本文へスキップ

楽古文
竹取物語(1)問題 今は昔、竹取の翁といふ者ありけり



  今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。名をば、讃岐の造となむいひける。
 その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。あやしがりて寄りて見るに、筒の中光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、
 いとうつくしうてゐたり。
 翁言ふやう、「われ朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて、知りぬ。こになりたまふべき人なめり。」とて、手にうち入れて、
 家へ持ちて来ぬ。
 妻の嫗に預けて養はす。うつくしきこと限りなし。いと幼ければ、籠に入れて養ふ。
 竹取の翁、竹を取るに、この子を見つけて後に竹取るに、節を隔ててよごとに、黄金ある竹を見つくること重なりぬ。
 かくて、翁やうやう豊かになりゆく。

 この児、養ふほどに、すくすくと大きになりまさる。三月ばかりになるほどに、よきほどなる人になりぬれば、
 髪上げなどさうして、裳着す。

 1 下線部の意味を書きなさい。
   @ あやしがりて寄りて見るに、    
不思議に思って
    

   A かくて、翁やうやう豊かになりゆく。 こうして  だんだん
    

   B 髪上げなどさうして、裳着す。    あれこれと手配して

 2 「おはする」の活用の種類と活用形を答えなさい。
     サ行変格活用・連体形

 3 「おはするにて、知りぬ」とは、何を知ったのか。
     竹の筒の中にいる子が、自分の子となるはずの人であること。

 4 下線部を現代語訳しなさい。
   @ 三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり
      たいそうかわいらしい様子ですわっていた。

   A うつくしきこと限りなし。
      かわいらしいことは

 6 「いと幼ければ」を品詞分解して文法的に説明しなさい。
     いと・副詞、幼けれ・ク活用形容詞「幼し」の已然形、ば・接続助詞

竹取物語 一覧

練習問題 一覧



ナビゲーション