本文へスキップ

楽古文
土佐日記 忘れ貝 問題
      四日。かぢとり、「けふ風雲のけしきはなはだあし。」


 四日。かぢとり、「けふ風雲のけしきはなはだあし。」と言ひて、船いださずなりぬ。しかれども、ひねもすに波風立たず。このかぢとりは、
日もえはからぬかたゐなりけり。この泊りの浜には、くさぐさのうるはしき貝・石など多かり。かかれば、ただ昔の人をのみ恋ひつつ、
船なる人のよめる、
  寄する波うちも寄せなむわが恋ふる人忘れ貝おりて拾はむ
と言へれば、ある人のたへずして、船の心やりによめる、
  忘れ貝拾ひしもせじ白珠を恋ふるをだにもかたみと思はむ
となむ言へる。女子のためには、親幼くなりぬべし。「珠ならずもありけむを。」と人言はむや。されども、「死じ子顔よかりき。」と言ふやうもあり。


問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 「かぢとり」について、作者はなぜ「日もえはからぬかたゐ(ばか者)」といっているのか。
   船頭は今日は風雲の様子が悪いといって、船を出さなかったが、予想に反して一日中波や風が立たなかったから。
  (こんな穏やかな天候なら船を出せたのに、という気持ちでいる。)

2 文中の下線部「昔の人」「船なる人」「ある人」とは、それぞれ誰をさしているか。
  昔の人  = 作者の娘(任地土佐で亡くなった娘)
  船なる人 = 作者の妻
  ある人  = 
作者(紀貫之)

3 下線部の「ぬ」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)船いださずなり             (  )
 2)日もえはからかたゐなりけり。        (  )
 3)女子のためには、親幼くなりべし。      (  )

  ア ナ行変格活用動詞の活用語尾   イ 完了の助動詞の終止形   ウ 強意の助動詞の終止形   エ 打消の助動詞の連体形


4 下線部の「なむ」の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)寄する波うちも寄せなむわが恋ふる人忘れ貝おりて拾はむ     (  )
 2)忘れ貝拾いしもせじ……となむ言へる。            (  )結びの語は「る」完了の助動詞「り」の連体形

  ア 強意の係助詞   イ 願望の終助詞   ウ 強意の助動詞+推量の助動詞   エ 強意の助動詞+意志の助動詞

5 下線部の助動詞の文法的意味を下の選択肢から選びなさい。(重複あり)
 1)ただ昔の人をのみ恋ひつつ、船なる人のよめ、    (  )
 2)忘れ貝拾ひしもせ               (  )
 3)白珠を恋ふるをだにもかたみと思は         (  )
 4)女子のためには、親幼くなりぬべし         (  )
 5)「珠ならずもありけむを。」             (  )
 6)「珠ならずもありけむを。」と人言はや。       (  )

  ア 推量   イ 意志   ウ 断定   エ 完了   オ 打消推量   カ 打消意志   キ 現在推量   ク 過去推量

6 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)しかれども、ひねもすに波風立たず。         一日中
 2)くさぐさのうるはしき貝・石など多かり。         美しい
 3)船の心やりによめる、               気晴らしに

7 下線部を現代語訳しなさい。
 1)日もえはからぬかたゐなりけり。            天候も見定めることができない
 2)女子のためには、親幼くなりぬべし          親はこどものように幼くなってしまうようだ
 3)珠ならずもありけむを。」と人言はむや。        珠というほどでもなかっただろうに
 4)されども、「死じ子顔よかりき。」と言ふやうもあり。     死んだ子は顔立ちがよかった

8 二首の歌に詠まれた「忘れ貝」はどのようなものか。具体的に説明しなさい。
  亡くなった娘を恋しく思う気持ちををわすれさせるもの。

9 「寄する波…」の歌について
 1)誰が詠んだ歌か。
  ア 作者    イ かぢとり    ウ 昔の人    エ 作者の妻    オ 同じ船で旅する人
                                            (  )

 2)「寄する波うちも寄せなむ」をことばを補って解釈しなさい。
   浜辺にうち寄せる波よ忘れ貝をうち寄せてほしいものだ

 3)この歌に表された心情はどのようなものか。
  ア 娘を思うとつらいので、忘れ貝を拾って忘れてしまいたい。
  イ 昔の人を忘れなさいといって、波が忘れ貝をうち寄せるだろうから、あなたは拾うといいでしょう。
  ウ 私の恋しい人よ、つらい気持ちを忘れるという忘れ貝をいっしょに拾いましょう。
  エ 娘を忘れたくはないけれど、わたしの恋しい人は忘れ貝を拾って忘れようとしている。
                                            (  )


13 「忘れ貝…」の歌について
 1)誰が詠んだ歌か。
  
ア 作者    イ かぢとり    ウ 昔の人    エ 作者の妻    オ 同じ船で旅する人
                                            (  )

 2)「白珠」とは何をさしているか。
    白珠のようにかわいいわが子

 3)この歌に表された心情はどのようなものか。
  ア 妻は忘れ貝を拾うといってもきっと拾わないだろうから、お互いに恋しく思う気持ちでいよう。
  イ 私は忘れ貝を拾ったりはしないで、娘を恋しく思う気持ちだけでもかたみと思っていたい。
  ウ 忘れ貝よりも、白珠のほうがずっと大切で、かたみとして恋しく思うべきものだ。
  エ 忘れ貝を拾わなくても、恋しい娘を亡くしたつらい気持ちは忘れるのがよい。

                                            (  )



土佐日記 一覧

練習問題
 一覧


ナビゲーション