本文へスキップ

楽古文
土佐日記 帰京 問題
      夜になして京には入らむと思へば、急ぎしもせぬほどに


 夜になして京には入らむと思へば、急ぎしもせぬほどに、月いでぬ。桂川、月の明きにぞ渡る。人々のいはく、
「この川、飛鳥川にあらねば、淵瀬さらに変はらざりけり。」と言ひて、ある人のよめる歌、
  ひさかたの月におひたる桂川底なる影も変はらざりけり
また、ある人の言へる、
  天雲のはるかなりつる桂川袖をひでても渡りぬるかな
また、ある人よめり。
  桂川わが心にも通はねど同じ深さに流るべらなり
京のうれしきあまりに、歌もあまりぞ多かる。夜ふけて来れば、ところどころも見えず。京に入り立ちてうれし。

 家に至りて、門に入るに、月明ければ、いとよくありさま見ゆ。聞きしよりまして、言ふかひなくぞこぼれ破れたる。
家に預けたりつる人の心も、荒れたるなりけり。中垣こそあれ、一つ家のやうなれば、望みて預かれるなり。さるは、たよりごとに
ものも絶えず得させたり。こよひ、「かかること。」と声高にものも言はせず。いとはつらく見ゆれど、こころざしはせむとす。
 さて、池めいてくぼまり、水つける所あり。ほとりに松もありき。五年六年のうちに、千年や過ぎにけむ、かたへはなくなりにけり。
今生ひたるぞ混じれる。おほかたの、みな荒れにたれば、「あはれ。」とぞ人々言ふ。思ひ出でぬことなく、思ひ恋しきがうちに、
この家にて生まれし女子の、もろともに帰らねば、いかがは悲しき。船人もみな、子たかりてののしる。かかるうちに、
なほ悲しきに堪へずして、ひそかに心知れる人と言へりける歌、
  生まれしも帰らぬものをわが宿に小松のあるを見るが悲しさ
とぞ言へる。なほ飽かずやあらむ、またかくなむ、
  見し人の松の千年に見ましかば遠く悲しき別れせましや
忘れがたく、くちをしきこと多かれど、え尽くさず。とまれかうまれ、とく破りてむ。



問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)飛鳥川         あすかがわ

 2)門           もん
 3)千年          ちとせ
 4)破りてむ         やりてむ

2 『土佐日記』について、空欄を埋めて説明を完成させなさい。
  『土佐日記』は、作者( 1 )が、国司としての任地、土佐(今の 2 県)から京まで帰る旅を書き記した日記。女性に仮託して書かれた。
  作者は、古今和歌集の序文である( 3 )を書いたことで有名である。
   1 紀貫之  2 高知    3 仮名序
  

3 文中の下線部「ある人」「心知れる人」とは、それぞれ誰をさしているか。
  ある人   = 作者(紀貫之)
  心知れる人 = 
作者(紀貫之)の妻

4 次の下線部の「る」のうち、ほかと文法的性質の違うものがひとつある。どれか。
 ア 池めいてくぼまり、水つけ所あり。    
 イ 今生ひたるぞ混じれ         

 ウ 船人もみな、子たかりてののし             
 エ ひそかに心知れ人と言へりける歌       (  )  ア・イ・エは存続の助動詞「り」の連体形、ウは動詞の活用語尾

5 下線部の「し」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。(重複使用あり)
 1)夜になして京には入らむと思へば、急ぎもせぬほどに、     (  )
 2)聞きよりまして、言ふかひなくぞこぼれ破れたる。       (  )
 3)生まれも帰らぬものをわが宿に小松のあるを見るが悲しさ    (  )
 4)遠く悲しき別れせま                 (  )

  ア サ行変格活用動詞「す」の連用形    イ 助動詞の一部    ウ 強意の副助詞    エ 過去の助動詞「き」の連体形


6 下線部の「に」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)飛鳥川あらねば、淵瀬さらに変はらざりけり。       (  )
 2)ほとり松もありき。                  (  )
 3)千年や過ぎにけむ、かたへはなくなりけり。        (  )  「過ぎにけむ」の「に」も「ウ」
 4)もろとも帰らねば、いかがは悲しき。           (  )
 5)ひそか心知れる人と言へりける歌           (  )
  ア 格助詞   イ 副詞の一部   ウ 完了の助動詞「ぬ」の連用形   エ 断定の助動詞「なり」の連用形   オ 形容動詞の連用形活用語尾

