本文へスキップ

楽古文
土佐日記 亡児 問題
      二十七日。大津より浦戸をさして漕ぎ出づ。


 二十七日。大津より浦戸をさして漕ぎ出づ。かくあるうちに、京にて生まれたりし女子、国にてにはかに失せにしかば、
このごろの出で立ちいそぎを見れど、何ごとも言はず、京へ帰るに女子のなきのみぞ、悲しび恋ふる。ある人々もえ堪へず。
この間に、ある人の書きて出だせる歌、
  都へと思ふをものの悲しきは帰らぬ人のあればなりけり
また、あるときには、
  あるものと忘れつつなほなき人をいづらと問ふぞ悲しかりける

 十一日。暁に船を出だして、室津を追ふ。人みなまだ寝たれば、海のありやうも見えず。ただ月をみてぞ、西東をば知りける。
かかる間に、みな、夜明けて、手洗ひ、例のことどもして、昼になりぬ。今し、羽根といふ所に来ぬ。わかき童、この所の名を聞きて、
「羽根といふ所は、鳥の羽のやうにやある。」と言ふ。まだをさなき童の言なれば、人々笑ふときに、ありける女童なむ、この歌をよめる。
  まことにて名に聞くところ羽ならば飛ぶがごとくに都にもがな
とぞ言へる。男も女も、いかでとく京へもがなと思ふ心あれば、この歌、よしとにはあらねど、げにと思ひて、人々忘れず。
この羽根といふ所問ふ童のついでにぞ、また昔へ人を思ひ出でて、いづれの時にか忘るる。今日はまして、母の悲しがらるることは。
下りしときの人の数足らねば、古歌に「数は足らでぞ帰るべらなる」ということを思ひ出でて、人のよめる
  世の中に思ひやれども子を恋ふる思ひにまさる思ひなきかな
と言ひつつなむ。
 

問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)二十七日        はつかあまりなぬか

 2)女子          おんなご
 3)十一日         とおかあまりひとひ
 4)暁           あかつき
 5)童           わらわ

2 『土佐日記』の作者は誰か。また、この作者が選者のひとりである勅撰和歌集は何か。
   紀貫之 ・ 古今和歌集

3 文中の下線部「ある人々」「ある人」とは、それぞれ誰をさしているか。
  ある人々 = その場にいる人々
  ある人  = 
紀貫之(ぼかして表現している)

4 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
 1)京へ帰るに女子のなきのみ、悲しび恋ふる。    結びの語は「恋ふる」。ハ行上二段活用動詞「恋ふ」の連体形
 2)ありける女童なむ、この歌をよめる。         結びの語は「る」。完了の助動詞「り」の連体形

 3)いづれの時に忘るる。             結びの語は「忘るる」。ラ行下二段活用動詞「忘る」の連体形
 4)世の中に……思ひなきかな と言ひつつなむ。    結びが省略されている。「ある」「はべる」などを補って解釈する。

5 下線部の「し」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)京にて生まれたり女子、        (  )
 2)手洗ひ、例のことどもて、        (  )
 3)、羽根といふ所に来ぬ。        (  )
 4)この歌、よとにはあらねど、        (  )

  ア サ行変格活用動詞「す」の連用形    イ 形容詞の終止形活用語尾    ウ 強意の副助詞    エ 過去の助動詞「き」の連体形


6 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)国にてにはか失せにしかば、       (  )
 2)この間、ある人の書きて出だせる歌、    (  )
 3)羽根といふ所は、鳥の羽のやうやある。   (  )
 4)国にてにはかに失せしかば、       (  )

  ア 格助詞   イ 接続助詞   ウ 完了の助動詞「ぬ」の連用形   エ 断定の助動詞「なり」の連用形   オ 形容動詞の連用形活用語尾

7 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)人みなまだ寝たれば、海のありやうも見えず。     ヤ行下二段活用動詞「見ゆ」の未然形
 2)ただ月をてぞ、西東をば知りける。         マ行上一段活用「見る」の連用形
 3)まことにて名に聞くところ羽ならば           断定の助動詞「なり」の未然形
 4)この歌、よしとにはあらど、             打消の助動詞「ず」の已然形
 5)飛ぶがごとくに都へもがな              願望を表す終助詞
 6)今日はまして、母の悲しがらるること。         感動・詠嘆を表す終助詞

8 「また昔へ人を思ひ出でて、いづれの時にか忘るる。」について
 1)「昔へ人」の意味と、具体的に誰を指すかを答えなさい。
  意味 = 亡くなった人    誰を指すか = 任地で亡くなった作者紀貫之の女児

 2)「思ひ出で」たのは誰か。また、何をきっかけに思い出したのか。
  誰 = 作者(紀貫之)     きっかけ = 幼い子が、羽根というところについて、鳥の羽のようであるのかとたずねたこと

9 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)このごろの出で立ちいそぎを見れど、         準備
 2)いづらと問ふぞ悲しかりける             どこ
 3)わかき童、この所の名を聞きて、           幼い
 4)ありける女童なむ、この歌をよめる。          例の
 5)よしとにはあらねど、げにと思ひて、          なるほど ほんとうに

10 下線部を現代語訳しなさい。
 1)京にて生まれたりし女子、国にてにはかに失せにしかば、    任地で急に死んでしまったので
 2)羽根といふ所は、鳥の羽のやうにやある。          鳥の羽のようであるか
 3)男も女も、いかでとく京へもがなと思ふ心あれば、       なんとかして早く京へ行きたい(帰りたい)ものだなあ
 4)また昔へ人を思ひ出でて、いづれの時にか忘るる。       いつになったら忘れるのか

11 「下りしときの人の数足らねば」とは、どういうことか。
  京から任地へ下ったときの人数にくらべて、京に帰るときの人数が少ないこと。(亡くなるなどして人数が減ってしまったこと)

12 「都へと…」の歌に込められた作者の心情はどのようなものか。
  ア 都へ帰るのはうれしいはずなのに、亡くした子のことを思うとなんとなく悲しい。
  イ 都に帰るというので、みんないそがしく準備をしているが、帰ってこない人もいるのはよくないことだ。
  ウ 都へ帰る日が近づくが、どうも気がすすまないのは、あとを託そうと思う人がもどってこないからだ。
  エ みんな都へ帰る準備で忙しくしているが、都へ帰らないわたしには関係のないことで、悲しいことだ。
                                            (  )


13 「あるものと…」の歌について
 1)「あるものと」をわかりやすく解釈しなさい。
    死んでしまった子がまだ生きているとつい思って
 2)「忘れつつ」とは何を忘れるのか。
    死んでしまったこと
 3)「なき人」とは誰のことか。
    作者紀貫之の死んだ女の子

14 「今日はまして、母の悲しがらるることは。」の「母」とは誰か。
  ア 羽根という地名についてたずねた子の母      イ 「まことにて…」の歌を詠んだ女の子の母
  ウ 作者の母                    エ 死んだ女の子の母で、作者の妻
                                            (  )




土佐日記 一覧

練習問題
 一覧

ナビゲーション