本文へスキップ

楽古文
徒然草 仁和寺にある法師 現代語訳  
     仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を (第五二段)



仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、心憂くおぼえて、
あるとき思ひ立ちて、ただ一人徒歩よりまうでけり。
極楽寺、高良などを拝みて、かばかりと心得て、帰りにけり。
さて、かたへの人に会ひて、「年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ。
聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。
そも、参りたる人ごとに、山へ登りしは、何事かありけむ。ゆかしかりしかど、
神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず。」とぞ言ひける。
少しのことにも、先達はあらまほしきことなり。
                                                (第五二段)



現代語訳

仁和寺にいた、ある法師が、年をとるまで石清水八幡宮を参拝しなかったので、
情けなく思って、あるとき決心して、ただひとりで徒歩でお参りした。
(石清水八幡宮に属する寺の)極楽寺と、(石清水八幡宮の末社である)
高良神社などを拝んで、これだけだと思いこんで帰ってしまった。
そして、同僚に対面して、「長年の間思っていたことを、なしとげました。
(かねて噂に)聞いていた以上に尊くいらっしゃった。
それにしても、参拝した人がみんな山へ登ったのは、何事があったのだろうか。
(私も)行ってみたかったが、神に参詣することが本来の目的だと思って、
山(の上)までは見ない(で帰った)。」と言ったそうだ。
ちょっとしたことにも、案内者はあってほしいものである。


徒然草 仁和寺にある法師 解説

徒然草 仁和寺にある法師 問題

徒然草 一覧

ナビゲーション