本文へスキップ

楽古文
徒然草 九月二十日のころ 問題  
     九月二十日のころ、ある人に誘はれたてまつりて (第三二段)


 九月二十日のころ、ある人に誘はれたてまつりて、明くるまで月見ありくことはべりしに、おぼし出づる所ありて、案内せさせて
入りたまひぬ。荒れたる庭の露しげきに、わざとならぬにほひ、しめやかにうちかをりて、しのびたるけはひ、いとものあはれなり。
 よきほどにて出でたまひぬれど、なほ事ざまの優におぼえて、物のかくれよりしばし見ゐたるに、妻戸をいま少し押し開けて、月見る
けしきなり。やがてかけこもらましかば、くちをしからまし。あとまで見る人ありとはいかでか知らん。かやうのことは、ただ朝夕の心づかひに
よるべし。その人、ほどなく失せにけりと聞きはべりし。


問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)九月      ながつき
 2)案内      あない


2 下線部の動作の主体(主語)を後から選んで記号で答えなさい。
 1)ある人に誘はれたてまつりて             (  )
 2)おぼし出づる所ありて、案内せさせて入りたまひぬ。    (  )
 3)よきほどにて出でたまひぬれど、なほ事ざまの優におぼえて (  )
 4)なほ事ざまの優におぼえて、物のかくれよりしばし見ゐたるに (  )
 5)妻戸をいま少し押し開けて、月見るけしきなり。      (  )
 6)その人、ほどなく失せにけりと聞きはべりし。       (  )
 7)その人、ほどなく失せにけりと聞きはべりし。       (  )

  ア 作者    イ ある人    ウ ある人が訪ねた家の人(女の人)


3 下線部の助動詞の文法的意味と活用形を答えなさい。
 1)ある人に誘はたてまつりて        受身・連用形
 2)明くるまで月見ありくことはべりに      過去・連体形
 3)案内せさせて入りたまひぬ。        使役・連用形
 4)妻戸をいま少し押し開けて、月見るけしきなり。 断定・終止形
 5)あとまで見る人ありとはいかでか知ら。    推量・連体形
 6)ただ朝夕の心づかひによるべし。      推量・終止形
 7)ほどなく失せけりと聞きはべりし。      完了・連用形


4 次の下線部の「の」と同じ用法の「の」はどれか。記号で答えなさい。
   荒れたる庭露しげきに、わざとならぬにほひ、しめやかにうちかをりて
                                (  )
    ア 五月つごもりに、雪いと白う降れり。
    イ 見も知らぬ花色いみじきが咲き乱れたり。
    ウ 仏神などあらはれたまへるかとて、よろこびけり。
    エ ひたふる世捨て人は、なかなかあらまほしき方もありなん。


5 下線部「かやうのこと」の内容は、どのようなことか、説明しなさい。
   かやうのことは、ただ朝夕の心づかひによるべし。
    訪れた人を見送ったあと、すぐに家に入らず月を眺めている風流な様子のこと

6 下線部を現代語訳しなさい。
 1)おぼし出づる所ありて、案内せさせて入りたまひぬ。     (人に)取次ぎをさせて
 2)わざとならぬにほひ、しめやかにうちかをりて        わざわざ(客のために)たいたのではない香のかおり
 3)しのびたるけはひ、いとものあはれなり。          ひっそりと暮らしている様子
 4)なほ事ざまの優におぼえて、物のかくれよりしばし見ゐたるに、  いっそう事のようすが優美に思われて
 5)あとまで見る人ありとはいかでか知らん。          どうして知っているだろうか、いや知るはずもない
 6)その人、ほどなく失せにけりと聞きはべりし。        まもなく亡くなってしまった


7 「やがてかけこもらましかば、くちをしからまし。」について
 1)「ましかば…まし」の文法的意味を答えなさい。
    反実仮想

 2)全体を現代語訳しなさい。
    もしそのまま掛金をかけて部屋に引きこもったならば、残念だっただろう。

 3)現実にはどのようであったのか。
    訪れた人を見送ってしばらく月を見ていてとても風情があった。

8 月の異名:それぞれの月の陰暦での呼び名を選択肢から記号で選んで、その読みを書きなさい。
 1)一月( ウ・むつき )   2)二月( ク・きさらぎ )   3)三月( カ・やよい )
 4)四月( ア・うづき )   5)五月( サ・さつき )   6)六月( オ・みなづき )
 7)七月( キ・ふみづき   8)八月( コ・はづき )   9)九月( イ・ながつき )
 10)十月( シ・かみなづき  11)十一月( ケ・しもつき ) 12)十二月( エ・しわす )

  ア 卯月    イ 長月    ウ 睦月    エ 師走    オ 水無月
  カ 弥生    キ 文月    ク 如月    ケ 霜月    コ 葉月
  サ 皐月    シ 神無月

 

徒然草  一覧

練習問題 一覧

ナビゲーション