

 かくのみ思ひくんじたるを、心も慰めむと、心苦しがりて、母、物語など求めて見せ給ふに、げにおのづから慰みゆく。紫のゆかりを見て、
続きの見まほしくおぼゆれど、人語らひなどもえせず。たれもいまだ都慣れぬほどにて、え見つけず。いみじく心もとなく、ゆかしくおぼゆるままに、
この源氏の物語、一の巻よりしてみな見せ給へと、心の内に祈る。親の太秦に籠り給へるにも、ことごとなく、このことを申して、出でむままに
この物語見果てむと思へど、見えず。いとくちをしく思ひ嘆かるるに、をばなる人の、田舎より上りたる所にわたいたれば、
「いとうつくしう生ひなりにけり。」など、あはれがり、めづらしがりて、帰るに、「何をか奉らむ。まめまめしきものは、まさなかりなむ。
ゆかしくし給ふなるものを奉らむ。」とて、源氏の五十余巻、櫃に入りながら、在中将・とほぎみ・せりかは・しらら・あさうづなどいふ物語ども、
一袋取り入れて、得て帰る心地のうれしさぞいみじきや。はしるはしる、わづかに見つつ、心も得ず、心もとなく思ふ源氏を、一の巻よりして、
人もまじらず、几帳の内にうち伏して引き出でつつ見る心地、后の位も何にかはせむ。昼は日暮らし、夜は目の覚めたる限り、
灯を近くともして、これを見るよりほかのことなければ、おのづからなどは、そらにおぼえうかぶを、いみじきことに思ふに、夢に、いと清げなる僧の、
黄なる地の袈裟着たるが来て、「法華経五の巻を、とく習へ。」と言ふと見れど、人にも語らず、習はむとも思ひかけず。物語のことをのみ
心にしめて、我はこのごろわろきぞかし、盛りにならば、かたちも限りなくよく、髪もいみじく長くなりなむ、光の源氏の夕顔、
宇治の大将の浮舟の女君のやうにこそあらめ、と思ひける心、まづいとはかなく、あさまし。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)籠る          こもる

 2)櫃           ひつ
 3)几帳          きちょう
 4)后           きさき
 5)袈裟          けさ

2 『更級日記』の作者のおばにあたる、藤原道綱母が書いた日記の名を答えなさい。
   蜻蛉日記

3 文中の下線部「心も慰めむ」「慰みゆく」の動作の主体(主語)はそれぞれ誰か。
  心も慰めむ = 
  慰みゆく  = 
作者

4 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
 1)何を奉らむ。                      結びの語は「む」。意志の助動詞「む」の連体形
 2)得て帰る心地のうれしさいみじきや。             結びの語は「いみじき」。シク活用形容詞「いみじ」の連体形

 3)宇治の大将の浮舟の女君のやうにこそあらめ、と思ひける心、    結びの語は「め」。推量の助動詞「む」の已然形

5 下線部の「なり」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり)
 1)物語のゆかしさもおぼえずなりぬ。          (  )
 2)侍従大納言の御むすめ亡くなりたまひぬなり     (  )
 3)いみじくあはれなりと聞く。             (  )
 4)かたちも限りなくよく、髪もいみじく長くなりなむ、     (  )

  ア 断定の助動詞    イ 伝聞・推定の助動詞    ウ 四段活用動詞の連用形    エ ナリ活用形容動詞の活用語尾


6 下線部の「なむ」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複あり)
 1)鳥部山谷に煙の燃え立たばはかなく見えしわれと知らなむ   (  )
 2)まめまめしきものは、まさなかりなむ            (  )
 3)かたちも限りなくよく、髪もいみじく長くなりなむ        (  )

  ア 願望の終助詞   イ 強意の係助詞   ウ 強意の助動詞「ぬ」の未然形+推量の助動詞「む」の終止形
  エ 強意の助動詞「ぬ」の未然形+意志の助動詞「む」の終止形

