本文へスキップ

楽古文
徒然草 神無月のころ 問題  
     神無月のころ、来栖野といふ所を  (第十一段)


 神無月のころ、来栖野といふ所を過ぎて、ある山里に尋ね入ることはべりしに、はるかなる苔の細道を踏みわけて、心細く住みなしたる
いほりあり。木の葉にうづもるるかけひのしづくならでは、つゆおとなふものなし。閼伽棚に、菊、紅葉など折り散らしたる、さすがに、住む人の
あればなるべし。
 かくてもあられけるよと、あはれに見るほどに、かなたの庭に、大きなる柑子の木の、枝もたわわになりたるが、まはりをきびしく囲ひたりしこそ、
すこしことさめて、この木なからましかばとおぼえしか。

                                                    (第十一段)


問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)閼伽棚      あかだな
 2)柑子       こうじ


2 下線部の語句の文中での意味を書きなさい。
 1)はるかなる苔の細道を踏みわけて      遠くまで続く
 2)心細く住みなしたるいほりあり。       ものさびしい様子で
 3)さすがに、住む人のあればなるべし。     そうはいってもやはり
 4)かくてもあられけるよと、あはれに見るほどに  しみじみと感じ入って
 5)すこしことさめて             興がさめて


3 下線部の助動詞の文法的な意味と活用形を答えなさい。
 1)ある山里に尋ね入ることはべりに      過去・連体形
 2)さすがに、住む人のあればなるべし。     推量・終止形
 3)かくてもあらけるよと、あはれに見るほどに   可能・連用形
 4)この木なからましかばとおぼえしか。      過去・已然形


4 次の下線部の「の」と同じ用法の「の」はどれか。記号で答えなさい。
   大きなる柑子の木、枝もたわわになりたるが、     (  )

    ア 五月つごもりに、雪いと白う降れり。
    イ いかなれば四条大納言はめでたく兼久がはわろきぞ。
    ウ 仏神などあらはれたまへるかとて、よろこびけり。
    エ 白き鳥嘴と脚と赤き、水の上に遊びつつ、魚を食ふ。


5 下線部「かくてもあられけるよ」の解釈として最も適切なものを選んで、記号で答えなさい。
   閼伽棚に、菊、紅葉など折り散らしたる、さすがに、住む人のあればなるべし。
   かくてもあられけるよと、あはれに見るほどに              (  )

    ア こんなふうに簡素にしてでも住んでいられるものだなあ。
    イ こんなにりっぱに花をかざった風流なすまいもあるものだなあ。
    ウ こんな不便でさびしいところに住まなくてもよいのになあ。
    エ こんな風に住んでいらっしゃるとは意外だったよ。


6 下線部を現代語訳しなさい。
 1)木の葉にうづもるるかけひのしづくならでは、つゆおとなふものなし。 懸樋の水のしたたり以外には、まったく音をたてるものがない
 2)さすがに、住む人のあればなるべし。            住む人があるからなのであろう
 3)すこしことさめて、この木なからましかばとおぼえしか。      もしこの木がなかったとしたら(どんなによかっただろうに)と思われた


7 「この木なからましかば」について
 1)この後に補う語句として適切なものを次から選んで記号で答えなさい。
                               (  )
    ア よかりけり   イ よからまし   ウ よかるまじ   エ うからまし   オ うかるべし


 2)「ましかば…」の文法的意味を答えなさい。
    反実仮想

8 作者は、柑子の木が囲ってあるのを見て、なぜ「ことさめ」たのか、説明しなさい。
   庵の主の簡素で趣のある暮らしぶりを見て感銘を受けたのに、柑子に執着する物欲を感じて幻滅したから。
   

 

徒然草  一覧

練習問題 一覧

ナビゲーション