本文へスキップ

楽古文
徒然草 いでや、この世に生れては 問題  
     いでや、この世に生れては、願はしかるべきこと (第一段)


 いでや、この世に生まれては、願はしかるべきことこそ多かめれ。
 帝の御位はいともかしこし。竹の園生の末葉まで、人間の種ならぬぞやんごとなき。一の人の御ありさまはさらなり、ただ人も、
舎人など給はるきははゆゆしと見ゆ。その子・孫までは、はふれにたれど、なほなまめかし。それより下つ方は、ほどにつけつつ、時に合ひ、
したり顔なるも、みづからはいみじと思ふらめど、いとくちをし。
 法師ばかりうらやましからぬものはあらじ。「人には木の端のやうに思はるるよ。」と清少納言が書けるも、げにさることぞかし。いきほひ猛に、
ののしりたるにつけて、いみじとは見えず。増賀聖の言ひけんやうに、名聞苦しく、仏の御教へにたがふらんとぞおぼゆる。ひたふるの
世捨て人は、なかなかあらまほしき方もありなん。
 人は、かたち・ありさまのすぐれたらんこそ、あらまほしかるべけれ。ものうち言ひたる、聞きにくからず、愛敬ありて、言葉多からぬこそ、
飽かず向かはまほしけれ。めでたしと見る人の、心劣りせらるる本性見えんこそ、くちをしかるべけれ。品・かたちこそ生まれつきたらめ、
心はなどか、賢きより賢きにも移さば移らざらん。かたち・心ざまよき人も、才なくなりぬれば、品下り、顔憎さげなる人にも立ちまじりて、
かけず、けおさるるこそ、本意なきわざなれ。
 ありたきことは、まことしき文の道、作文、和歌、管弦の道、また有職に公事の方、人の鏡ならんこそいみじかるべけれ。
手などつたなからず
走り書き、声をかしくて拍子とり、いたましうするものから、下戸ならぬこそ、男はよけれ。
                                              (第一段)


問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 この作品の文学的ジャンルと、作者を答えなさい。
   随筆 ・ 兼好法師(吉田兼好)

2 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)舎人        とねり
 2)聖         ひじり
 3)愛敬        あいぎょう
 4)才         ざえ
 5)作文        さくもん


3 下線部の語句の文中での意味を書きなさい。
 1)帝の御位はいともかしこし。         おそれ多い
 2)人間の種ならぬぞやんごとなき。       尊いことだ
 3)舎人など給はるきははゆゆしと見ゆ。      すばらしい
 4)はふれにたれど、なほなまめかし。       優美である
 5)みづからはいみじと思ふらめど、いとくちをし。   りっぱだ ・ 感心しない
 6)清少納言が書けるも、げにさることぞかし。    本当に
 7)人は、かたち・ありさまのすぐれたらんこそ     容貌
 8)・かたちこそ生まれつきたらめ        家柄
 9)かたち・心ざまよき人も、なくなりぬれば     学才
 10)などつたなからず             筆跡


4 下線部の係助詞の結びの語を指摘して、文法的に説明しなさい。
 1)願はしかるべきことこそ多かめれ。       めれ・推量の助動詞「めり」の已然形
 2)人間の種ならぬやんごとなき。        やんごとなき・ク活用形容詞「やんごとなし」の連体形
 3)仏の御教へにたがふらんとおぼゆる。     おぼゆる・ヤ行下二段活用動詞「おぼゆ」の連体形
 4)言葉多からぬこそ、飽かず向かはまほしけれ。   まほしけれ・願望の助動詞「まほし」の已然形
 5)けおさるるこそ、本意なきわざなれ。       なれ・断定の助動詞「なり」の已然形
 6)人の鏡ならんこそいみじかるべけれ。       べけれ・推量の助動詞「べし」の已然形
 7)下戸ならぬこそ、男はよけれ。         よけれ・ク活用形容詞「よし」の已然形


5 下線部の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)人間の種ならぬぞやんごとなき。       (  )
 2)一の人の御ありさまはさらなり、        (  )
 3)みづからはいみじと思ふらめど、いとくちをし。   (  )
 4)品・かたちこそ生まれつきたらめ        (  )
 5)清少納言が書けも、げにさることぞかし。    (  )
 6)かけず、けおさるこそ、本意なきわざなれ。   (  )
 7)人の鏡ならこそいみじかるべけれ。      (  )
 8)下戸ならこそ、男はよけれ。         (  )

  ア 断定の助動詞    イ 伝聞の助動詞    ウ 形容動詞の活用語尾    エ 四段活用動詞
  オ 現在推量の助動詞    カ 完了・存続の助動詞の一部+推量の助動詞    キ 尊敬の助動詞の一部
  ク 完了・存続の助動詞    ケ 下二段活用動詞    コ 受身の助動詞の一部
  サ 打消の助動詞    シ 意志の助動詞    ス 婉曲の助動詞


6 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)願はしかるべきことこそ多かめれ。          ク活用形容詞「多し」の連体形「多かる」の撥音便の「ん」無表記
 2)清少納言が書けるも、げにさることぞかし。       念押しの終助詞
 3)心劣りせらるる本性見えんこそ、くちをしかるべけれ。   サ行変格活用動詞「心劣りす」の未然形
 4)なかなかあらまほしき方もありなん。          強意の助動詞「ぬ」の未然形+推量の助動詞「ん(む)」の終止形
 5)かたち・ありさまのすぐれたらんこそ、あらまほしかるべけれ。 シク活用形容詞「あらまほし」の連体形


7 下線部を現代語訳しなさい。
 1)ひたふるの世捨て人は、なかなかあらまほしき方もありなん。 かえって理想的な点もきっとあるだろう
 2)愛敬ありて、言葉多からぬこそ、飽かず向かはまほしけれ。 満足することなくずっと向かい合っていたい
 3)めでたしと見る人の、心劣りせらるる本性見えんこそ    りっぱだと思う人が
 4)かけず、けおさるるこそ、本意なきわざなれ。       不本意なことである
 5)ありたきことは、まことしき文の道、作文、和歌、管弦の道  本格的な学問の道、漢詩を作ること
 6)いたましうするものから、下戸ならぬこそ、男はよけれ。   困ったようにしながらも


8 「ひたふるの世捨て人は、なかなかあらまほしき方もありなん。」について
 1)「ひたふるの世捨て人」とはどのような人物か、説明しなさい。
   寺に住むことなく、名声や評判、権勢ともかかわりなく、俗世を離れていちずに仏道修行に励む人物
 2)「ひたふるの世捨て人」と対比されているものを、文中から抜き出しなさい。
   いきほひ猛に、ののしりたる
 3)上の2)で指摘したものについて、作者はどのように思っているか。
   えらいとは思えず、仏の教えに背いていると思っている。
 4)なぜ「なかなかあらまほしき方もありなん」と言えるのか。
   世間での名声に執着せず、仏道修行に専念できるから。

9 「品・かたちこそ生まれつきたらめ、心はなどか、……移さば移らざらん。」の部分の係り結びについて、空欄を埋めて説明を完成させなさい。
   「かたちこそ」の「こそ」の結びの語は「( @ )」であるが、ここは、文が終わらずに続いている。
   「こそ」の結びで文が終わらず下に続くとき、文脈としては( A )の意で続いていくことがほとんどである。
    @=      A= 逆接   


 

徒然草  一覧

練習問題 一覧

ナビゲーション