7 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)侍従大納言の御むすめ亡くなりたまひなり。           完了の助動詞「ぬ」の終止形
 2)たれもいまだ都慣れほどにて、え見つけず。           打消の助動詞「ず」の連体形
 3)ゆかしくし給ふなるものを奉らむ。                伝聞の助動詞「なり」の連体形
 4)いと清げなる僧の、黄なる地の袈裟着たるが来て、         ナリ活用形容動詞「清げなり」の連体形の活用語尾
 5)親の太秦に籠り給へにも、ことごとなく、このことを申して、      完了(存続)の助動詞「り」の連体形
 6)いとくちをしく思ひ嘆かるるに、                  自発の助動詞「る」の連体形

8 「をばなる人の、田舎より上りたる所にわたいたれば、『いとうつくしう生ひなりにけり。』などあはれがり、めづらしがりて、帰るに」について
 1)動作の主体(主語)をそれぞれ答えなさい。
  わたいたれば  =  作者
  あはれがり   =  をばなる人
  めづらしがりて =  をばなる人
  帰るに     =  作者

 2)「わたいたれば」の「わたい」はイ音便の形になっている。活用形と、もとの形を答えなさい。
    連用形・わたり

9 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)せむかたなく思ひ嘆くに、物語のゆかしさもおぼえずなりぬ。         どうしようもなく
 2)散る花もまた来む春は見もやせむやがて別れし人ぞ恋しき         そのまま
 3)「これ手本にせよ。」とて、この姫君の御手を取らせたりしを、         御筆跡
 4)昼は日暮らし、夜は目の覚めたる限り、                 一日中
 5)まづいとはかなく、あさまし                      あきれるほどだ

10 下線部を現代語訳しなさい。
 1)かくのみ思ひくんじたるを、心も慰めむと、                このようにばかりふさぎ込んでいるのを
 2)続きの見まほしくおぼゆれど、人語らひなどもえせず           人に言ってたのむことなどもできない
 3)いみじく心もとなく、ゆかしくおぼゆるままに               じれったく、見たく思われるので
 4)出でむままにこの物語見果てむと思へど、見えず。            出たらすぐに
 5)何をか奉らむ。まめまめしきものは、まさなかりなむ                実用的なものは、きっとよくないだろう
 6)ゆかしくし給ふなるものを奉らむ                         見たいと思っていらっしゃると聞くものをさしあげよう
 7)几帳の内にうち伏して引き出でつつ見る心地、后の位も何にかはせむ     后の位も何にしようか、いや何にすることもできない
 8)おのづからなどは、そらにおぼえうかぶを、いみじきことに思ふに、         自然と、何も見なくても頭に浮かびなどするのを

11 「在中将」とは、物語の名であるが、現在何と呼ばれているか、作品名を答えなさい。
   伊勢物語

12 「さ夜ふけて寝覚めざりせば」は、後に「ほととぎす人づてにこそ聞くべかりつれ」と続くが、この歌に込められた作者の心情を次から選びなさい。
  ア 昨夜はぐっすり眠れなかったが、そのおかげでほととぎすのすばらしい声を直接聞くことができてよかった。
  イ ほととぎすが夜に目を覚ましてくれなかったら、人づてにその声の素晴らしさを聞くしかないことだろう。
  ウ 昨夜はぐっすり眠ってしまったので、せっかくほととぎすが鳴いたのに人づてに聞くことだ。
  エ 夜に目がさめなかったら、ほととぎすの声は人づてに聞く方が直接聞くよりかえって趣深い。
                                            (  )


13 「鳥部山…」の歌について
 1)「煙の燃え立たば」の「煙」とは、何の煙をさすか。
    火葬
 2)「はかなく見えしわれと知らなむ」の「知らなむ」の意味は次のうちどれか。
  ア 知るのか    イ 知ってほしい    ウ きっと知るだろう    エ 知るだろうか、いや知らない
                                           
 
(  )

14 「后の位も何にかはせむ」に表れた作者の心情はどのようなものか。
  現世での最高の幸せであろうと思われる后の位も、物語を読むうれしさには及ばないと物語に夢中になる気持ち。


15 最後の部分の「あさまし」とはどのような心情であるか。日記を記している時点からの感想であることに留意して答えなさい。
   少女のころは、大人になれば自分が源氏物語に登場する人物のように美しくなると思っていたが、晩年にふりかえると、
  自分は源氏物語の登場人物とは全く違っていた、と当時の考えにあきれる気持ち。



更級日記 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション