本文へスキップ

楽古文
土佐日記 門出 問題
      男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて


 男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて、するなり。
 それの年の十二月の二十日余り一日の戌の時に、門出す。そのよし、いささかにものに書きつく。
 ある人、県の四年五年果てて、例のことどもみなし終へて、解由など取りて、住む館より出でて、船に乗るべき所へわたる。
かれこれ、知る知らぬ、送りす。年ごろよくくらべつる人々なむ、別れがたく思ひて、日しきりに、とかくしつつ、
ののしるうちに、夜更けぬ。
 二十二日に、和泉の国までと、平らかに願立つ。藤原のときざね、船路なれど、むまのはなむけす。上・中・下、酔ひ飽きて、
いとあやしく、潮海のほとりにて、あざれ合へり。
 二十三日。八木のやすのりといふ人あり。この人、国に必ずしも言ひ使ふ者にもあらざなり。これぞ、たたはしきやうにて、
むまのはなむけしたる。守柄にやあらむ、国人の心の常として、「今は。」とて見えざなるを、心ある者は、恥ぢずになむ来ける。
これは、ものによりてほむるにしもあらず。
 二十四日。講師、むまのはなむけしに出でませり。ありとある上・下、童まで酔ひしれて、一文字をだに知らぬ者、
しが足は十文字に踏みてぞ遊ぶ。
 二十五日。守の館より、呼びに文持て来たなり。呼ばれて至りて、日一日、夜一夜、とかく遊ぶやうにて、明けにけり。
 二十六日、なほ守の館にて、あるじしののしりて、郎党までに物かづけたり。漢詩声あげていひけり。
和歌、主も客人も、異人もいひあへりけり。漢詩は、これにえ書かず。和歌、主の守のよめりける、
  都出でて君に逢はむと来しものを来しかひもなく別れぬるかな
となむありければ、帰る前の守のよめりける、
  しろたへの波路を遠くゆき交ひてわれに似べきはたれならなくに
異人々のもありけれど、さかしきもなかるべし。とかくいひて、前の守、今のも、もろともに下りて、今の主も、前のも、
手取り交はして、酔ひ言に快げなる言して、出で入りにけり。

問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)戌        いぬ
 2)県        あがた
 3)解由       げゆ
 4)守        かみ
 5)郎等       ろうどう
 6)客人       まろうと
 7)異人       ことひと


2 『土佐日記』の作者は誰か。また、この作者が撰者のひとりである勅撰和歌集は何か。
   紀貫之 ・ 古今和歌集

3 「戌の時」とは、何時ごろか。
   午後八時ごろ

4 「ある人、賢の四年五年果てて」について
 1)「ある人」とは誰のことか。
   紀貫之(作者)

 2)なぜこのような表現がされているのか。
   『土佐日記』は女性が書いたものとして記されており、作者自身のことは同行の女性から見たものとして表しているから。

5 下線部の助動詞をそれぞれ文法的に説明しなさい。
   男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて、するなり
    なる = 伝聞の助動詞「なり」の連体形
    なり = 断定の助動詞「なり」の終止形


6 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
 1)年ごろよくくらべつる人々なむ、別れがたく思ひて、日しきりに、とかくしつつ、ののしるうちに、夜更けぬ。
   「別れがたく思ふ」が文末となり、「思ふ」の連体形の「思ふ」が結びとなるはずが、
   接続助詞「て」がついて文が続いたことで結びが流れている。

 2)守柄にあらむ、国人の心の常として、「今は。」とて見えざなるを、
   結びの語は「む」・推量の助動詞「む」の連体形

7 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)二十日余り一日の戌の時、門出す。        (  )
 2)和泉の国までと、平らか願立つ。          (  )
 3)守柄やあらむ、国人の心の常として         (  )
 4)一文字をだ知らぬもの              (  )
 5)日一日、夜一夜、とかく遊ぶやうにて、明けけり。    (  )

  ア 接続助詞    イ 格助詞    ウ 完了の助動詞の連用形    エ 断定の助動詞の連用形
  オ 副助詞の一部    カ 形容動詞の連用形の活用語尾    キ 副詞の一部


8 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)国に必ずしも言ひ使ふ者にもあらなり。
   打消の助動詞「ず」の連体形「ざる」の撥音便「ざん」の「ん」が表記されない形
 2)守の館より、呼びに文持て来なり。
   完了の助動詞「たり」の連体形「たる」の撥音便「たん」の「ん」が表記されない形

9 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
1)日しきりに、とかくしつつ、ののしるうちに、夜更けぬ。   一日中 ・ 声高に騒ぐ
2)船路なれど、むまのはなむけす。          送別の宴
3)潮海のほとりにて、あざれ合へり。          ふざけあっている
4)前の守、今のも、もろともに下りて          いっしょに


10 下線部の敬語の種類と、誰から誰への敬意を表しているかを答えなさい。
  講師、むまのはなむけしに出でませり。        尊敬・作者から講師への敬意を表している

11 下線部を必要であれば語句を補って現代語訳しなさい。
 1)年ごろよくくらべつる人々なむ、別れがたく思ひて    長年とても親しくつきあっていた
 2)二十二日に、和泉の国までと、平らかに願立つ。   無事であるように神仏に祈願する
 3)守柄にやあらむ、国人の心の常として        国司の人柄や政治のしかたがよかったからであろうか
 4)なほ守の館にて、あるじしののしりて         (主人として)客をもてなして大騒ぎして


12 次にあげる文には、それぞれどのような機知的表現が認められるか。
 1)船路なれど、むまのはなむけす。
   馬ではなく船でいく旅なのに、「馬」のはなむけをするというしゃれ。
   (「むま」は「馬」のこと。「馬のはなむけ」は旅立つ人に餞別を贈ったり、送別の宴をしたりすること)

 2)潮海のほとりにて、あざれ合へり。

   塩気の強い海のほとりで、ものが「あざる」(腐る)はずがないのに「あざれあって」(ふざけあって)いるというしゃれ。
   「あざる」には魚などが腐る意味と、ふざけるという意味とがある。

13 「都出でて…」の歌の中の「来しものを」を文法的に説明しなさい。
   カ行変格活用動詞「来(く)」の未然形+過去の助動詞「き」の連体形+逆接の接続助詞「ものを」

14 「しろたへの…」の歌に用いられた修辞法について、空欄を埋めて説明を完成させなさい。
  ( しろたへの )は、(    )にかかる( 枕詞  )


土佐日記 一覧

練習問題
 一覧

ナビゲーション