7 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)急ぎしもせぬほどに、月いで              完了の助動詞「ぬ」の終止形
 2)明ければ、いとよくありさま見ゆ。             ク活用形容詞「明し」の已然形
 3)たよりごとに、ものも絶えず得させたり。            使役の助動詞「さす」の連用形
 4)五年六年のうちに、千年や過ぎにけむ           過去推量の助動詞「けむ」の連体形 (「や」の結び)
 5)なほ飽かずやあらむ、またかくなむ             強意の係助詞「なむ」 (結びが省略されている)
 6)とまれかうまれ、とく破りむ。                強意の助動詞「つ」の未然形

8 「この家にて生まれし女子」について
 1)この「女子」は、任地である土佐で亡くした女の子のことだが、「女子」を暗示する語をここより後から抜き出しなさい。
    小松
 2)この「女子」と同じ人物を指す語句をここより後から二つ抜き出しなさい。
    生まれし ・ 見し人

9 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)底なるも変はらざりけり                  月の光
 2)聞きしよりまして、言ふかひなくぞこぼれ破れたる。         言ってもしかたがない 話にならない
 3)中垣こそあれ、一つ家のやうなれば、              中垣こそあるが
 4)この家にて生まれし女子の、もろともに帰らねば、          いっしょに
 5)船人もみな、子たかりてののしる                大声で騒ぐ

10 下線部を現代語訳しなさい。
 1)この川、飛鳥川にあらねば、淵瀬さらに変はらざりけり       まったく変わらないことだ
 2)五年六年のうちに、千年や過ぎにけむ             千年たったのであろうか
 3)もろともに帰らねば、いかがは悲しき              どんなに悲しいことか
 4)忘れがたく、くちをしきこと多かれど、え尽くさず          書き尽くすことができない

11 帰京して、我が家のありさまを見たとき、作者はどのような気持ちを抱いたか。空欄に適切な語を補いなさい。
  作者は京に着いて、( 1 )気持ちでいっぱいであったが、留守にしていた家はいってもかいがないほど( 2 )。
  一つの家のようなので、隣人のほうから預かるといってくれたのだったが、絶えず贈り物も届けていた。それなのに、
  こんなひどいこと、と( 3 )にも言わせず、隣人の仕打ちが( 4 )と思えるが、( 5 )はしようと思う。
   1 うれしい       2 こわれいたんでいた  3 従者
   4 薄情だ ひどい   5 
謝礼 

12 「ひさかたの…」「天雲の…」「桂川…」の三首の歌に用いられた修辞法について、空欄を埋めて説明を完成させなさい。
  「ひさかたの」は「( 1 )」にかかる( 2 )。「( 3 )」は「桂」を導く( 4 )。
  「おひたる」は「生ひたる」と「( 5 )」との( 6 )。
  「天雲の」は「はるか」にかかる( 1 )。
  「桂川…」の歌の「通ふ」「深さ」「流る」は、それぞれ「川」の( 7 )である。
   1          2 枕詞         3 ひさかたの月におひたる   
   4 序詞        5 (名を)負ひたる   6 掛詞        7 縁語 


13 「生まれしも…」の歌について
 1)「生まれし」は誰を指すか。
    京の家で生まれて、土佐で死んだ女の子
 2)「小松」はここより前の記述でどのように書かれているか。
    今生ひたる
 3)「悲しさ」とは何と何を対比して感じた悲しさか。
    死んでしまったわが子と、新しく生えて育っている小松

14 「見し人の…」の歌について
 1)「見し人」とは誰を指すか。
   京の家で生まれて、土佐で死んだ女の子
 2)「…ましかば…まし」は何を表すか。
   反実仮想
 3)「松の千年に見ましかば」とはどういう意味か、わかりやすく解釈しなさい。
   千年を経て生きるという松のようにいつまでも元気で身近に見ることができるのだったならば



土佐日記 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション