本文へスキップ

楽古文
徒然草 賀茂の競べ馬 問題  
     五月五日、賀茂の競べ馬を見はべりしに (第四一段)


 五月五日、賀茂の競べ馬を見はべりしに、車の前に雑人立ち隔てて見えざりしかば、おのおのおりて埒のきはに寄りたれど、
ことに人多く立ちこみて、わけ入りぬべきやうもなし。かかる折に、むかひなる楝の木に、法師の、登りて、木のまたについゐて物見るあり。
とりつきながらいたうねぶりて、落ちぬべき時に目をさますこと、たびたびなり。これを見る人、あざけりあさみて、「世のしれものかな。
かく危ふき枝の上にて、やすき心ありてねぶるらんよ。」と言ふに、我が心にふと思ひしままに、「我等が生死の到来、ただ今にもやあらん。
それを忘れて、物見て日を暮らす、愚かなることはなほまさりたるものを。」と言ひたれば、前なる人ども、「まことににこそ候ひけれ。
もとも愚かに候。」といひて、みな、うしろを見かへりて、「ここへ入らせたまへ。」とて、所を去りて呼び入れはべりにき。
 かほどの理、たれかは思ひよらざらんなれども、をりからの、思ひかけぬ心地して、胸にあたりけるにや。人、木石にあらねば、時にとりて、
物に感ずることなきにあらず。

問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)雑人     ぞうにん
 2)埒      らち
 3)理      ことわり
 4)木石     ぼくせき


2 下線部の「に」の文法的な説明として適切なものを、後から選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)おのおのおりて埒のきは寄りたれど     (  )
 2)「…やすき心ありてねぶるらんよ。」と言ふ、  (  )
 3)まことにさこそ候ひけれ。         (  )
 4)もとも愚か候。             (  )
 5)所を去りて呼び入れはべりき。       (  )
 6)思ひかけぬ心地して、胸にあたりけるや。   (  )

  ア 格助詞    イ 接続助詞    ウ 形容動詞の連用形の活用語尾
  エ 動詞の活用語尾    オ 断定の助動詞の連用形    カ 完了の助動詞の連用形


3 下線部の助動詞の文法的意味と活用形を答えなさい。
 1)ことに人多く立ちこみて、わけ入りぬべきやうもなし。   可能・連体形
 2)落ちぬべき時に目をさますこと、たびたびなり。      推量・連体形
 3)我等が生死の到来、ただ今にもやあら。       推量・連体形


4 本文中の下線部「それ」「さ」が何をさしているか、それぞれ抜き出して答えなさい。
  それを忘れて   = 我等が生死の到来、ただ今にもやあらん
  まことににこそ = 愚かなることはなほまさりたるものを


5 「愚かなることはなほまさりたるものを」とは、何が何に比べてまさっているというのか、説明しなさい。
   木の上で眠りこんでいる僧に比べて、死の到来が近いかもしれないことを忘れて競馬見物をする人々の愚かさがまさっている。

6 本文の主題として最も適切と思われるものをひとつ選んで記号で答えなさい。
                               (  )
  ア 作者のとっさのひとことに感じ入って、心を動かした人々に対する感慨。
  イ 作者が名言を発して、人々を恐れ入らせたことに対する自画自賛。
  ウ 時宜にかなった言葉は木の上で眠りこむ法師よりもすぐれていること。
  エ 人の世の無常と、死が近づいていることに気づかない人々の愚かさ。

 

徒然草  一覧

練習問題 一覧

                                                

ナビゲーション