本文へスキップ

楽古文
重要敬語 しろしめす



 しろしめす
  
「治める」「統治する」「知る」の尊敬語 

   「知る」に奈良時代の尊敬の助動詞「す」がついた「知らす」に尊敬語の「めす」がついた
   「しらしめす」の変化したもので、「治める」「統治する」の尊敬語。「お治めになる」。
   また、「知る」の尊敬語。「知っていらっしゃる」意。

   

   

   例1:今すべらぎの天の下しろしめすこと四つの時九かへりになむなりぬる。
      
(今上天皇が、天下をお治めになることが(四季九回で)九年になった。)


   

ナビゲーション