本文へスキップ

楽古文
土佐日記 帰京 現代語訳
      夜になして京には入らむと思へば、急ぎしもせぬほどに




夜になして京には入らむと思へば、急ぎしもせぬほどに、月いでぬ。桂川、月の明きにぞ渡る。
人々のいはく、「この川、飛鳥川にあらねば、淵瀬さらに変はらざりけり。」と言ひて、ある人のよめる歌、
ひさかたの月におひたる桂川底なる影も変はらざりけり
また、ある人の言へる、
天雲のはるかなりつる桂川袖をひでても渡りぬるかな
また、ある人よめり。
桂川わが心にも通はねど同じ深さに流るべらなり
京のうれしきあまりに、歌もあまりぞ多かる。
夜ふけて来れば、ところどころも見えず。京に入り立ちてうれし。

家に至りて、門に入るに、月明ければ、いとよくありさま見ゆ。
聞きしよりまして、言ふかひなくぞこぼれ破れたる。家に預けたりつる人の心も、荒れたるなりけり。
中垣こそあれ、一つ家のやうなれば、望みて預かれるなり。さるは、たよりごとにものも絶えず得させたり。
こよひ、「かかること。」と声高にものも言はせず。いとはつらく見ゆれど、志はせむとす。
さて、池めいてくぼまり、水つける所あり。ほとりに松もありき。
五年六年のうちに、千年や過ぎにけむ、かたへはなくなりにけり。今生ひたるぞ混じれる。
おほかたの、みな荒れにたれば、「あはれ。」とぞ人々言ふ。
思ひ出でぬことなく、思ひ恋しきがうちに、この家にて生まれし女子の、
もろともに帰らねば、いかがは悲しき。船人もみな、子たかりてののしる。
かかるうちに、なほ悲しきに堪へずして、ひそかに心知れる人と言へりける歌、
生まれしも帰らぬものをわが宿に小松のあるを見るが悲しさ
とぞ言へる。なほ飽かずやあらむ、またかくなむ、
見し人の松の千年に見ましかば遠く悲しき別れせましや
忘れがたく、くちをしきこと多かれど、え尽くさず。とまれかうまれ、とく破りてむ。




現代語訳

夜になるのを待って都にはいろうと思うので、とくに急ぎもしないうちに、月が出た。
桂川を、月が明るい時に渡る。人々がいうには、「この川は、飛鳥川ではないから、
流れがまったく変わらないことだ。」といって、ある人が詠んだ歌、
月に生えている桂の木と同じ名を持つ桂川よ。(都を出た五年前と流れも変わらず)
(川の)底に映る(月の)光も変わっていないことだなあ
また、ある人がいうことは、
(土佐からは)天雲のように遠くへだたってい(ると思いやってい)た桂川を、
(今はこのように)袖を流れにぬらして渡ったことだなあ
また、ある人が詠んだ。
桂川は私の心に流れ込んでいるわけではないが、その(以前と変わらぬ)流れの深さは
私の(帰京を喜ぶ)心と同じ深さで流れているようだ。
都についたうれしさのあまりに、歌もたいへん多い。
夜が更けてから(京に)来るので、あちこち(の町筋やけしきなど)も(はっきりと)見わけられない。
都に足を踏み入れてうれしい。

家に着いて、門を入ると、月が明るいのでたいそうよくあたりの様子が見える。
かねて聞いていた以上に、話にならないほどひどくこわれいたんでいる。
家に預けておいた人の心も(この家と同じように)荒れはてているのだったよ。
(隣家との間には)隔ての垣根こそあるものの、一軒の家のようであるので、(隣の人のほうから)
希望して(留守の我が家を)預かったのだ。(先方からいったことなので気をつかわなくてもよさそうだが)
それでも、(私のほうでは)機会があるたびに、(隣の家に)贈り物も絶えず届けてきた。
今夜は(入京の日でもあるから)「こんな(ひどい)こと。」と(従者たちにも)大声で言うのをひかえさせる。
(隣人のしうちが)ひどく薄情に思われるが、謝礼はしようと思う。
さて、(邸内には)池のようにくぼんで、水がたまっている所がある。そばに松もあった。
五、六年の(不在の)間に、(ここでは)千年も過ぎたのであろうか、一部分はなくなってしまっていた。
今生えたばかりの小松が混じっている。全体がすっかり荒れてしまっているので、
「ああ、なんと(ひどいこと)。」と人々が言う。思い出さないことはなく、(あれこれと)思い
恋しいことのなかで、この家で生まれた女の子が、いっしょに帰らないので、どんなにか悲しいことだろう。
同じ船で帰京した人々もみんな、子どもがまわりに集まって、にぎやかに騒いでいる。
こうした中で、やはり悲しい思いに堪えられないで、こっそりと私の心を知っている人(=妻)と詠んだ歌、
(この家で)生まれたわが子さえ(土佐で死に)帰らないのに、我が家(の庭)に
(留守の間にはえた)小松が育っているのを見るのが、(まことに)悲しいことだよ
と詠んだ。(それでも)まだ詠み足りないのであろうか、またこのように(歌を詠んだ)
(この家で一緒に暮らして)見ていた(亡くなった)あの子が、千年の寿命を持つ松のように
(いつまでも生きているのを)見ることができるのであったら、どうして遠い土佐の国で
あのような悲しい永遠の別れをしたであろうか、しなくてよかったであろうに。
忘れようにも忘れられず、心残りであることが多いが、書き尽くすことができない。
とにもかくにも、(こんな日記は)早く破ってしまおう。


土佐日記 帰京 解説

土佐日記 帰京 問題

土佐日記 一覧

ナビゲーション